美食と会話をメインにした結婚式...(口コミ・体験談) | 麻布迎賓館/テイクアンドギヴ・ニーズ

美食と会話をメインにした結婚式。たくさんの愛と笑顔に囲まれた、幸せな一日を実現!
Y様&K様

結婚式会場:麻布迎賓館

挙式日:2019年9月14日(土) 挙式スタイル: 教会式(チャペル式) 
招待人数: 100名

この先輩カップルをお気に入りに追加

  • 「おふたりの結婚式に、テーマのようなものはありましたか?」

    「Live,Love,Laugh and Be Happy」という好きな言葉をプランナーさんにお伝えしたところ、そのまま結婚式のテーマとなりました。さらに写真タイムを多くしたいとお話しすると、「ではそのテーマを背景にして撮影スペースを設けましょうか」と会場に飾る大きなタペストリーを作っていただきました。
    装飾にはこだわりがあったのですが、フラワーコーディネーターさんとも密に打ち合わせでき、大満足の仕上がりになりました。自然なグリーンをベースに、好きな色である明るいイエローをアクセントに。高砂の周りにもイエローの装花をちりばめ、お色直しのブーケも黄色いオンシジウムに。花言葉も教えてくださるので、楽しくご相談できました。
    またウェルカムスペースに私が持ち込んだアイテムを並べ、チャペル前にはフォトツリーも飾りました。フォトツリーは予算的に難しいかなと思っていたのですが、小物などを手作りにしたことで予算に余裕ができて、実現できたんですよ。ゲストにも結構注目していただけたようで、やっぱりやってよかったです。そのあたりもプランナーさんからいろいろアドバイスをいただけたので、大変助かりましたね。

  • 「”愛(Love)”や”笑い(Laugh)”がテーマだったのですね。具体的にはどんなことをされたのでしょう?」

    結婚式はゲストと過ごす親密な時間をイメージしていました。歓談タイムを多くしたかったので、余興はせず、友人たちにはスピーチでなくインタビュー形式で話をしてもらいました。司会の方に新郎新婦それぞれ3人ずつ回っていただいたのですが、スピーチよりもフランクに話してもらえたかなと。高砂をソファ席にしたのも、そういう意味からですね。ゲストと同じ目線になりましたし、みなさんが気軽に来てくださるので、写真もたくさん撮れました。
    もともと「麻布迎賓館」さんを選んだのも、ゲストとの距離感の近さが決め手でした。あとは気さくにお話できるプランナーさんだったことも大きいです。その方は途中で異動されてしまったのですが、「信頼できる者をご紹介します」と言ってくださって。後任の方も雰囲気は柔らかいのに、とても頼もしく感じる(笑)方でした。私が中座の際のエスコート役を家族の誰にするかで悩んでいた時も、「せっかくなら全員にお願いするのは、いかがですか? 思い出にもなりますし、なかなかない演出になると思います」と。ご提案いただいた通り家族4人で中座したのですが、家族も喜んでくれて本当に良い思い出になりました。

  • 「余興はお願いされなかったのですね。他に楽しめる演出をご用意されたのですか?」

    会場内にキッチンが併設されているので、それをひとつの演出にしたいと考えました。その場で調理してくださるので、当日はゲストのみなさんもワクワクしてくれたようです。「麻布迎賓館」さんはお料理がおいしいと以前から聞いていたのですが、試食会でもそれを実感しましたね。盛り付けもきれいなので、とくに女性ゲストは喜んでくださるかなと。コースの中からメニューが選べたため、ゲストに喜んでいただけそうなものを選びました。新郎側のおばあちゃんふたりも出席してくれたのですが、「おいしくて、全部食べられた!」と(笑)。満足してもらえてよかったです。
    選んだのはデザートビュッフェ付きのコースです。ライブキッチン同様、ビュッフェも演出のひとつとして楽しんでいただけるかなと思いました。甘いものがお好きな方ばかりではないかもと、チーズや生ハムなどのおつまみ系もご用意しました。「こんなに種類の多いデザートビュッフェははじめて」と喜んでくださったので、よかったです。私たちもゲストに混じり、一緒にデザートをいただきました。

  • 「挙式はいかがでしたか? 可愛らしいリングボーイも登場したようですが?」

    体感的には本当に一瞬でした。その中でもこみ上げてくるさまざまな思いがあり、忘れられない時間になりました。新郎とはガーデンでファーストミートをしました。ドレス自体は先に見てくれていたのですが(笑)、着た姿を見たのは初めてだったので喜んでくれました。家族とゆっくり話す時間がほしかったので、ベールダウンは控室で。母は披露宴の席札作りも手伝ってくれたんですよ。当日はもちろんですが、そんな準備の時間も良い思い出になっています。甥っ子に頼んだリングボーイは、当初から私がやりたかったことのひとつでした。リハーサルでは泣いてしまいましたが、本番はばっちり決めてくれました(笑)。
    何軒も見学に回った時、ゲストとの距離感がちょうどいいと感じたのがこちらのチャペル。当日もイメージ通り、会場に来てくださったみなさんの顔がよく見えて、とても幸せな気持ちになりました。

  • 「お写真を見ると、披露宴でもずっと笑顔でいらっしゃいますね。まさにテーマ通りのひとときだったのでは?」

    そうですね。みなさんのいる空間自体が幸せで、自然と笑顔になっていました。私は家族全員と中座をしましたが、新郎は義弟を指名しました。兄弟共通の趣味が野球だったので、野球ボールを投げて義弟を呼び出すという演出にしたんですよ。本番ではボールが転がってしまうハプニングもありましたが、ゲストのみなさんには「それもよかったよ」と言っていただけました。
    新郎が私にプレゼントをくれるというサプライズもありました! しっとりとしたピアノ曲が流れたので歌い出すのかと思っていたら(笑)、準備をがんばってくれた感謝ということで宝石印鑑をもらいました。当日に入籍をして名字が変わったので、“これから使うもの”ということで選んでくれたそう。これもプランナーさんとこっそりやり取りをして決めてくれたんだそうです。

  • 「実用的でステキな贈り物ですね! ゲストのみなさんは後日どんな感想をおっしゃっていましたか?」

    中座の演出もそうですが、両親に「子育て感謝状」を贈ったこともあり、「家族のあたたかさを感じた結婚式だったよ」と。とくに余興もなかったのに「本当に楽しい時間で、一瞬のように感じた」という、うれしい声もいただきました。新郎もすごく楽しかったようで、たくさんおしゃべりしたせいか、二次会はガラガラ声でした(笑)。
    写真にもこだわっていたので、カメラマンさんも早くから気に入った方を指名していました。家族やゲストの自然な表情を撮るのがとてもお上手な方で、それにも大満足しています。

先輩カップルフォトギャラリー

マイナビウエディング限定特典

口コミ・体験談をすべて見る

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています