【SEIKO】クレドール45周年記念イベントを表参道で開催「ようこそ、黄金の時間へ。」~ブランドを象徴する華やかなハンドワークの代表モデルやインスタレーションも!~

セイコーウオッチ株式会社は、高級ウオッチブランド<クレドール>の誕生45周年を記念して、2019年6月13日(木)から18日(火)までブランドの世界観を発信するイベントを開催します。

国産最高峰のエレガンス・ラグジュアリーブランド<クレドール>は今年で誕生45周年

<クレドール>は、1974年にセイコーにおける高級ドレスウオッチブランドとして誕生して以来、 一貫して「装(そう)の美」を追求し続けている国産最高峰のエレガンス・ラグジュアリーブランドです。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTE D’OR)」を意味するブランド名にふさわしく、日本の名工の技能と叡智を結集し、細部まで贅を尽くした美しい時計作りを継承しています。

今回のイベントでは、「黄金の時間」をテーマに、45周年のブランドのヘリテージを踏まえながら、そのラグジュアリーで華やかなブランドの世界を体感できる空間が東京・表参道に出現しました。
会場では、45周年を記念した最新の限定2モデルを展示しています。

45周年を記念した最新の限定2モデルは卓越した技術を持つ職人にしか作れない逸品

バーゼルワールド2019にて発表された立体彫金懐中時計では、「生命の樹」をデザインテーマに、現代の名工・照井 清(てるい きよし) 氏が多くの時間をかけ、渾身の力を込めて制作した彫金を間近に見ることができます。

彫金は「生命の樹」をデザインテーマに、大きな時の流れを感じさせる大樹を中心に様々な命が宿る姿を3 つのモチーフで表現。わずか1.85 ㎜の厚みの中で表現された樹木は、細かな高低差を作ることで、丸みや奥行きを持たせています。生命の樹をとりまく3 つのモチーフは、唐草模様の一種である吉祥の花ともされる「宝相華(ほうそうげ)」、繁栄を意味する「ざくろの実」、福老とも表され豊かに年齢を重ねていくことを意味する「ふくろう」となっています。ふくろうの羽根の部分には、光の角度により様々な表情を見せる黒蝶貝を用い、立体彫金の技が息づいています。

もう一方の特別モデルは、江戸時代から伝承される金属工芸技術「木目金(もくめがね)」をダイヤルに施したコラボレーションウオッチで、卓越した技術を持つ職人にしか作れない逸品。

ダイヤルは、株式会社 杢目金屋(もくめがねや)髙橋正樹氏監修のもと、卓越した技術を持つ限られた職人により1枚ずつ手作りされています。18Kホワイト・イエロー・ピンクゴールド、シルバーの異なる金属プレートを何枚も重ね合わせ1枚のプレートに仕上げたのち、彫刻し、均一にのばすことで優美な木目模様が平面に浮かびます。まさに熟練の職人技と、幾重もの貴金属とが生み出す独自の美しさであり、その表情はダイヤルを個性豊かに彩り長年の愛着にも応えます。

どちらも45 周年を祝うにふさわしいハンドワークの技が光る記念限定モデルとなっており、これらの他にも2億2千万円のジュエリーウオッチを含む貴重な歴代モデルなどの展示もあわせて楽しめます。

2名の建築家による空間演出、「黄金の時間」にちなんだインスタレーションも

空間演出には、繊細でエレガントなデザインを創出することを得意としている2名の建築家を起用し、「黄金の時間」にちなんだインスタレーションを展開いたします。特に中山英之氏は、建築における時間の経過にこだわりを持っており、時との連動を強く意識した作品を制作。
クレドールのロゴでありブランドを象徴するクレストマークを活かして、「時」「光と影」「自由」「きらめき」といった、クレドールの創造性と共通するキーワードでのクリエーションとなっています。
 

【クリエーター紹介】
■中山 英之( なかやま ひでゆき)※写真下
1972 年福岡県生まれ。1998 年東京藝術大学建築学科卒業。2000 年同大大学院修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所勤務を経て、2007年に中山英之建築設計事務所を設立。2014 年より東京藝術大学准教授。主な作品に「2004」(長野県、2006 年)、「O 邸」(京都府、2009 年)、「Y ビル」(東京都、2009 年)、「Y 邸」(広島県、2012 年)、「石の島の石」(香川県、2016 年)、「弦と弧」(東京都、2017 年)、「mitosaya 薬草園蒸留所」(千葉県、2018 年)など。主な著書に『中山英之/ スケッチング』(新宿書房、2010 年)、『中山英之|1/1000000000』(LIXIL 出版、2018 年)など。 主な受賞にSD Review 2004 鹿島賞(2004 年)、第23 回吉岡賞(2007 年)、Red Dot Design Award(2014 年)など。

【クリエーター紹介】
■湯浅 良介( ゆあさ りょうすけ)※写真下
1982 年東京生まれ。2008 年多摩美術大学美術学部環境デザイン学科卒業。2010 年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。内藤廣建築設計事務所を経て、2018 年Office Yuasa 設立。2019 年より東京藝術大学助手。内藤廣建築設計事務所担当物件としては、富山県美術館(基本・実施設計、現場管理)、富山県美術館展示「素材と対話するアートとデザイン」会場構成など。

【イベント概要】
クレドール45周年記念イベント 「ようこそ、黄金の時間へ。」
◇開催時期:2019年6月13日(木)~18日(火)11:00~20:00(最終日は17:00まで)会期中無休
*オープニングパーティ 13日(木)18:30~20:00
◇会 場:SIDE(東京都港区北青山3-6-19)※表参道駅より徒歩1分
◇入場料:無料
◇主催:セイコーウオッチ株式会社
※ご来場の方へオリジナルプレゼントをご用意しています(数に限りがあります)。
※会期中にトークイベントの開催を予定しています。

<お問い合わせ先>
セイコーウオッチ(株) お客様相談室 0120-061-012
セイコーウオッチ(株)公式サイト
https://www.seikowatches.com/jp-ja
<クレドール>の公式サイト
https://www.credor.com

--------------------------------------------------------------
マイナビウエディング プレミアムウォッチでは、素敵なラグジュアリーウォッチを多数紹介しています。ぜひご覧ください。

RELATED
ARTICLES
関連記事
CONTENTS
RANKING
人気コンテンツ
PICK UP
CONTENTS
おすすめ編集コンテンツ


TOPへ戻る

結婚式場探しならマイナビウエディング

ウォッチ(時計)トップ

ニュース一覧

【SEIKO】クレドール45周年記念イベントを表参道で開催「ようこそ、黄金の時間へ。」~ブランドを象徴する華やかなハンドワークの代表モデルやインスタレーションも!~