伝統が息づく街・京都で叶える憧れの和婚式

Dさん&Kさん

披露宴会場名

FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT

挙式日

2022年6月8日(水)

挙式スタイル

神前式 

招待人数

50名

「京都らしいロケーションを一望できる場所」

京都に住んでいたことで、白無垢を着ての結婚式に憧れがあった新婦様。FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORTの魅力である和とモダンが調和した空間は、花嫁様の和装姿とドレス姿の両方を美しく引き立たせます。また、新婦様が山口県のご出身であり、お招きするゲストが遠方からお越しくださることから、京都らしいロケーションをお望みだったおふたり。当館から一望できる東山と鴨川の景色をゲストに存分に味わっていただきたいとの想いで、FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORTでの結婚式をお決めくださいました。

「ご神縁によって結ばれたおふたり」

挙式は、下鴨神社にて厳かに執り行われました。憧れの白無垢に身を包んだ新婦様と、紋付き袴を凛々しく着こなされた新郎様。皆様と心をひとつにして、神様に結婚のご報告をされたおふたりでした。

「ゲストと創り上げる、世界に一つしかないサンドアート」

ゲストの皆様とのコミュニケーションを大事にしたいとお話くださった新郎様新婦様。皆様が心から笑って楽しめるようにと、ゲスト参加型の演出をご用意くださいました。そのとっておきの演出のひとつが『サンドセレモニー』。「結婚生活で最も大切だと思うこと」をテーマに五色の砂をご用意し、その砂の色ひとつひとつに「笑い」や「感謝」などの意味を持たせました。待合の間に、お子様ゲストも含めた皆様全員に、砂を一色選んで容器に注いでいただき、最後は新郎様新婦様の手によって完成されたひとつの作品に。カラフルでおしゃれな結婚証明書が出来上がり、ゲストと一緒に思い出の品を創りたいというおふたりの想いが叶えられた素敵な演出となりました。

「感謝・感動・感激の一日」

和装から洋装へとお召替えをされてご入場された新郎様新婦様。和装の清らかな佇まいから一転、美しく洗練された雰囲気を持つおふたりのお姿に、ゲストの皆様は魅了されていました。おふたりはゲストテーブルを順番に回られ、ゲストおひとりおひとりとご歓談を楽しまれながらお写真を撮影。素敵な笑顔がたくさん咲いた、和やかなフォトラウンドのお時間となりました。おふたりのこだわりは演出のみならず、ゲストへのおもてなし料理にも。新婦様のお父様の会社で扱われている“明太子”と“海苔”を使用したお茶漬けをゲストにご提供し、「美味しい」と大好評いただきました。披露宴の結びでは、新婦様から親御様へ向けた感謝のお手紙が。涙を浮かべながらお手紙をお読みになる新婦様と、その新婦様を優しく支えられた新郎様のお姿が心に残るひとときに。感動と笑顔にあふれた最上の一日となりました。

先輩カップル写真

RECOMMEND

FAIRイチオシのフェア

お祝い金がもらえる
カップル応援キャンペーン対象の結婚式場