L.U.C フライング T ツイン ショパール初のフライングトゥールビヨン搭載キャリバー

CHOPARD

新作L.U.C フライング T ツインで、ショパールはメゾン初となるフライングトゥールビヨンを搭載した新キャリバーを発表します。技術性と審美性を兼ね備え、その気品ある面持ちも他モデルとは異なる特徴です。
手作業でギョーシェ装飾を施したゴールド製文字盤、非の打ちどころのないプロポーション、そして « フェアマインド »認証を受けた倫理的なローズゴールド製の超薄型ケースによって、このタイムピースはL.U.Cコレクションの中で比類ない作品へと仕上がっております。
究極の洗練美で優れた時計を愛する現代のジェントルマンに捧げる50本限定のこのモデルは、« Poinçon de Genève »(ジュネーブ・シール)の認定を受けています。

メゾン初の技術はさることながら、何より優れているのはこのタイムピースが湛えるエレガンスです。
L.U.C フライング T ツインは卓越したムーブメントを搭載していますが、最初に特筆すべきことは、文字盤の繊細さと洗練美です。ケースの厚さはわずか7.2mm。シーアイランドコットン製シャツや、ベビーカシミヤ製ジャケットを合わせるなど、わざと外したコーディネートもお楽しみいただけます。上品かつシックでありながら、この新作モデルは暖かみのあるローズゴールドとチャコールグレーのコントラストにより、フォーマルなシーン以外でも活躍の場が広がります。

« フェアマインド »認証の倫理的な18Kローズゴールド製で直径40mmの超薄型ケースには、このタイムピースのために開発された新作キャリバーを搭載しています。L.U.Cのコンプリケーションウォッチに新たに加わります。フライングトゥールビヨン搭載、かつ自動巻きという、ショパールとしての初をふたつ叶えたタイムピース。クロノメーター認定取得、ストップセコンド機能、そして非常に稀なトゥールビヨンを搭載し、完璧な時刻合わせを可能とします。その卓越性の証に、L.U.C フライング T ツインは« Poinçon de Genève »(ジュネーブ・シール)の認定も受けています。

自由に回転するキャリッジ

L.U.C フライング T ツインのフライングトゥールビヨンは、6時位置に堂々と開かれた開口部を通して最前部にセットされ、その姿をムーブメント越しに現します。
物理的にも見た目にも軽いフライングトゥールビヨンは、透明感と奥行きのある効果を生み、そのままこのタイムピースの計り知れない個性となっています。

この開口部は、ショパールの職人が手作業でギョーシェ装飾を施したソリッドゴールド製の文字盤に開かれています。スネイル仕上げのモチーフがアワーサークルのほぼ全面を覆う一方で、中央部のメダイヨンには2017年に発表されたL.U.C XPS 1860 オフィサーに採用されたハニカムモチーフがあしらわれています。蜂の巣を象徴しながら、ルイ-ユリス・ショパールが初めて使用したロゴをほのめかします。そして、ルテニウムグレー文字盤とローズゴールドのインデックス、針がコントラストを成しています。

類稀な時計L.U.C

L.U.C フライング T ツインは、ショパール初となるフライングトゥールビヨンを搭載したタイムピース。
L.U.Cのアトリエで設計、製造、組立のすべてが行われたこの時計は、厚さわずか7.2mmという卓越性を誇ります。フライングトゥールビヨンの特徴は上部のブリッジが無いことです。下部のブリッジに支えられ、自然と厚みが減ります。キャリバー96.24-Lの厚さは3.3mm、Chopard Manufactureが初めて製作したキャリバー96.01-Lの厚さと同じサイズで、その進化版です。時計製造の偉業と言え、基本的な性質を何一つ変えていません。
直径、65時間パワーリザーブ - 特許を受けたショパールのツインテクノロジー、積み重ねられた2つの香箱により実現 - 、エングレービングを施した22Kゴールド製マイクロローターによる機械式巻き上げ、いずれもそのままです。しかしながら、洗練性に配慮し、かつトゥールビヨンを自由にするため、このムーブメントに日付表示はありません。

エシカルコミットメント

ここでゴールドがL.U.C のシグネチャーである理由は、L.U.C フライング T ツインが « フェアマインド »認定の倫理的なゴールド製であるからに他なりません。
フェアマインドゴールドは、鉱山の採掘人が健全な状態で労働し、環境に配慮がなされている小規模な鉱山から倫理に適う方法で採掘されているものであり、ショパールは鉱山全体の発展のために再投資しています。ショパールは今日、フェアマインドゴールドの世界的主要バイヤーであり、マニュファクチュールはこのゴールドを、L.U.C フライング T ツインのようなグランドコンプリケーションモデルや、ハイジュエリークリエーションに採用してきました。
2018年7月以降は、メゾンの全ウォッチおよびジュエリーにこの倫理的なゴールドを100%使用しています。

ショパールの時計製造マニュファクチュール

ショパールは独立の信念を強く抱くファミリーメゾンです。
L.U.Cタイムピースは、ジュネーブとフルリエにある製造拠点で製造されています。ムーブメントの開発、完成品のデザイン、ゴールドの鋳造、ケースのスタンピングと加工、ムーブメントの部品の製造、エングレービング、手作業による伝統的な装飾、表面処理、研磨、組立て、調整と品質管理など、時計の全製造工程がショパール内部で行われ、L.U.Cウォッチの一本一本に応用されています。緻密な作業により誕生したこのタイムピースは、現代のジェントルマンの願いを叶えています。L.U.Cは、職人のノウハウ、気品、エモーションを巧みに融合し、彼らに自然体でさりげなく訴えかけます。

L.U.C フライング T ツイン 50本リミテッドエディション « フェマインド »認定を受けたエシカルな18Kローズゴールド製

18Kローズゴールド製ケース、機械式自動巻きムーブメント L.U.C 96.24-L
ケース径 40mm、厚さ7.20mm、30m防水、65時間パワーリザーブ
ガルヴァニック加工を施したルテニウムグレーで表面を覆ったソリッドゴールド製文字盤
タンニンなめし、手縫いのマットブラックアリゲーターストラップ(CITESの承認取得)、コニャックカラーのアリゲーターライニング
COSC(スイス公式クロノメーター検定局)の認定
« Poinçon de Genève »(ジュネーブ・シール)品質証明
50本リミテッドエディション
¥13,550,000-(税別)
今秋発売予定

CONTENTS
RANKING
人気コンテンツ
PICK UP
CONTENTS
おすすめ編集コンテンツ


TOPへ戻る