外観

外観

明治8年、大塚本陣跡地に建てられて以来、皇族や文豪に愛された格式高い料亭旅館

泉鏡花の小説「歌行燈」の舞台にもなった歴史ある建物は、招くこと自体がおもてなしに

ザフナツヤのおもてなしが始まる場所。一歩踏み入れた瞬間に特別な1日へご招待!!

風情ある街並みを人力車で移動。明治時代にタイムトリップしたような写真が残せる

料亭時代の入り口を潜ると木々の木漏れ日が広がる玄関

料亭時代より繋がる歴史ある会場への入り口

ザフナツヤ入口には、大きな紅葉の木があり季節の移り変わりを教えてくれる木々

午後の披露宴のお二人にはナイトの雰囲気でお写真が撮れます