結婚式場探しならマイナビウエディング

> プレミアムクラブ

> プレミアムクラブ特集

 > ウエディングスタイル辞典

 > ご祝儀代わりのリスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)を日本で取り入れる方法


 キャンペーン

マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

欧米の結婚式・結婚準備 ウエディングスタイル辞典

ご祝儀代わりのリスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)を日本で取り入れる方法

日本の結婚式では、結婚のお祝いとしてゲストが新郎新婦にてご祝儀を用意するのが一般的ですよね。しかし、「ご祝儀」を包む習慣がない欧米では、新郎新婦へのお祝いとしてプレゼントを贈ることがほとんどだそう。そんなとき、大活躍するのが、「リスト・ド・マリアージュ」(ウエディングレジストリ)。ご祝儀をいただく代わりに新郎新婦は欲しいものリスト(ウィッシュリスト)をつくり、贈る人はその中から予算に合ったものを選びプレゼントできるというものです。では、具体的にどんなふうに活用するのか、日本の結婚式でリスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)を取り入れるにはどうしたらいいのかなどご紹介していきましょう。

リスト・ド・マリアージュなど、オシャレなウエディングのアイデアはマイナビウエディングサロンに相談を

リスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)とは

新生活を始めるにあたって、あれこれ欲しいものはあるけれど、新郎新婦からプレゼントをリクエストするのはちょっと気がひけるもの。でも、結婚のお祝いの品を贈りたい友人や親族だって「どんなものが欲しいのかな」「これはもう持っているかな」「誰かと重なったりしないかな」「これは好みに合わないかな」などとプレゼント選びに悩みます。

そこで、新郎新婦が欲しいものをリストアップして贈る人たちと共有しよう、とフランスで始まったのが「リスト・ド・マリアージュ」(結婚のためのリスト)。今では欧米各国で結婚式のお祝いとして一般的に取り入れられ、次のようにリスト・ド・マリアージュ以外にもさまざまな呼び方があります。
アメリカ……ウエディングレジストリ(Wedding Registry)
イギリス……ウエディングリスト(Wedding List)
フランス……リスト・ド・マリアージュ(List de Mariage)
イタリア……リスタ・ディ・ノッツェ(Lista di Nozze)
スペイン……リスト・デ・ボダ(Lista de Bodas)

リスト・ド・マリアージュ(ウェディングレジストリ)は、もともと新郎新婦がデパートや雑貨・食器ショップなどに欲しいものリスト(ウィッシュリスト)を登録(レジストリ)しておき、結婚式(披露宴)の招待状にそのお店のレジストリを記載し、友人たちはそのショップにいってリストの中からお祝いとして贈りたいものを購入する、というシステムが一般的でした。

ところが現在は、リスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)をweb上で行うのが一般的に。web上にウィッシュリストを登録し、結婚式(披露宴)の招待状にそのアドレスを記載し、支払いもweb上で済ませ、証明書をプリントアウトして披露宴に持っていく……贈る人はプレゼントを買うためにお店に足を運ばなくてもすむようになったのです。

ウィッシュリスト(ほしい物リスト)の作り方

実際にリスト・ド・マリアージュ(ウェディングレジストリ)を取り入れるのであれば、ウィッシュリスト作成機能のあるショッピングサイトを利用するのが便利。欲しいものを選んで、リストに入れていくだけなので簡単です。

ウィッシュリストに載せるものは、新生活に必要な日用品などが一般的です。例えばワイングラス、カップ&ソーサー、鍋、コーヒーメーカー、電子レンジ、冷蔵庫……などなど、予算も商品も幅広くリストアップ。ご祝儀制だとおおよその相場が決められていて、ゲストにとっては出費が気になるところですが、リスト・ド・マリアージュ(ウェディングレジストリ)であれば、数千円から数万円のものまで用意することができるため、贈る人が予算に合わせて選びやすく、高額商品でも何人か合同で購入してもらうことができます。すでに誰かが選んだ商品は購入できなくなるので、結婚式の招待人数より多めのアイテムを用意しておくと、最後の人まで楽しくプレゼントを選んでもらえますね。

リスト・ド・マリアージュ(ウェディングレジストリ)を日本で取り入れるなら

日本の結婚式では現金をご祝儀でいただくという文化が残っていますが、リスト・ド・マリアージュ(ウェディングレジストリ)を取り入れるならパーティ婚海外ウエディングなどがオススメ。結婚式の会費やご祝儀はいただかず、ウィッシュリストの中から選んでプレゼントしてほしい旨を伝えましょう。

結婚式の招待人数が多い場合はショッピングサイトのウィッシュリストを利用するのが便利ですが、少人数なら、招待状にウィッシュリストを載せてしまうのもアイデア。例えば友人には食器類、親族には家電類などとプレゼントしてもらいたいアイテムを大まかに分けておくとよいでしょう。


リスト・ド・マリアージュ(ウェディングレジストリ)でゲストもふたりもハッピーに!

リスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)は、贈りものを通じてみんながハッピーになれる仕組み。新郎新婦は、新生活を始めるにあたって本当に欲しいものをプレゼントしてもらえます。せっかくお祝いをいただいたけれどすでに持っていた、趣味に合わない、AさんからもBさんからも同じものが……と苦笑いすることもありません。

贈る側にとっても、プレゼントを何にしようかと悩んだり、あちこちのお店を回ったりすることなく、新郎新婦に必要とされているものを自分の予算内で選ぶことができます。そして現金のご祝儀にはない「贈りものを選ぶ楽しさ」があります。

みんながハッピーになれるリスト・ド・マリアージュ(ウエディングレジストリ)、結婚式でぜひ取り入れてみては。

>>結婚祝いで喜ばれるものランキングTOP5
>>バチェラーパーティ&バチェロレッテパーティで独身最後の思い出を!
>>女子だけで楽しく過ごす前祝いパーティー! ブライダルシャワーとは?

< ウエディングスタイル辞典トップへ戻る


エシカルウエディングで世界中に幸せをシェア! 人にも環境にも優しい結婚式 | 一覧へ戻る | 海外のトレンド先取り! ナチュラル・モダン...結婚式のテーブルコーディネートや装花のアイデア

キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP