H.モーザーが初の日本限定モデル「エンデバー・センターセコンド オートマティック コンセプト “ブルーホライズン”」を発表!

H.Moser&Cie

スイス・シャフハウゼンを本社に置くH.モーザーが、2013年にエドゥアルド・メイランをCEOとする経営体制に移り変わって以降、初となる日本限定モデル「エンデバー・センターセコンド コンセプト “ブルーホライズン”」を発表しました。

日本限定モデル「ブルーホライズン」

2017年に発表されたエンデバー・センターセコンドは、ブランドとして今後の発展の核となる自動巻きムーブメントHMC200を搭載した時計。
ダイナミックな曲線、流線的なラインが特徴の直径40 mmのケースとモーザーの顔でもある美しいグラデーションの“フュメ”ダイアル (フランス語で煙の意)の組み合わせにより、クラシカルさとモダンさを絶妙に融合しています。日本限定モデルとして選択されたのは「ブルーホライズン」と命名された新しいブルーカラーをベースにロゴやインデックスを全て排したコンセプトデザインの文字盤です。

大海原と青い空、水平線が織りなす色彩を思わせるダイアルに注目

これまでにモーザーはグラデーション文字盤の先駆者として、長年のノウハウと信頼できるサプライヤーとのパートナーシップにより十数種類のフュメカラーを開発。
新色ブルーホライズンはこれまでになかった純粋な青色を表現しています。大海原と青い空、そしてその境にある水平線が織りなす色彩のコントラストのように、オーナーは日々様々な表情を見せるダイアルにくぎ付けになるはず。そんなフュメカラーの特徴を最大限に活かすのが、今回発表された「コンセプトデザイン」です。

“Less is More”(シンプル イズ ベスト)の精神

“Less is More”(シンプル イズ ベスト)の精神を信条としているH.モーザー。
この意味は、本当にラグジュアリーな製品は、あたかもアーティストのサインが入っていない絵画のように、たとえ目に見えるロゴやブランドを識別する印がなくてもすぐに見分けがつくということからもわかります。改めて時計そのものの本質に立ち返り、マーケティングが主導となるブランドロゴがなくとも、それらの製品を制作する作り手にスポットライトを当て直し、真のラグジュアリーと卓越した技術にフォーカスしているのがこのブランドの特徴です。

日本限定に搭載されるムーブメントは、もちろんマニュファクチュールで一貫して設計、開発、製造された特別仕様のHMC 200。通常仕様と同じくブリッジと地板は独自のモーザーダブルストライプで装飾され、キャリバーHMC200 にはエングレービングが施された大型のゴールドローターが採用されています。優れた輪列と巻上機構により、少なくとも3 日間のパワーリザーブを保証します。

マイナビウエディング プレミアムウォッチでは、素敵なラグジュアリーウオッチを多数紹介しています。ぜひご覧ください。

RELATED
ARTICLES
関連記事
CONTENTS
RANKING
人気コンテンツ
PICK UP
CONTENTS
おすすめ編集コンテンツ


TOPへ戻る