結婚式場探しならマイナビウエディング

> プレミアムクラブ

> プレミアムクラブ特集

 > プレミアム花嫁塾

 > ウエディングの上質は、細部に宿る

 > 建物の中は"別世界" 会員制社交クラブでのウエディングとは?


 キャンペーン

マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

各界のプロフェッショナルが語る、最強ウェディングノウハウ。プレミアム花嫁塾。ウエディングの上質は、細部に宿る - 編集部(プレミアムクラブ)

建物の中は"別世界"
会員制社交クラブでのウエディングとは?

東京都内をはじめ、日本国内に点在する会員制の社交クラブやホテル、レストラン......"会員"としてそれらの施設を利用するためには、複雑な手続きが必要ですよね。たとえば、現会員からの推薦や面接を経て晴れて会員となり施設を利用できる、勤めている企業が"法人会員"であれば自身やその家族も利用できるなど、会員資格もさまざまです。そして、その施設が由緒正しく高級であればあるほど、入会するための難易度は高くなっていきます。


そんな、普段なかなか足を踏み入れることができない"会員制"の施設ですが、ウエディングでの利用に限り非会員でも利用できる社交クラブがあるのをご存じですか? そこは非日常であることはもとより、建築としても優れ、ホスピタリティにあふれ、結婚式というハレの日にふさわしい空間ばかり。プレミアムクラブでは特別感があり、限られた人しか利用できない"会員制社交クラブ"でのウエディングをご紹介します。


――――――――――――――――――――――――――――
<目次>
日本工業倶楽部
TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)
如水会館【一橋クラブ】
――――――――――――――――――――――――――――

東京駅から徒歩2分でありながら
都会の喧騒を忘れさせる重厚感と歴史を感じる空間

日本工業倶楽部

▲東京駅からもアクセス抜群。その美しさに目を奪われる日本工業倶楽部の外観

日本の工業の発展を目的として当時の有力実業家によって設立された「日本工業倶楽部」。東京駅の目の前に位置する「日本工業倶楽部」の建物は大正9年(1920年)に建てられた登録有形文化財で、平成15年(2003年)の建て替えでは建物の主要部分を保存、内部空間を再現して経て現在の形に。歴史的価値を残しながら、施設全体はリノベーションされているため、クラシカルさを保ちながら古さを感じさせない雰囲気が魅力の会場です。

■新郎新婦・ゲストが結婚式で日本工業倶楽部を楽しむポイントは?
結婚式は1日1組限定。スタート時間も自由に決められるため、価値ある空間を"貸切"状態で使用することができます。またフロアごとに会場の雰囲気が異なるので、目的や好みに合わせたパーティ会場選びもワクワクするポイント。女性ゲストにはドレスアップして披露宴を楽しんでもらいたいという思いから、親族だけではなく一般ゲストの美容支度も頼めるので、会場の雰囲気に合わせてクラシカルな装いとメイクで結婚式に列席できるのも非日常を味わえるポイントです。ほかにもブライズルームは壁一面が鏡になっており、どんなボリュームあるドレスでも全身の花嫁支度の仕上がりを確認しながら行えるので、当日の花嫁気分を盛り上げてくれます。ママゲストのためにベビールームを用意したりするなど、ゲストの事情に合わせておもてなしのアレンジも可能です。

■日本工業倶楽部の見どころは?
外観は、当時流行した西欧のセセッション様式を取り入れたシンプルな幾何学的構成、内観はイオニア式の柱やステンドグラスの窓が並ぶ大階段など、倶楽部建築らしい華やかな意匠が見どころ。中でも、建設当時のまま保存・再生されている「大ホール」は天井高約8m、石膏彫刻など当時の趣が残る、気品あふれる空間です。また、フロアごとにデザインの異なるシャンデリアや調度品を見られるのも結婚式ならでは。挙式は会場内で神前式も可能、歴史ある洋館でありながら和装も引き立つというのもうれしいかぎり。

▼大ホール


▼2階「大会堂・ラウンジ」のシャンデリア


▼挙式は歴史を感じる「大会堂」での教会式


■フォトスポットにオススメの場所は?
建物全体に見どころが散りばめられた日本工業倶楽部は、そのすべてがフォトスポットと言っても過言ではないほど。特に普段は会員でも入ることができない特別室、ウエディングドレスのラインやシルエットをより美しく見せる階段など"非日常感"を演出するスポットがいっぱい。ほかにも丸の内エリアや東京駅を背景にした撮影も可能です。

また、ふたりの雰囲気やこだわりに合わせて経験豊富なウエディングプランナーがさまざまな撮影プランや、進行プランを提案してくれるのもうれしいポイント。重厚さだけでなく、アットホーム感を盛り込めることも。

▼結婚式を挙げるふたりだけが入ることができる「特別室」


▼トレーンが長いウエディングドレスが映える階段


▼会場から徒歩すぐの東京駅を背景にしたロケーションフォト


日本工業倶楽部の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る



海外文化を感じるユニークで洗練されたな空間で
ふたりの人生のストーリーを大切にしたウエディングが叶う

TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)

▲メンバー達の「セカンドホーム」として愛されている「TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)」

「TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)」は2018年に創立90年を迎える、アメリカ人、日本人を中心に、世界中から集まったメンバーとその家族で構成されたメンバーシップクラブです。人々が尊重し合い、認め合い、高め合いながら、文化と交流の場として、世界中で活躍するメンバーのために、ビジネスのセミナーをはじめ、フォーマルなパーティや家族が集うライフタイムイベントなど、さまざまなシーンを提供しています。

■新郎新婦・ゲストが結婚式でTOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)を楽しむポイントは?
形式にとらわれず、新郎新婦もゲストもみんなが笑顔になれるウエディングがTHE東京アメリカンクラブスタイル! 目に飛び込んでくる星条旗、聞こえてくるのは公用語である英語。一歩足を踏み入れた瞬間から、「東京の中のアメリカ」を感じ、誰もがワクワクした気持ちになる事でしょう。最高の笑顔でゲストを迎えてくれるスタッフ、ウエルカムスペースでは、さりげなく記憶に残るオリジナルの香りでおもてなし。アメリカンキュイジーヌの料理とセレクトされたカリフォルニアワイン、ふたりのためにデザインされたウエディングケーキをはじめ、細やかな気遣いが感じられるグローバルスタンダードのサービスも魅力です。フロア貸切のプライベートな空間で、ゆったりと楽しみながら1日を過ごすことができます。

■TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)の見どころは?
NYにオフィスを構える建築事務所「ペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ(Pelli Clark Pelli Archictects)」のデザインによる建物は、故郷を離れたメンバーにとっての大きな家『ジャイアントハウス』というコンセプトでデザインされました。

6mの天井の高さを誇るバンケットルーム「MANHATTAN」には、250個のクリプトン電球が配置されたモダンで存在感のあるシャンデリアが輝いています。カラフルなデザイナーズファニチャーが印象的な3階にあるレストラン「CHOP」のインテリアデザイン。毎月アーティスティックな作品が展示される地下1階のフレッドハリスギャラリーなど、館内はどこを見渡しても魅力がいっぱい。

▼大きな窓から光が注ぐバンケットルーム「MANHATTAN」


▼波型状のデザインを施した天井とスタイリッシュなインテリアデザインのレストラン「CHOP」


▼挙式は館内のお気に入りの場所を選んで自由にアレンジ


■フォトスポットにオススメの場所は?
噴水の向こうに見えるエントランスTOKYO AMERICAN CLUBのサイン、ブルーライトに照らされた天井まで届く圧巻のワインセラー、東京タワーが一望できるテラス、ファーストルックにぴったりなガラス張りの渡り廊下など、TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)のフォトスポットは数えきれないほど。どこで撮影してもアーティスティックな写真と想い出が残せます。

▼東京タワーを臨む挙式会場、テラスウエディング


▼およそ1万本を誇るワインセラー


TOKYO AMERICAN CLUB(東京アメリカンクラブ)の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る



