トモエ
【巴 TOMOE】【YAWAKA】 柔花

巴 TOMOEの商品一覧を見る

  1. 【YAWAKA】 柔花

【YAWAKA】 柔花

巴 TOMOE

結婚指輪

結婚指輪(女性用):¥103,400(税込)
結婚指輪(男性用):¥114,400(税込)

強く美しいふたりの絆 優しく柔らかにたたずむ花のように

優しく柔らかい花。曲げても折れない強く美しいものという意味。
"柔"と"軟" しなやかでどんなことがあっても壊れないやわらかさを示します。
やさしいカーブはふたりの強い絆のよう。

商品レポート

  • 特徴①

    ふたりで見た満開の桜を、誓いのリングに。キラキラと輝く和彫りで表現した「桜絵巻」

    力強い<和彫り>と繊細な<洋彫り>。トモエではデザインに合わせた仕上がりを追求しています。丈夫な鍛造製法で作られたリングにひと鎚(つち)ずつ手作業で模様を刻む和彫りは、彫り部分の切れ味が際立ちキラキラ輝くのが魅力。「桜絵巻」はふたりのリングを合わせると大きな一輪の桜の花が現れる、和テイスト満載のリングです。リングの外側と内側を異なる素材にして上下にラインを出す、コンビネーションでの作成も可能。

    「桜絵巻」の詳細はこちら

  • 2

    日本の伝統工芸技法を指輪に取り入れた高級ライン「七宝」。多彩な色合いに、想いを込めて

    七宝焼きと貴金属加工、双方の技術を併せ持つ作家は少なく、日本でもわずか数人のみといわれます。「七宝」は、日本の伝統工芸「七宝焼き」の技法で作られるシリーズ。リングの色には“白月=純真”などそれぞれの意味があり、ふたりの想いを投影することができます。鮮やかな色味を出すためには、長年の経験に裏打ちされた感覚と職人の技が不可欠。希少な職人技が生み出すものだからこそ、一生ものにふさわしい価値が。永く愛せる特別なリングです。

    七宝」シリーズのリングはこちら

  • TOMOE

    はるか昔から受け継ぐ装飾法。異素材が織り成す妙を味わう「象嵌(ぞうがん)」シリーズ

    紀元前からあるという「象嵌」。彫りを入れた地の素材に、異なる素材をはめ込み模様を表す工芸品の装飾技法です。日本では刀や鏡、根付重箱に施すなど、江戸時代に流行しました。新作の「象嵌」シリーズでは、ベースとなるプラチナ素材の象嵌部分に好きな素材を入れ込むことができます。夜空に輝く月にふたりの未来への願いをかけた「弓月」、桜の香りを表現した「桜香」など、さりげなく雅やかなリングはシンプル派のふたりにもおすすめ。

    「弓月」の詳細はこちら

結婚指輪

同じブランドの結婚指輪を見る

婚約指輪

同じブランドの婚約指輪を見る

特典情報

すべての特典情報を見る

店舗情報

すべての店舗情報を見る

このブランドが気になったら…

巴 TOMOEトモエ

公式ホームページを見る

来店予約 資料請求

※マイナビウエディングジュエリーでは、10%の消費税を含めた金額を表記しております。

このブランド・ショップで同じ条件の商品を探す