18世紀の英国の教会で使われて...(スペシャル)
OSAKA St.BATH CHURCH(大阪セントバース教会)●TAGAYA GROUP

18世紀の英国の教会で使われていた本物の大聖堂でかなえる、あこがれの挙式

300年以上の歴史を受け継ぐ、イギリスに実際で使用されていた本物の大聖堂でかなえるクラシカルウエディング。20mのバージンロードと11mの天井からなるその壮大なスケールには、主役もゲストも心奪われます。ステンドグラス・パイプオルガン・ベンチなど、18世紀から語り継がれる多くのアンティーク品の雰囲気にも包まれ、おふたりを特別な一日をより彩ります。

季節や天候、時間帯によって表情が変わる、繊細で美しい絵画のようなステンドグラス

300年の歴史を紡ぐステンドグラス。
当時の技法で作られた名品は現在再現不可能といわれているほど希少性が高く、ルビー・サファイア・ラピスラズリなど「天然石」による鮮やかな色彩は、自然の透過光を受け、時を越えて輝き続ける逸品。

本物の大聖堂の写真をもっと見てみよう!

ここにしかない特別な雰囲気をより深くする、アンティークの調度品

重厚感溢れるチャペルの扉・ベンチ・シャンデリアも、18世紀英国の調度品を譲り受けたもの。
古き時代から人々の憩いの場所として存在する「教会」、アンティークな風合いが、ゲストを魅了し特別な世界へと誘います。

実際のチャペルの雰囲気を体験出来る!フェア情報をチェック!

ベールダウンのセレモニー、伝えきれない今までの感謝を伝える想いあふれるシーン

生まれた瞬間から見守ってくれていた大切な親御様。
ベールダウンで花嫁様のお支度が完成します。
ベールには花嫁を邪悪なものから守るという意味が込められており、挙式入場前に花嫁を守り続けてきた家族から送る、最後の花嫁支度“ベールダウン”のセレモニー。

これから入場。チャペルの雰囲気を確かめてみよう!

祭壇前には階段が。ドレスも映え、おふたりもゲストもお互いがしっかり見えるのが気持ちを高める

祭壇前には、ロングトレーンが美しく映える階段ががあり、おふたりもゲストも視界がひらけております。
ゲストにとってはおふたりの晴れ姿がしっかり見えることでセレモニーが鮮明に感動が深まり、またおふたりもゲストの表情が見守ってもらえることで特別な雰囲気に包み込まれます。
おふたりとゲストが一つになる感動の時間がお過ごしいただけます。

壮大なスケールのチャペルを実際に見に行こう!

祝福に包まれて。感謝と感動に包まれるフラワーシャワー

誓いの後は、笑顔を間近に感じるフラワーシャワー。ゲストとの距離もぐっと近づくひとときはとても美しく、おふたりはもちろん、ゲストにとっても心に残る挙式のワンシーンになります。

この感動はここにだけ。生のチャペルを見学会で体験♪

イチオシのブライダルフェア

マイナビウエディング限定特典

  • 詳細を見るブライダルフェア一覧
  • 見学・相談予約
  • ?見学・相談予約について
  • 電話する050-5878-3971
  • 資料請求 空き確認・お問い合わせ
口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています