FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT (国登録有形文化財) のスペシャルコンテンツ一覧

拡大

【編集部レポート】鴨川沿いに佇む"登録有形文化財"。今も引き継ぐ150年の歴史と意匠

「FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT」のルーツは、明治3年創業の老舗料亭旅館「鮒鶴」。当時より木屋町のランドマークとして愛され、結婚式を挙げることは京都中の花嫁の憧れとも言われていました。長い歴史を持つ本物だからこその趣と意匠は、現代の花嫁にも変わらず支持されています。国の登録有形文化財に登録された「鮒鶴」の魅力を、編集部がレポート。

【レポート①】日本で2番目に古い、当時の姿を残すエレベーター

当時の姿そのままに、現在もふたりとゲストを運んでいるエレベーター。手動で開け閉めを行う蛇腹の扉は、それだけでも趣が。移動中も扉から外が見えるため、対象階に到着した瞬間に光がエレベーター内に差し込み、結婚式への期待感を膨らませてくれます。登録有形文化財だからこそ残る設備に、ゲストの心も自然と弾むはず。
また、レトロでありながらも上品な雰囲気は、大人花嫁にピッタリ。エレベーターをバックにした階段での撮影は、人気の高い一枚。

館内の写真をもっとみる

【レポート②】老舗料亭旅館時代の正門は、和装もドレスも似合う人気の撮影スポット

ゲスト用とは別に、フェア参加時や当日の新郎新婦の入り口として使用する門は、かつて正門だった場所。当時の面影をそのままに、瓦屋根が印象的な門をくくれば、挙式前にゲストと顔を合わせることもありません。
提携神社での神前式の場合は、この門から赤い毛氈がタクシーまでひかれ、その上を歩く白無垢姿は、まるでドラマのように美しいシーンに。和装はもちろん、ドレスでの和モダンスタイルの前撮りもオススメです。

見学会・相談会予約はこちらから

【レポート③】鴨川と東山を一望。現在では新建築も難しい、貴重な眺望でおもてなし

鴨川沿いをはじめ、京都は景観保護の観点から高い建物を新しく建てることが難しく、現在の建物の5階に相当する高さから見る景色は、それだけでも貴重。当時から残っている建物だからこそ、目の前に遮るものなく、鴨川はもちろん、東山の清水寺や五重塔など京都らしい景観を一望することができます。
青空と東山の緑、鴨川のせせらぎをバックに、ここでしか撮れない一枚を残して。

ブライダルフェアのスケジュールを確認する

この式場が気になったら

  • マイナビウエディングでもらえる
  • ギフト券プレゼントキャンペーン対象
WEBでのご予約
電話でのご予約

050-5878-3985

  • 見学やご相談は事前予約がおすすめ

    待ち時間がないうえ、あからじめ希望を伝えておけば、当日の相談もスムーズ。
    もちろん見学や相談をしたその場で成約する必要はないので、気になった会場をいくつか回ったうえでじっくりご検討ください。

    見学・相談予約

  • 心配事や疑問点はお問い合わせから

    フェアの内容や譲れない特別な希望に対応できるかどうかなど、見学前に事前に確認したいことがあれば、まずは問い合わせしてみて。

    空き確認・お問い合わせ

口コミを投稿する