コンテンツ

遠距離恋愛から結婚につなげるには? 決め手やタイミングなどパートナーとの結婚をスムーズに進めるコツ

遠距離恋愛のカップルの中には、交際期間が経つにつれて「結婚」を意識するようになったという人もいるのでは? とはいえ、結婚を決断しようにも相手が将来に対してどのように思っているのかわかりづらく、タイミングが難しいと感じるケースも。

この記事では、遠距離恋愛中のカップルが恋愛を結婚につなげるタイミングや決め手、結婚の話をスムーズに進めるポイントについて説明します。遠距離恋愛中のパートナーといつか結婚したいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。
目次
目次を開く

遠距離恋愛を結婚に変える決め手やタイミング


遠距離恋愛中のカップルには「いつになったら結婚できるんだろう?」と悩んでいる人も多いはず。

ここからは、遠距離恋愛をしているカップルが、恋愛を結婚に変える決め手やタイミングについて紹介します。ふたりにとってベストなタイミングを掴むためにも、詳しく見ていきましょう。

転職・異動するとき

遠距離恋愛中のカップルは、転職や異動など、パートナーや自分が住んでいた場所から引っ越すタイミングで結婚を決断するのもひとつ。この場合、パートナーが新しい環境に慣れるまでは、すぐに結婚できる! というわけにはいかないかもしれませんが「ステップアップした場所で少し落ち着いたら」と思っておくとスムーズです。

何らかの理由により一緒に暮らすことが難しい場合は、どちらかの仕事をテレワークに切り替えられないかなどを会社に相談してみるのもよいでしょう。また、場合によっては別居婚や週末婚という選択肢も視野に入れることでお互いの生活を変えずに結婚の可能性を広げることができます。

どちらかの昇進が決まったとき

今まで頑張ってきたことが職場で認められ、昇進が決まったタイミングでけじめとして結婚を考える人もいます。これは家庭を持つにあたって、経済的にもひと安心できる、という気持ちが、結婚の決意になって表れている可能性も。

また、昇進によって結婚を決意することは、パートナーの親に対しても好印象。仕事に前向きな姿勢や努力している様子が見えるため、結婚生活についても安心してもらえる可能性が高いといえます。

記念日や誕生日などイベントを迎えたとき

遠距離恋愛中とはいえ、パートナーと付き合ってきた期間が長い場合、何らかの記念日やお互いの誕生日といった、イベントを迎えるタイミングで結婚するケースも多いです。この場合、ふたりが大切にしてきた日がさらなる記念日となり、絆が深まっていく可能性も。

イベントが近付くと「結婚を決意してくれるかな」とパートナーが期待しているかもしれません。

お金が貯まったとき

遠距離恋愛に限らず、ふたりが結婚するためにどうしても必要となるのがお金です。そのため、パートナーと一緒に貯金していたり、結婚資金になるくらいの金額が貯まったタイミングで、結婚を決めるケースもあります。

まとまった金額が用意できていれば、たとえ結婚式費用や引っ越し費用が必要になったとしても、安心して行動に移せますよね。あらかじめ、ふたりの中で結婚までの目標金額を決めておくのもオススメです。

子どもができたとき

もしふたりの間に子どもを授かった場合、結婚して温かい家庭を築きたいと思う人は少なくありません。ふたりが遠距離恋愛中であっても、生まれてくる赤ちゃんのために環境を整えることを優先して、結婚するということも。

もし、ふたりが結婚を見据えながら遠距離恋愛をしていたなら、幸せなタイミングが舞い降りてきたとも考えられます。

どちらかの家の更新が迫っているとき

あなたとパートナーのどちらかが賃貸物件に住んでいる場合、2年に一度は家の更新があるケースが多いはず。更新費を払ってそのまま住み続けるのもよいですが、新しい家に引っ越すことを検討するのであれば、これを機に結婚を決めて、パートナーと新しい家で一緒に暮らすのもひとつ。

遠距離恋愛が結婚に変わるとき、どれも何らかの「節目」をタイミングとして考えているカップルが多いようです。

パートナーに「結婚を決意してほしい」と願うなら?


たとえどちらかが結婚に前向きでも、ふたりの気持ちが同じでなければ結婚には至りません。結婚のタイミングや相手の気持ちが熟すのをただ待っているだけでは、話が進みづらいことも。

ここでは、遠距離恋愛中のパートナーに結婚を決めてほしいと思っている人が意識したい振る舞いや行動について、見ておきましょう。

将来について具体的に考えていることを伝える

もし、仕事が原因で遠距離になっている場合、現在の働き方をどうにか調整して、自分がパートナーの住んでいる地域へ引っ越す覚悟がある、または相手が来るための用意を整えておくつもり、別居婚や週末婚でもよいと思っているなど、具体的なビジョンや計画をパートナーに伝えておくことは大切です。

具体的に伝えておくことで相手に本気度が伝わり「結婚」という未来の選択肢が想像しやすくなるといえます。

家族や子どもに対する価値観を共有しておく

ふたりが結婚した場合、どのような家族になりたいのか、将来子どもは欲しいと思っているのかなど、結婚したあとの家庭像について価値観を共有しておくことは大切です。パートナーとの結婚生活を具体的に想像してもらうことは、この先どのような未来が待っているのか、どのような人生を歩んでいくべきなのかなど、パートナーが将来を考えるきっかけにもなります。

もし、どちらかの仕事に転勤が多い場合、家庭や子どもとの関わり方についても、ふたりの意見をすり合わせて確認しておきましょう。

長期休みなどを利用して短期間の同棲をしてみる

遠距離恋愛の場合、お互いの家を頻繁に行き来する機会が少ないため、ひとつ屋根の下で生活をともにするイメージが付かず結婚を決意できないという人も。

ふたりの中で将来一緒に暮らすことを前提にしているのであれば、仕事の長期休みなどを利用して「疑似同棲」を試みるのもオススメです。そうすれば、ふたりで生活することのイメージが湧き、結婚に前向きになってくれるかもしれません。

パートナーから結婚の話をされたら?


遠距離恋愛中のパートナーから結婚の話を持ち出された場合、素直にうれしいと感じる人もいれば、予期せぬ話に戸惑う人もいることでしょう。もし、今後パートナーとの将来を前向きに考えるのであれば、相手を不安にさせないために気を付けるべきことを紹介します。

パートナーからの結婚話は「はぐらかさない」こと

パートナーからふたりの将来や結婚のタイミングについて触れられたとき、決して話題をそらしたり、まだわからないという態度を見せるのはNG。もしかすると、結婚についてあなたがどのように考えているのか探っている可能性があります。

たとえパートナーから「結婚してほしい」という明言がなくても、結婚話が出ればちゃんと向き合って話し合うことが大切です。

結婚について前向きに考えていることを伝える

「今すぐに結婚」という選択肢があなたの中になくても、将来的に今のパートナーと一緒になりたい気持ちがあるなら、結婚について前向きに考えていることをパートナーに伝えておきましょう。

人間誰しも、心で思っていることは言葉にして伝えないと相手に届きません。パートナーを不安にさせないためにも、結婚に対するあなたの想いをしっかり伝えることが大切です。

結婚後の仕事や住まいについて話し合う

パートナーから結婚の話を持ち出されたら、相手がどのような結婚生活をイメージしているのかしっかり聞いてみましょう。

遠距離恋愛中のカップルの場合、仕事や住まいなど、結婚に伴う課題は多いと考えられます。どのような家庭をイメージし、どのようにすれば生活に支障が出ないのか、ふたりの意見をすり合わせることで結婚後のイメージが膨らみ、よりよい生活スタイルを目指せるはず。

遠距離恋愛のカップルが結婚をスムーズに進める3つのポイント


遠距離恋愛中のパートナーと将来結婚したいなら、お互いがもつ結婚のイメージや価値観をできる限りすり合わせておくと、いざというときに衝突することなく結婚の段取りを進められます。ここからは、遠距離恋愛中のカップルがスムーズに結婚するために必要なことを紹介します。

パートナーと結婚のタイミングについて話しておく

遠距離恋愛中のカップルが結婚を現実的にしていくなら、お互いが思う「結婚のタイミング」についてふたりで話し合うことが大切です。たとえば「○○歳くらいで結婚したい」「遠距離が○○年続けば結婚しよう」など、目安になる年齢や年月を決めておくのもひとつ。

そうすれば、パートナーとの意思疎通が図れ「遠距離だけど頑張ろう」と思えるようになります。また、同じ目標に向かってふたりで歩んでいくことができるので、会えなくても自然と絆が深まっていく可能性も。
もし、結婚後の生活イメージまで話せそうであれば、住む場所や仕事をどのようにしていくのか意見交換できると、より結婚が具体化していきます。「これからどうなるのかな」「結婚できるのかな」という不安や迷いもなくなり、ふたりの幸せな未来を描けるようになるはず。

パートナーと今後の仕事について話しておく

遠距離恋愛になった理由がどちらかの仕事によるものであれば、まずは恋愛よりも仕事と向き合える環境を作ることが大切かもしれません。その場合、仕事が成功したり昇進したりすると、結婚に向けた動きが一気に加速する可能性があります。ふたりの中で「ここまで頑張ったら」という区切りを付けておくのも◎

また、ふたりのどちらかが「今は仕事を頑張りたい」と思っている場合、一方が「会いたい」「どうして仕事ばかりなの?」という姿勢でいると、結婚が遠のく危険性もあります。遠距離恋愛は会えない寂しさがあるかもしれませんが、恋愛を前面に押し出さないよう気を付けることも大切です。

もしタイミングがあれば、ふたりの仕事を今後どうするのか話し合っておけるとよいでしょう。どちらかが転職の必要性があるのか、はたまた今の職場でテレワークの相談ができるのかなど……。ふたりが結婚を意識しはじめたタイミングと勤め先の異動希望のヒアリング時期が重なるようであれば、どちらかが会社に異動希望を出しておくのもひとつ。

遠距離恋愛を乗り切るためのルールを決める

遠距離恋愛を結婚につなげるには、ふたりの中でルールを決めることが大切です。たとえば、会う頻度や連絡する時間帯、一回のデートに使う費用、ふたりの貯金など……。ルールに縛られすぎるのもよくないですが、ふたりの間で不満が募るのがもっともストレスになり、すれちがいを生じさせる原因になります。

ある程度ルールを決めておけば、お互い納得して遠距離恋愛を楽しめ、自然と結婚について考えられるようになるといえるでしょう。

遠距離恋愛中のカップルが将来結婚したいと思うなら、そもそも遠距離恋愛を乗り越えられないと何もはじまりません。ふたりの距離が離れている分、気持ちは寄り添っておけるように、ふたりの中で「共通認識」を持っておくことが大切です。

遠距離恋愛からの結婚は難しくない! パートナーと想いを共有して後悔しない恋愛を


「遠距離恋愛から結婚するのは難しい」と思われがちですが、決してそうではありません。お互いのことを大切に想い、結婚について前向きに考えられていれば、少しずつでも結婚に向かっていけるはずです。

とはいえ、ふたりの結婚に対する思いはカタチで見えないため「いつになったら結婚できるのかな」と不安になることもあるでしょう。疑心暗鬼になって遠距離恋愛を悲しい結果で終わらせないためにも、ふたりで将来をイメージし、しっかりコミュニケーションを図っていくことが大切です。
マイナビウエディング 編集部
“ふたりを楽しむ”すべてのカップルを応援するサイト「マイナビウエディング」の編集部が、結婚式場やブライダルジュエリーの最旬情報はもちろん、パートナーシップがより深まるさまざまなお役立ちTIPSをお届けします!

マイナビウエディング:https://wedding.mynavi.jp/
Instagram:@mynavi_wedding
Twitter:@Us_mynavi
関連記事
【6月1日新発売】オーダーメイドジュエリーブランド "ith/イズ"が、10周年を記念し日本の花々をモチーフにしたアニバーサリーデザインリングを発売
マイナビウエディング 編集部
2024/05/30 更新
プロポーズ成功のカギはていねいな準備にあり! プロポーズ前に用意しておくべき4つのこと
マイナビウエディング 編集部
2024/05/17 更新
プロポーズに婚約指輪は必要? 婚約指輪を用意しない場合の演出もご紹介
エクスライト|ウエディング編集部
2024/04/27 更新
もっと感動的なプロポーズに! プロポーズムービーの魅力と自作のポイント
マイナビウエディング 編集部
2024/04/13 更新
プロポーズを決意したら、準備はどうする? 想い出に残るプロポーズにするために
エクスライト|ウエディング編集部
2024/04/02 更新
ピックアップ
同棲の新生活に必要なものって? 家具家電リストと初期費用の目安、オススメのショップを紹介
マイナビウエディング 編集部
2022/07/27 更新
結婚前に同棲した? してない? メリット・デメリットを徹底解説
マイナビウエディング 編集部
2021/10/15 更新
住みここち1位は2年連続であの駅! 「街の住みここちランキング 2022<首都圏版>」発表
マイナビウエディング 編集部
2022/05/29 更新
関西で一番住み心地のいい沿線は? 街の住みここち沿線ランキング2021発表
マイナビウエディング 編集部
2022/03/18 更新
婚約指輪診断