キャプション

\オンライン&TEL相談受付中/駅徒歩3分!ご祝儀内で一軒家貸切ウエディング♪

  • エリア:東京都/青山・表参道・渋谷・原宿

見学予約・相談はお電話でも受付中!お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

050-5347-7928

  • 空き確認・問合せ
  • 見学予約
  • ブライダルフェア一覧

ゲストに伝えたかったのは、感謝と決意。我が家のような空間でみんなと一緒に創り上げた、特別なクリスマス

この先輩カップルをお気に入りに追加

EMI & HAN
EMI & HAN
挙式日 2019年12月22日(日)
挙式スタイル 人前式 
招待人数 40名(コース)
ハッシュタグ

おふたりが結婚式を通じて伝えたかったこと、テーマなどはありましたか?

私たちは国際結婚で、現在はカリフォリニアで生活しています。挙式はアメリカで、シンプルな人前式を執り行いました。新郎新婦がひとりずつ誓いの言葉を言い合う場面は日本の挙式にないこともあり、強く印象に残っています。ただ、私の家族や友人を呼べなかったことに、少し寂しさも感じていて……。「お披露目パーティは絶対に日本でやりたい」、そう心に決めていました。
そんな想いから日本で行う結婚式のテーマを、「アットホームなけじめ婚パーティ」に。大好きな家族と友人にこれまでの感謝と、今後は海外に拠点を移し、ふたりで生きていく決意を伝えたいと思いました。イメージしたのは“堅苦しすぎず、カジュアルすぎない雰囲気”。ゲストのみなさまにも我が家のように寛いでいただける場所、ということで「La BOULETTE(ラ・ブーレット)」を選びました。

アットホームなけじめ婚パーティ」というテーマをかなえるため、工夫されたことはありますか?

日本と欧米では結婚式のやり方も異なるので、当初は戸惑うことも。それなら「双方の文化を織り交ぜることで、オリジナリティーが出せるのでは?」と考えました。たとえば、席次は家族席を新郎新婦の近いところにしたり、演出の目玉となるケーキ入刀は、冒頭ではなくメイン料理のお肉がサーブされた後にしたり。従来のやり方をあえて崩すことで、私たちらしさが出せるかなと思いました。
新郎が『スター・ウォーズ』ファンなので、ウエディングケーキにはマジパンで作ったヨーダをサプライズで飾ってもらいました。写真家である新郎にちなんでカメラを持たせたこともあり、子供のようにはしゃいでくれましたね(笑)。
「ファーストバイト」では、これもサプライズで、ふたりの大好きなお好み焼きのコテを新郎用に用意。事前に「お互いスプーンでバイトしよう」と話していたので驚いていましたが、必死に頬張る彼の姿がキュートで(笑)、ゲストも大爆笑でした! その後は双方の母をサプライズで呼び出し、「ラストバイト」をしてもらいました。母の涙を目にし、これまでおいしい料理を作ってくれた感謝で胸がいっぱいになりました。

海外ゲストもいらっしゃり、言葉の壁もある中で、工夫されたおもてなしはありますか?

バイリンガルの友人に司会を頼み、日本語と英語を交えて進行してもらいました。映像系の仕事をする友人が動画に英語の字幕を付けてくれたりと、海外ゲストからも「とても居心地がよくて楽しかった!」と言っていただけました。当日は新郎新婦が自ら動き、ゲストおひとりずつとの時間を持てるように意識しました。ワインコルクを使ったエスコートカードや席札は手作りです。新郎が写真家ということから、各ゲストへの思い出写真の裏にはメッセージを書きました。
新郎にMCをしてもらい、私がウクレレで「ハワイアン・ウェディング・ソング」の弾き語りをする演出もしました。前年の誕生日に新郎からプレゼントされたもので、その時から自分たちの結婚パーティで披露しようと決め、練習していたのです。ゲストには秘密にしていたので、みんなびっくり。「良かったよ!」というお言葉もいただき、達成感でいっぱいでした。さらに当日は男の子ゲストの2歳のお誕生日だったので、私の演奏で会場みんながバースデーソングを歌うサプライズも。男の子の家族にとっても特別な日になったようで、とてもうれしかったです。

誰もが知る歌ならではですね! そもそもの会場選びはどんなふうに? 海外から探されたのですか?

友人が私たちの代理として見学に回ってくれ、写真や動画を使い完璧なレポートをしてくれました。そこから一時帰国するまで、プランナーさんとはメールでのやり取りに。「一緒にステキなパーティを創り上げましょう!」というお言葉は、遠方にいる私たちにとって大変心強いものでした。その方が異動されたときは一瞬不安もありましたが、後任の方も思いやりにあふれた方で。実際にレストランにうかがったときは、初めてなのにどこか懐かしさも感じられたほど。お会いした後はいつも笑顔で、「大丈夫ですよ!」と励ましてくださいました。
会場を選んだ理由は、一棟丸ごと貸切可能なこと、持ち込み料がかからないことなど多くありますが、決め手はプランナーさんたちのお人柄でした。準備中も常に力になってくださり、感謝しています。
そんなプランナーさんと友人たちとで、特別なパーティが出来たのが本当に幸せです。ステキなウェルカムボードを作ってくれた友人がいたのですが、ゲストの方々も「ふたりにそっくり!」と驚くほどで(笑)、これも良い思い出ですね。

本当にステキなウェルカムボードでしたよね。お料理はいかがでしたか?

先に試食をしていましたが、とてもおいしくてボリュームも申し分なかったです。ビーガンメニューにしたり、苦手な食材がある方は変更するなど、ゲストみんなが食事を楽しめるように配慮しました。そのおかげもあり、料理にはたくさんのお褒めの言葉をいただきました。とくにメインのお肉料理は好評でしたね。
また料理と一緒に楽しんでいただいたのが、会場にあるグランドピアノでの演奏です。BGMはクラシックを中心に、ふたりのお気に入りの曲を演奏していただきました。両親への記念品贈呈の際には、私と父との思い出の曲も。父が見せた涙に会場のみなさんも感動してくださり、忘れられないシーンになりました。CDにはない、生演奏ならではの良さを感じました。

他にも印象的なシーンはありましたか? また、当日を振り返られて思うことは?

入場シーンでは”父と歩くバージンロード”をしました。父とは仲がよいのですが、挙式ではかなわなかったため、それが出来てとても幸せでした。クリスマスシーズンだったので、2階バルコニーからブーツ型の袋に入れたお菓子をトスする演出も。ゲストから歓声が上がり、これも盛り上がりました。
笑いあり涙ありのとてもあたたかいパーティを、ゲストとスタッフのみなさんと一緒に創り上げることができたと思います。プランナーさんはじめピアニスト、カメラマン、フラワーコーディネーターと最強のスタッフに恵まれ、クリスマスという日を、私たちにとって特別なものにしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
家族や友人からも「これから海外で新郎を支えていくという、決意表明に感動した」「誇りに思う」とステキな言葉をもらいました。ふたつの家族がひとつになった瞬間を、みなさんと共有できたことがうれしかったです。
結婚式後もご縁を続けられるのが、レストラン会場の良さですよね。一時帰国の際はまた、我が家のように思うこのレストランに帰ってきたいと思います。

先輩カップルのフォトギャラリー

ラ・ブーレット -La BOULETTEーが気になったら

「見学したい!」「試食をしてみたい!」「空き状況が知りたい!」「見積が欲しい!」この会場が気になったら……すぐにお問い合わせいを!

電話でのお問い合わせ

050-5347-7928

※お問い合わせや見学時に「マイナビウエディングを見て」と言うとスムーズです。

WEBでのお問い合わせ
空き確認・お問い合わせ
会場に行って直接相談する
  • 見学予約
  • ブライダルフェア一覧
  • お気に入りに追加
口コミを投稿する

他の会場のオススメ口コミ・体験談