異人館でダンス演出! ふたりからゲストへの思いやりがあふれる、オリジナルな一日

この先輩カップルをお気に入りに追加

Kさん&Yさん
Kさん&Yさん
挙式日 2019年7月27日(土)
挙式スタイル 人前式 
招待人数 70名

大切なのは“おもてなし”。長崎在住のふたりが、思い出の地・神戸で選んだ誓いの舞台

おふたりは現在、長崎で新婦さまのご実家を継ぐべく奮闘中ですが、もともと新郎さまは神戸ご出身で、おふたりが出会ったのも神戸の大学だったそうです。出会いの地をゲストにご紹介するという思いと同時に、長崎からお越しになる新婦さま側のご親族に、神戸らしさを楽しんでいただけるように、という思いを持たれての会場選びでした。結婚式を土曜の夕方に設定なさった裏には、長崎からのゲストが朝出発しても間に合うように、そしてその日の夜は神戸にお泊りいただいて、翌日は北野観光を楽しめるように、という配慮がありました。

初夏、ダンス、ヒマワリ。ふたりらしい結婚式をかなえる3つのキーワード

“初夏”という季節を意識すること、おふたり共通の趣味である“ダンス”を取り入れること、新婦さまの大好きな“ヒマワリ”を飾ること。おふたりは、この3つのイメージを最初からお持ちでした。新婦さまのことをとても大事に思われている新郎さま。また新婦さまもかわいらしいだけでなく、芯が強くご自身の意見をしっかりお持ちの方です。おふたりの個性が際立つ結婚式になりそうだという予感のとおり、当日はおふたりらしさあふれる一日となりました。

挙式日は7月27日。季節に合わせて取り入れた“初夏”のイメージ

受付をガーデンに設けたのは、気候のいい時期らしい工夫でした。ゲストのみなさまは受付を済ませると、氷水でよく冷やした布引の地ラムネを手に取って会場入り。また挙式後のフラワーシャワーでは、お子さまゲストを意識したシャボン玉シャワーも取り入れました。新婦さまが大好きなヒマワリも、もちろん大事な夏要素のひとつです。

「ヒマワリを飾りたい」という新婦の希望を装飾とアイテムで表現!

旧レイン邸には螺旋(らせん)状の外階段があって建築上のアイコンとなっています。その下に設けた白い木製フェンスにヒマワリの花を飾りました。受付にご用意されたペーパーアイテムもヒマワリの柄で統一しています。披露宴会場には高砂席の装花にヒマワリを。ただ、ゲストの卓上装花は会話の邪魔にならないように、あえて大輪のヒマワリを使わず、黄色~白系の花をアレンジしました。クライマックスとなる披露宴後半、新婦さまにはヒマワリのブーケをお持ちいただきました。濃紺のドレスにヒマワリの黄色がよく映えていたと思います。

オリジナリティの高い「ダンス」演出をかなえるために私たちが考えたこと

ダンスが得意なおふたりでしたが、自分たちが踊る、というよりも、ゲストの方や親御さまにも一緒に踊ってほしい、とお考えでした。当初は異人館のお庭を生かしたガーデンパーティでのダンスを検討していたものの、結婚式当日は、新婦さまがご懐妊されて8カ月目。「できれば室内で」とのご希望を受けて、チャペルをダンスホールに模様替えすることにしたのです。チャペルでの人前式の後、会場で披露宴が行われている真っ最中に、音が響かないように静かに椅子を両脇に寄せ、サイドテーブルにはミニ佐世保バーガーとデザートビュッフェをセット。チャペル前方にはダンスの舞台やエンディングビデオを映すスクリーンや、通常の挙式では使わないような音響設備も設置。仕上げに新郎さまがご用意くださったミラーボールを天井から吊るし、おふたりがお色直しなさっている時間を利用してゲストに移動をお願いしました。「旧レイン邸」は異人館の歴史的建造物ではありますが、伝統にとらわれることなく、斬新な演出がかない、私たちスタッフにとってもうれしい経験となりました。

チャペルがディスコに! 全員で盛り上がるテンションMAXのダンスパーティ!

がらりと模様替えしたチャペルにおふたりがお色直しをしてご入場。メジャーな洋楽のアップテンポから始まって、ゲストも最初は驚かれているご様子でしたが、私たちスタッフからも参加を呼び掛け、次第にみなさまが踊りの輪に加わり、笑顔はじけるダンス合戦のような賑わいに。締めくくりの8曲めはスローテンポでしっとりと。ふと見ると、両家のご両親さまが満面の笑みを浮かべてチークダンスを踊っていらっしゃいました。新郎さまのご友人も盛り上げてくださり、場内のテンションは最高潮に。老若男女が楽しめた演出となりました。

先輩カップルのフォトギャラリー

イチオシのブライダルフェア

この式場が気になったら

  • マイナビウエディングでもらえる
  • ギフト券プレゼントキャンペーン対象
WEBでのご予約
電話でのご予約

050-5827-8348

  • 見学やご相談は事前予約がおすすめ

    待ち時間がないうえ、あからじめ希望を伝えておけば、当日の相談もスムーズ。
    もちろん見学や相談をしたその場で成約する必要はないので、気になった会場をいくつか回ったうえでじっくりご検討ください。

    見学・相談予約

  • 心配事や疑問点はお問い合わせから

    フェアの内容や譲れない特別な希望に対応できるかどうかなど、見学前に事前に確認したいことがあれば、まずは問い合わせしてみて。

    空き確認・お問い合わせ

口コミを投稿する

他の会場のオススメ口コミ・体験談