皇居や東京タワーを眺めながら
クラシカルで気品あふれる空間でウエディングを

如水会館【一橋クラブ】

▲歴史を重ねてきた本物にしかない重厚感と気品さを感じる正面玄関は人気の撮影スポット

東京駅から車で5分、大正8年(1919年)に建設された「如水会館」。創業当時から同じ場所にあるので、親子3代にわたって利用するという人も少なくないそう。結婚式では如水会館の最上階に位置する、ふだんは会員制の「一橋クラブ」を、時間を気にすることなくふたりのための特別な空間として貸切に。挙式は教会式・神前式はもちろん、ガーデンウエディングなど多彩なスタイルから選択が可能。パーティのお料理は、VIP御用達の「東京會舘」による絶品フレンチなので、上質な空間と美味しい料理でゲストをおもてなししたいというカップルにオススメです。

■新郎新婦・ゲストが結婚式で如水会館【一橋クラブ】を楽しむポイントは?
如水会館は一橋大学の同窓会館として、千代田区・一ツ橋に大正8年(1919年)に建設された歴史と伝統のある会館。建設当時の旧館は、"大正の名建築"と言われた洋風の3階建で、凝った造りと落ち着いた雰囲気で多くのゲストから愛されてきましたが、昭和57年(1982年)に旧館の気品と風格の再現を図りつつ新装改築。如水会館全体では広さ・趣きが異なる8つのバンケットを有していますが、最上階にある会員制の「一橋クラブ」での披露宴は1日1組限定。伝統ある会場で、披露宴の時間を気にせずゆったり過ごせるのがポイントです。

■如水会館【一橋クラブ】の見どころは?
最上階、14階にある会員制の「一橋クラブ」を1日1組で貸切にできるため、特別感あふれるクラブハウスウエディングがかなうのが特徴。中でも、一橋クラブと同フロアにあるバーラウンジからは、皇居をはじめ、東京タワーや東京スカイツリー®を望む眺望が魅力です。時間帯によって表情を変えるその眺望は、ロマンティックな都会の夜景が楽しめるナイトウエディングもオススメです。

▼平日は会員制の14階バーラウンジからの眺望。皇居や東京タワー、東京スカイツリー®も望む特別な空間で時間に追われずゲストとの会話が楽しめる


▼土日は受付をするお部屋としても、二次会会場としても利用できる14階バーラウンジ。重厚な調度品が歴史を感じさせる


▼披露宴は最上階のレストランを1日1組限定で完全貸切に。クラシカルなインテリアは大人花嫁にもオススメ


▼最上階の一橋クラブへと続くエレベーターホール。重厚感あるウッディで格調高い空間は、ウエディングドレス姿が映えること間違いナシ



■フォトスポットにオススメの場所は?
歴史と伝統が感じられる外観をはじめ、優しい光のシャンデリア「EGG OF GLASS」がきらめくロビーエントランス、シャンデリアを背景にした撮影がかなう大階段など、建物の内外にフォトスポットがいっぱいの如水会館。最上階の一橋クラブへと続くエレベーターホールや、バーラウンジの重厚な雰囲気も花嫁の美しさをより引き立ててくれます。

▼アルバムの表紙になることが多いという「大階段」。ブーケトスができたり、集合写真などの撮影も可能


▼時計や旧会館の玄関アーチなどを配した歴史と伝統を感じる「ロビー」。大きなシャンデリアがウエディングドレスなどの衣装を引き立ててくれます(2018年8月下旬にリニューアル予定)


如水会館【一橋クラブ】の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る


参考になったらクリックを

Professional of ウエディングの上質は、細部に宿る
プレミアムクラブ 編集部

プレミアムクラブでは上質かつリュクスなウエディングをご提案。ホテル、ゲストハウス、レストラン、専門式場、チャペル、神社、国内リゾートでの「ワンランク上」な結婚式のヒントが満載です。上質なエッセンスを取り入れて、ふたりらしいウエディングをかなえて。

キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP