オトナ花嫁の大本命!「神社」と...(スペシャル) | パレスへいあん

オトナ花嫁の大本命!「神社」と「神殿」式場選びのポイントを解説!

今、オトナ花嫁に人気の日本の伝統的な結婚式『神前式』。『神前式』と一言でいってもその種類はさまざまです。おふたりに所縁のある神社がいいのか、結婚式場内にある神殿がいいのか、おふたりだけではなくご家族のことも考えたいオトナ花嫁だからこその会場選びのポイントを少しだけご紹介します!

『あなたの理想に合うのは神社?それもと神殿?』チェックシート

この画像をクリップ

まずは、以下の8つの質問で当てはまる項目の☑チェックの数を数えてみましょう。

□ 挙式と披露宴は絶対に同じ日に実施したい
□ 挙式にも多くの親族・友達に列席してほしい
□ オールシーズンで挙式日を検討したい
□ お子様連れやご年配ゲストを招待する予定がある
□ ゲストには肩肘を張らずに気軽に列席してほしい
□ プライベート感のある結婚式にしたい
□ 当日はきっちり時間通りに結婚式を進行したい
□ 記念写真はできるだけ枚数多く残したい

☑の数が5個以上の方…
《設備充実の「神殿」がおすすめ!》
☑の数が3~4個の方…
《一度プロスタッフに相談するのがおすすめ!》
☑の数が0~2個の方…
《伝統と歴史が息づく「神社」がおすすめ!》

「神社」「神殿」それぞれの魅力をチェックして、おふたりのイメージを固めてみて。神社婚のプロに相談ができるフェアで相談してみるのもOKおすすめ!

家族と家族を絆ぐ、縁結びの神を奉る神殿『八雲の宮』

縁結びの神様・出雲大社にゆかりのある神殿「八雲の宮」。美しい日本の花嫁姿がかなう この画像をクリップ

「神前式」は神社で執り行うもの、と思っている方も多いはず。「三々九度の盃」や「玉串拝礼」といった日本伝統の儀式で神々の前で2人の結婚を報告する神前式は、神社だけではなく、会場館内に備わった神殿でも挙げることができます。

神殿での神前式を選ぶメリットとしては、
『仕度部屋や控室などの設備が充実している』
『挙式から披露宴会場への移動の心配がない』
『衆目を気にせずプライベート感を大事できる』
など、移動や御仕度の時間に追われずに済む点や、年配者やお子様のゲストへの配慮がかなう点です。

パレスへいあんでは、最上階に独立型神殿『八雲の宮』にて神前式を挙げることができます。縁結びの神様として有名な出雲神社の御霊を祀る本格神殿は、朱色の絨毯に檜造りの祭壇や柱が凛とした空気を醸し出します。
神殿の外には日本庭園が広があるので、都心の中心ながら喧騒から離れて、厳かな和の結婚式がかないますよ。

日本ならではの奥ゆかしい伝統を実感できる『神社』

社殿へと続く参道を参進 この画像をクリップ

おふたりで訪れた場所で挙式をしたい、昔からその土地に由来している場所で思い出を積み重ねたいというおふたりには、神社がおすすめ。
結婚式専門の場所ではないため、列席できるゲスト人数が限られたり、天候に左右されることもありますが、一生に一度の記念日に神社挙式でしか味わえない伝統や格式を体感することができます。
美しい衣装を身につけた見た目にも華やかな花嫁姿で、社殿へ親族そろって本殿まで歩く「参進の儀」は花嫁の憧れ。

パレスへいあんには、神社での挙式をおこなうおふたりをサポートする専用プランあり!衣装の手配やお着換え、神社までの移動などを徹底サポートいたします。挙式後のご会食や披露宴も合わせてご相談いただけます。

先輩花嫁も挙げた!宮城県内でご紹介中の神社はこちら

この画像をクリップ

《塩竈市》
鹽竈神社

《仙台市》
・宮城縣護國神社
・大崎八幡宮
・愛宕神社
・仙台東照宮
・青葉神社
・二柱神社
・八坂神社

《岩沼市》
金蛇水神社

神社婚プランにはおふたりの送迎(神社⇔パレスへいあん往復※ジャンボタクシー)があらかじめ含まれているので、移動も安心して挙式当日をお過ごしいただけます。別途送迎手配や会食の手配も可能なので、まずは気軽に相談してみて!

イチオシのブライダルフェア

マイナビウエディング限定特典

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています