コンテンツ

【連載】楫真梨子 JEWELRY JOURNEY 服とジュエリーのモードな関係 Vol.1

Vol.1
黒コーデを格上げする、
レディなシルエットと雄弁なジュエリー


スタイルのある生き方が同世代の女性から高い支持を得るインフルエンサーであり、自身がデザイナーをつとめるアパレルブランド『L’AUBE BLANC』も絶好調な楫真梨子さん。着る人の内面の魅力を引き出す服作りやスタイル提案を続ける真梨子さんが、ファッション・ジュエリー・ライフスタイルについて語る連載エッセイです。
目次
目次を開く

黒はその人の魅力を語ってくれる色


みなさん黒コーデって好きですか?
私は黒のお洋服や黒コーデが大好きなんです。日頃から黒を着ることが多いし、気づくと全身黒アイテムばかりの日もあるくらい。
他の明るい色や華やかな色と違って、黒って地味で暗い印象と思う人もいるかもしれませんね。でも、黒の服って、実はとても雄弁なんじゃないかな、と私は思っています。

例えば、透ける素材の黒には、最高にエレガントな雰囲気が漂います。デザイン次第でセンシュアルだったり、知的で上品だったり、シア感ある黒はさまざまな表情を見せてくれます。
表面感のあるジャカードやふくれ織りの黒であれば、他の色に比べて、織模様の繊細さや奥深さがぐっと前面に出てきます。
サテンやベロアやレザーのような光沢のある素材についても、黒で着こなすと品の良さが際立つんですよね。
素材によって、カジュアルにも、エレガントにも、ラグジュアリーにもなるのが黒。そして、黒に合わせるアイテムや色の幅も無限で、自分らしさの出せる色であり、自分を語ってくれる色。私はそんな黒が大好きです。

レディなシルエットの黒が今の気分


黒のファッションで、今私がとても気になるのが、レディな印象が漂うバルーンシルエットのアイテム。
黒って、素材の魅力を雄弁に伝えてくれるだけでなく、ラインや立体感といったその服のシルエットも最高に美しく見せてくれる色。だからこそ、黒をステキに着こなすなら、“自分らしさを表現できるシルエット”にこだわりたいと思っています。

この春夏の私のお気に入りアイテムのひとつが、バルーンシルエットのペプラムトップス。ウエスト切り替えから広がるペプラムの部分をバルーン状に膨らませたデザインのスリーブレスシャツで、黒という色によって、シルエットの美しさが一層映えているお洋服です。ペプラムデザインは、スタイルよく見えますし、注目トレンドですが、アイテムによっては少し甘くなりすぎたり、子供っぽい印象になることも。その点、このトップスは、やさしい丸みと、クチュールっぽい構築感で、モードな雰囲気。黒なのでボトム合わせのバリエーションも広くて、同素材のパンツとセットアップにしたり、デニムパンツを合わせたりと、いろいろな着回しが楽しめるんです。

もうひとつ、サテン素材のバルーンシルエットスカートも、これから秋にかけて出番が多くなりそうなアイテムです。ベースはAラインのスカートなんですが、すその部分を内側から吊ってバルーンシルエットを形作っているデザインです。大人気の重めのスカートに、バルーンシルエットをプラスすることで、ちょっとエッジが効いて、シックなのに華やかな雰囲気に。今の季節ならシンプルなTシャツやタンクトップを合わせてカジュアルに、秋冬になったらニットやジャケットで、バルーンシルエットがさらに映えるようなレディライクな印象のコーディネートに挑戦したいなと思っています。

黒に映えるのは存在感あるジュエリーコーデ


黒のコーデを格上げするためにシルエット以外に私がこだわっているのが、ジュエリーづかいです。
黒が好きすぎる私は、全身を黒コーデでまとめることが多いんです。そのときに、スタイリングのスパイスになってくれる、頼れるアイテムがジュエリー。黒はダークで強い色なので、ジュエリーも存在感を出すコーディネートのほうがバランスよく決まります。
例えば、リングの重ねづけなどは黒コーデと最高にマッチします。手元は、相手と対面でお話しするときに、とっても目立つパーツだから、黒コーデのときはとくに、華やかで存在感のあるジュエリーコーディネートを心がけています。華奢なリングを3本くらい重ねてつけたり、印象的なモチーフのリングをコーディネートしたり。エンゲージリングやマリッジリングにも、ファッションジュエリーを重ねたりして、ボリューム感あるジュエリーレイヤードを楽しんでいます。手元と同じように目立つ胸元に、シンプルで華奢なネックレスを二連、三連でつけたりするのも、黒コーデにおすすめです。

そして、私の黒コーデの仕上げは、靴と口紅です。
靴はヒールの高いものがすごく好きで、ポインテッドトゥか、素肌感のあるヌーディなサンダル系が多いですね。全身黒コーデのときは、足元に少し素肌を見せて抜け感をプラス、黒にデニムなどを合わせたカジュアルな日はパンプス系できちんと感を。最終の靴選びで、全身の雰囲気のバランスを取っています。

最後の調整は口紅で。全身を鏡でチェックして、エレガントさや強さがもうひとさじ欲しいな、っていうときにはリップカラーをプラス。なんとなくもの足りない黒コーデのときも、このさし色効果で全身の表情がキリッとまとまったりするんですよ。

こんなふうに考えると、黒を着るときの私は、いつもよりちょっと気合いを入れてコーディネートに向き合っているかもしれません。
“自分らしくステキに着こなしたい”という思いがあれば、黒は必ずその気持ちに答えてくれる色。そして、自分の中にある、強さや品格を引き出してくれる色。いくつになっても、私は黒で作る自分スタイルを探し続けたいと思っています。

黒コーデにマッチする、真梨子さんセレクトのジュエリー


左上:BRIDGE ブリッジ銀座アントワープブリリアントギャラリー 右上:BIJOUPIKO (ビジュピコ) 左下、右下:TOMPKINS(トンプキンス)

プロフィール


楫真梨子 Mariko Kaji
1996年生まれ、ファッションブランド『L’AUBE BLANC』のファウンダー兼ディレクター。ファッションやライフスタイルを発信しているインスタグラムのフォロワーは28万人超え。2023年8月に宝島社よりスタイルブック『黒の装い「普通」に見えない黒コーデ帖』刊行。

Instagram:
https://www.instagram.com/kajimari1226/

>こちらの記事も人気
https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/feature/mytimelessjewelry/
マイナビウエディング 編集部
“ふたりを楽しむ”すべてのカップルを応援するサイト「マイナビウエディング」の編集部が、結婚式場やブライダルジュエリーの最旬情報はもちろん、パートナーシップがより深まるさまざまなお役立ちTIPSをお届けします!

マイナビウエディング:https://wedding.mynavi.jp/
Instagram:@mynavi_wedding
Twitter:@Us_mynavi
関連記事
ニューオータニのお花見は6月2日の「ローズの日」まで! 30種3万輪が咲き誇る『レッドローズガーデン』がOPEN!
マイナビウエディング 編集部
2024/04/22 更新
【2024年関西】GWデートがぐっと楽しくなる! カップルにオススメの4・5月のイベント5選
マイナビウエディング 編集部
2024/04/21 更新
【2024年関東】GWが待ちきれない! カップルにオススメの4・5月のイベント5選
マイナビウエディング 編集部
2024/04/20 更新
【2024年関西】お花見の絶景スポット多数! 思い出に残るオススメの3・4月のイベント5選
マイナビウエディング 編集部
2024/03/24 更新
【2024年関東】お花見にいちご狩り、お出かけが楽しいシーズン! カップルにオススメの3・4月のイベント5選
マイナビウエディング 編集部
2024/03/23 更新
婚約指輪診断