鶴(mikoto)が誇る多彩なアレンジオーダー こだわりから見つける理想のブライダルリング

日本製のオーダーメイドブランドとして多くのカップルにおふたりらしい結婚指輪を届けてきた鶴(mikoto)。100種類以上のサンプルリングをベースに素材の組み合わせや加工、ダイヤモンドの有無など多彩なバリエーションから選択することが可能です。

重なり合うギメルリング

2本のリングが重なり合い、ひとつに。決して離れることのないおふたりを象徴

まったく同じ形のリングが2本重なり合い、ひとつの指輪に完成する「ギメルリング」。“ギメル”とはラテン語で“双子”という意味合い。まるで知恵の輪のようにも見えますが、実は中世ヨーロッパより長く愛される伝統的なデザイン。2本が決して離れることがないため、永遠の愛を誓い合う証となる結婚指輪に相応しいとされています。素材の選び方などで、他人とは違う個性を表現できるのもうれしい。

Pick up

熟練職人が作るギメルリングはブランド一番人気。アレンジで個性を表現して

熟練職人がフォルムにも着け心地にも徹底的にこだわり、作り上げるギメルリング。鶴(mikoto)のギメルリングはひとつの輪にもう一方の輪を通すように絡み合わせ、さらにその2本がぴったりひとつに重なり合うよう作られています。おふたりがひとつの家族になるイメージで、ブランドの一番人気です。
2本それぞれの素材のコンビネーション、幅の調整や表面の加工、ダイヤモンドのセッティングの有無で、よりおふたりらしい指輪に。

「鶴(mikoto)」についてもっと詳しく

【ギメルリング(18MA-025)】おふたりがひとつの家族になることをイメージしたリング

おふたりがひとつの家族になることをイメージした結婚指輪。とくに人気が高い、ゴールドとプラチナのコンビネーションです。男性用はメリハリあるイエローゴールドとの組み合わせ。ピンクゴールドと合わせた女性用は、リングフォルムに沿うように配したグラデーションのダイヤモンドが繊細な美しさを演出しています。
色違いにしたりテクスチャーを変えたりと、好みでアレンジも楽しめます。

¥235,400 ¥240,900

この指輪をもっと詳しく

おしゃれで被らない個性的なデザイン

¥203,500 ¥225,500

この指輪をもっと詳しく

色の組み合わせや幅のアレンジも自由自在

¥246,400 ¥246,400

この指輪をもっと詳しく

素材MIX

ふたつの素材を使ったメリハリあるデザインが、オシャレ感を演出

ふたつの素材を使って作るコンビリング。別素材をアクセントとしてミックスしたり、異なるものを組み合わせることで独自のデザイン性が生まれます。
金属を2種類使っているため、他のリングやアクセサリーと合わせやすいのが魅力。デザイン自体はシンプルでもただの定番ではない、オシャレさを演出できるのも人気の理由です。

Pick up

バリエーション豊富! それぞれの好みに合う色味・デザインを組み合わせ

同じデザインでも色味(素材)の組み合わせを違うものにするなど、それぞれの好みでアレンジが可能。多彩に揃うゴールドの色味で楽しむのもオススメです。鶴(mikoto)のオーダーメイドならテクスチャーの組み合わせも自在なので、バリエーションがさらに豊富!
2種類の素材を同分量で使った2連タイプや、異素材をアクセント的に入れた仕様など、イマジネーションが無限に広がります。

結婚指輪をもっと見る

【18MA-022】おふたりの縁を繋ぐように中心に入ったラインがアクセントになる結婚指輪

ゴールドの色味をアクセントとして効果的に使ったデザイン。リングのセンターにそれぞれの選んだゴールドが、まるでおふたりの縁をつなぐように入っています。これまで指輪を着けたことがなかった男性でも違和感なく使える、さりげない華やかさがポイント。三連になったラインが、手元を美しく見せてくれます。

¥143,000 ¥154,000

この指輪をもっと詳しく

【20MA-042】2人の絆を結ぶように結び目の入ったS字カーブのコンビの結婚指輪

¥177,100 ¥205,700

この指輪をもっと詳しく

【18MA-001a】プラチナとゴールドを組み合わせたコンビの結婚指輪

¥183,700 ¥194,700

この指輪をもっと詳しく

「和」のものづくり

日本のものづくりならではの丁寧な加工と繊細なデザインに注目を

日本発のブランドとして、文化・魅力・ものづくり力において「和」を意識し、ひとつひとつ細かな部分にまで目配りし指輪を作り上げています。丁寧な加工、繊細なニュアンス、表情豊かなデザインは、すべて“日本のものづくり”だからこそ実現可能なもの。
ブランド名である『鶴』は日本を象徴する鳥の1種であり、夫婦どちらかの命が尽きるまで一生を添い遂げるといわれます。すべての指輪の内側に刻まれる鶴の印に、思いを馳せて。

Pick up

和の風情を感じられる、オリジナルの桐箱に込められた想い

日本製にこだわった、オーダーメイドのブライダルリング。「一生おふたりに寄り添い続けたい」という鶴(mikoto)の想いは、指輪だけでなく保管ケースにも活かされています。保管ケースはオリジナルの桐箱。通気性のよい桐は、四季のある日本の気候風土に適した素材とされています。
また、桐箱を留める紐は「真田紐」。こちらも日本らしい風情を感じられると、好評です。

結婚指輪をもっと見る

【18MA-018a】藤の花のイメージした彫り模様の和風の結婚指輪

桜の花や打ち上げ花火など、鶴(mikoto)には和をモチーフにしたデザインも多くあります。春に盛りを迎える藤の花の彫りが入ったリングも、そのひとつ。藤の花言葉は「けっして離れない」。指輪を包むように刻まれた藤は、職人の手作業によるもの。ナチュラルでやさしい印象です。

¥156,200 ¥189,200

この指輪をもっと詳しく

【22TE-040】満開の桜と花吹雪を職人が指輪に彫り入れた和彫りの結婚指輪

¥176,000 ¥198,000

この指輪をもっと詳しく

【21TE-037】夜空に咲き乱れる花火を力強い和彫りで表現した結婚指輪

¥158,400 ¥191,400

この指輪をもっと詳しく

マット感のある風合い

肌に馴染みやすくカジュアルに使えるマット加工。テクスチャーも多様

光沢感を抑えたマット加工は、人気の高いテクスチャーです。手元にスッと馴染むので必要以上に目立ちすぎず、ファッションリングのようにカジュアルに身に着けられることが、その理由。クールで落ち着いた印象なので、男性でも自然に使うことができます。
ひと言で“マット”といっても、テクスチャーはさまざま。おふたり好みに合うマット感を見つけるのも、指輪を選ぶ楽しみのひとつです。

Pick up

好みはどれ? 職人の丁寧な手仕事がかなえる、多様なマット加工

素材やデザインなどおふたりの理想に沿ったリングがかなうオーダーメイド。質感も例外ではありません。鶴(mikoto)にはたくさんのマット加工が揃っており、職人による丁寧な手仕事がマット感ある繊細なデザインを表現します。
光沢感を少し残したいなら「サテン荒」、アンティーク風の「錆加工」、金鎚を使って打ち付ける「鎚目加工」、上品な「ヘアライン」、すっきりとした「梨地細」など好みに合うものを見つけて。

好みの加工を見つける

【18TE-011】クラシックでおしゃれなゴールドの結婚指輪

スタイリッシュな中にもアンティーク風の温かみが漂うリング。光沢感を少しだけ残した、独特なマット感が特徴的です。平打ちのフォルムを活かして、大きく1面1面を打ち付けた鎚目のデザイン。
エッジに丸みのない平打ちリングとは、相性抜群です。カジュアルなマット加工なので、ファッションリングとの組み合わせもオススメ。

¥136,400 ¥154,000

この指輪をもっと詳しく

【18MA-008】おしゃれな多面デザインのマットな結婚指輪

¥138,600 ¥155,100

この指輪をもっと詳しく

【20TE-031】畳をイメージしたマットな和風模様の結婚指輪

¥135,000 ¥168,300

この指輪をもっと詳しく

温かみある雰囲気

手仕事ならではの温かみが宿る鎚目加工。世界にひとつの仕上がりに

金鎚で叩きながら1面1面手作業で模様を入れていく「鎚目(つちめ)加工」は、ハンドメイドならではの温かみが魅力。叩いてできた面に光が反射して、リング表面に動きが生まれます。
打つ際の力の強弱やどこに打つかなどの違いにより、まったく同じものは生まれません。手仕事ならではのクラフト感が好きなカップル、オリジナリティを求めるおふたりにオススメです。

Pick up

使う道具や力加減によって、鎚目のバリエーションは無限!

同じ鎚目でも使う道具の種類や力加減、指輪のフォルムによって仕上がりは大きく異なります。職人がおふたりの要望をもとに一つひとつ手仕事で仕上げるため、オーダーメイドならではの温かみを感じることができます。
鶴(mikoto)ではいくつかの種類を用意しており、使う工具だけでも「イモ鎚」や「タガネ」など多彩。サンプルリングを見比べながらどれが自分たちに一番しっくりくるのか、検討してみては?

結婚指輪のデザイン一覧

【18TE-007】槌目にマット(つや消し)加工を施したゴールドの結婚指輪

職人が一つずつ丁寧に面を打ち付けた、やさしい印象の鎚目リング。丸みを帯びたフォルムと、ふんわりとしたマット感が調和しています。面の一つひとつが比較的細かく、マットなので光の反射も控えめ。ナチュラルに手元に馴染むので、派手なジュエリーは苦手なカップルにもぴったりです。

¥154,000 ¥162,800

この指輪をもっと詳しく

【18TE-010】金鎚で打ちつけた大判の鎚目がかっこいい結婚指輪

¥165,000 ¥173,800

この指輪をもっと詳しく

【18MA-001】2色使いがおしゃれなコンビリングの結婚指輪

¥204,600 ¥217,800

この指輪をもっと詳しく

繊細なミルグレイン

リングを1周囲む粒は、“永遠の愛の証”の象徴。職人の技が光るデザイン

リングにぐるりと1周つながるように打ち込む「ミルグレイン」は、“永遠の証”として結婚指輪に施されることが多いデザイン。“千の粒”という意味合いの通り、規則正しく小さな粒が並ぶ様が愛らしく、古くから人気のある技法です。
1粒1粒を手仕事で施すミルグレインは、熟練の技あってこそのテクスチャー。オシャレなのに華美すぎず、どこかノスタルジックな雰囲気が漂うのも魅力です。

Pick up

職人の手仕事によるミルグレインは、別格の完成度。粒のアレンジも可能

型で鋳造したり打刻して施すものに比べ、職人の手仕事によるミルグレインにはメリハリがあり、繊細さが際立ちます。鶴(mikoto)のミルグレインはすべて手作業で1粒1粒入れるため、完成度の違いが一目瞭然!
清楚な印象になる小さめのミル打ち、より華やかな雰囲気の大きめのミル打ちなど、粒の大きさのリクエストにも対応しています。リングの輪郭(縁)だけでなく中央に打ち込むこともできるので、理想のデザインを探して。

結婚指輪のデザインをもっと見る

【19TE-024】ミルグレイン(ミル打ち)を施したプラチナの結婚指輪

プラチナの上品な光沢に、縁を飾るミルグレインが美しく調和。定番のマリッジリングが、アクセントを加えたことで華やかさを増しました。粒の大きさや丸み具合が一定で、粒のラインがまっすぐ入っているのは、高い技術を持つ職人が手掛けた証。指輪の太さに合わせてミルグレインの大きさを変えることで、バランスのよいデザインになります。

¥162,800 ¥184,800

この指輪をもっと詳しく

【18MA-016】ミルグレインを施した細身のV字デザインの結婚指輪

¥118,800 ¥126,500

この指輪をもっと詳しく

【18TE-001a】ミルグレインと彫りを合わせた職人の技が魅せる結婚指輪

¥196,900 ¥195,800

この指輪をもっと詳しく

鶴(mikoto)がブライダルリングに込める思い

おふたりらしい指輪と出会い、形づくられていく。その工程自体がかけがえのないものに

鶴(mikoto)では結婚指輪・婚約指輪を探したり、選んだりしている時間そのものを楽しんでもらいたい、という想いをスタッフ全員が共有。だからこそおふたりのペースで指輪選びを進めていくことができます。指輪という形あるモノだけではなく、体験そのものの価値を感じられるよう、専任のプランナーが打ち合わせから納品までおふたりのお手伝いをしています。

一生添い遂げる「鶴」のように、笑顔の絶えることのない家庭を

いい夫婦の日(11月22日)に誕生した鶴(mikoto)。夫婦どちらかの命が尽きるまで一生を添い遂げることから、夫婦鶴という言葉もある「鶴」と、うやまうという意味を持つ「尊」という漢字からmikotoという呼び方を取り名づけられました。いつまでも笑顔が絶えることなく、お互いをうやまう気持ちで支え合ってほしいという気持ちが込められています。

「Made in Japan」に誇りを。職人による妥協なきものづくりの精神

デザインはもちろん、着け心地や耐久性など、この先も使い続けるブライダルリングだからこそのこだわりを職人が形にしています。繊細に、細かな気配りを込めて職人がひとつひとつ丁寧に作り上げる指輪は、日本製だからこその仕上がりに。おふたりのライフスタイルになじむ唯一無二の指輪をぜひその手で確かめてみてください。