結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > マイナビウエディングPRESS > カップル実例 記事一覧 > ブルー×オレンジのテーマカラーで秋にちょうどいいカラフルウエディング

人気記事ランキング

最新記事

カップル実例

ブルー×オレンジのテーマカラーで秋にちょうどいいカラフルウエディング

w_1

日ごろからやオシャレやファッションが大好きというw.yuayaさんご夫婦。結婚式では、そのセンスを存分に活かしたDIYや演出など真似したいアイデアが満載。ブルー×オレンジのテーマカラーで秋のウエディングにしっくりくるカラフルさを表現し、おふたりらしさがたっぷり詰まった結婚式をかなえられました。


結婚する喜びを改めて実感ファーストミート





結婚式当日、お仕度を終えた新郎新婦はチャペルで待ち合わせをしてファーストミート。新郎に伝えたい気持ちがたくさんあったものの、直接は恥ずかしいかもと、ファーストミート前にサプライズのOpen when Letters(オープン ウェン レターズ)※を準備した新婦。「ファーストミート前は、これまでの思い出がこみ上げて泣きそうになりましたが、彼と顔を見合わせた瞬間、彼のほうが泣いていました。そして、苦手な手紙を3通も書いてくれて、この人と結婚して本当によかった~としみじみ感じた瞬間でもありました」。

新婦から新郎へ贈ったOpen when Letters(オープン ウェン レターズ)は、『結婚式当日』『愛おしいと思ったとき』『私の機嫌が悪いとき』『パパママになったとき』『結婚式から1年たったとき』の手紙5通を書いた。

※Open when Letters(オープン ウェン レターズ)とは……
さまざまな気持ちやシーンに合わせて手紙を書き、もらった相手が手紙に設定された"そのとき"になったら読むというもの。

バージンロードは大好きなお母さまと一緒に




挙式はお気に入りのチャペルでお母さまとバージンロードを歩いた新婦。「入場前にベールダウンをしてもらい、そのまま母に手を引いてもらいながらバージンロードを一緒に歩いてもらいました。色んなことが思い出されて、母への感謝の気持ちでいっぱいになった瞬間でした」。挙式スタイルは人前式で執り行われ、自分たちの言葉で大切なゲストたちに結婚を誓った。




結婚証明書は、受付でゲスト全員に書いてもらったイラスト入りネームをボードに、最後に新郎新婦それぞれが名前を書いて完成。「ゲスト全員に承認してもらえる人前式は、私たちらしい誓いの場となりました」。

ブルー×オレンジのテーマカラーを活かした演出たち






結婚式準備の早い段階から、テーマカラーをブルー×オレンジに決めていたおふたり。手作りのウエルカムアイテムにもカラーを効かせたアイテムで式全体のトーンを統一。前撮りした写真を活用しながら、人とは被らないDIYでゲストたちを楽しませた。また、バルーンリリースや、ウェディングケーキなど結婚式のシンボリックなシーンにもブルー×オレンジの要素を取り入れた。

「バルーンリリースは挙式後ゲスト全員でできる演出で、特にお子さまゲストにも喜んでもらえたのがよかったです。結婚式の少し前に亡くなったこともあり、私のバルーンには祖母あてにメッセージを書いて空に放ちました」。

披露宴パーティはオレンジのカラードレスでスタート




披露宴パーティでは装い新たにお気に入りのオレンジカラーのドレスに身を包んだ新婦。「オーダーメイドで作ったドレスで、ウエストには黒をつけて引き締め効果とブーケも黒いベロアのリボンを合わせてもらいました。カチューシャのキラキラとダウンヘアもお気に入りです」。

足元はCHARLFS&KEITHのゴールドのサンダルとグリーンのフットネイルでまとめた見事なコーディネート。新郎の蝶ネクタイもオレンジ×ペイズリー柄で、おふたりのカラーリンクも完璧。

会場を秋色のカラフルな装花とフルーツでコーディネート




披露宴パーティ会場には、秋の季節にもピッタリなカラフルな装花でアレンジ。「高砂のこだわりは、ソファーではなく木の椅子がよくて準備してもらったものです。装花は胡蝶蘭とストレリチアを入れてもらって、カラフルに全体をコーディネートしてもらいました」。

フルーツもテーブルまわりにセットしたことで、写真映えはもちろん爽やかな香りが広がる空間に。ゲストテーブルも華やかに食事や会話をそっと彩る装花をセットし、細部にいたるまでオシャレ上手なおふたりらしいおもてなしに。

オレンジからホワイトカラーへお色直し。前髪カットの劇的チェンジも



披露宴パーティ中のお色直しは、お花とスリットが印象的なAlexandra Grecco(アレクサンドラ・グレッコ)のホワイトドレスにチェンジ。お色直しのお仕度中に前髪をカットした劇的イメージチェンジもオシャレな新婦ならではの演出。「人とはちょっと違ったヘアメイクがよくて。オン眉も私の好きなスタイルです」。

アクセサリーは大ぶりチェリーのピアスとカラーを合わせたリップが印象的。ヘアアレンジはお団子スタイル×チュールターバンで、新婦らしさいっぱいの装いに。「サードミートは控え室のカーテンからじゃーん!な感じで彼にお披露目しました」。
文:白石 亜矢子(az-sync.) 写真:Photo Studio Vision 中村直基

< #5 音楽は空間演出の最大公約数。音で空間を包み込み、誰ひとりとしてアウェーにしない。サウンドスタイリスト・大河内康晴さんに聞く、結婚式への想い  |  一覧へ戻る  |  諦めと妥協は一切なし! やりたいことを全部かなえたこだわりウエディング >