ウェルカムベビーの結婚式場 節分らしい恵方巻き風ケーキや豆...(口コミ・体験談) | ウェディングスホテル・ベルクラシック東京

節分らしい恵方巻き風ケーキや豆まきも! ドラマティックな会場演出で、ゲストの心にも残る一日に
健太さん&梨奈さん

結婚式会場:カナ・ゴスペルチャーチ

挙式日:2019年2月3日(日) 挙式スタイル: 人前式 
招待人数: 80名

この先輩カップルをお気に入りに追加

  • 「おふたりは2月3日の節分に結婚式を挙げられたそうですね。」

    はい。当日はお日柄として理想的ではなかったのですが、ふたりともあまりそういうのは気にならないほうで(笑)。たまたま選んだ日が節分に当たったため、スタッフさんから「フラワーシャワーのときに豆まきをしませんか?」とご提案いただきました。その言葉でしきたりや形式に縛られず、柔軟にふたりらしい結婚式にしてもいいんだと気づかされました。ゲストのみなさんに楽しんでいただけることがしたいと考えていたこともあり、そこからやりたいことのイメージが膨らんでいきました。
    ファーストバイトに、恵方巻きをモチーフにしたロールケーキを使ったのもそうです。お互いに丸ごと1本を食べさせ合うという演出で、ゲストの方にもおもしろがっていただきました。スタッフさんは常々「どんなことでも言ってもらえれば、最大限のことをさせていただきます!」とおっしゃってくださっていて。実際NGをいただいたことはなかったです。「ガーデンで豆まきをすると、鳥が集まって来るのでは?(笑)」という心配があったのですが、袋入りの豆を使うことをご提案いただき、無事、豆まきも実現できました。

  • 「もともと「ウエディングスホテル・ベルクラシック東京」を選ばれたのはどうしてですか?」

    当初は結婚式に対するイメージもこだわりもありませんでした。母と一緒にウェブサイトを見ながら「ここは雰囲気がいいね。”衣裳の種類も豊富”と書いてあるよ」と、なんとなくの候補に挙げたのが「ウエディングスホテル・ベルクラシック東京」でした。
    実際に見学すると、できたばかりという披露宴会場「コンコード」のラグジュアリーな雰囲気がとても気に入りました。ライティングなどを使った最新演出ができるとお聞きし、華やかな披露宴になるだろうなと想像が膨らんで。とはいえ最大の決め手となったのは、スタッフさんの存在です。私たちが見学している際に、たまたま結婚式の準備を他会場でされていたのですが、スタッフさん方がテキパキとお仕事されているのを見て、私たちのときもきっとこんなふうにしっかり準備をしてくださるのだろうなと。一番最初に見学した結婚式場だったのですが、迷いなくこちらに決めました。

  • 「選んだ決め手はスタッフさんとのことですが、準備を進める中での印象はいかがでしたか?」

    とてもよかったです。私たちがやりたいことのキーワードを出すと、そこから「では、こんなのはどうですか?」と具体的に話を広げてくださるのでとても助かりました。たとえば、披露宴の際の演出。久しぶりにお目にかかるゲストが多かったのでゆっくり話ができる時間がほしいと思い、余興をやらないことにしたのです。その分間延びする心配もあったのですが、ドレスの色当てクイズをご提案いただいて。ゲストが予想するドレスの色のペンライトをそれぞれかかげていただくなど、全員参加型の演出が好評でした。
    中座の際のエスコート役を決めるときもそうです。私が妹を希望したところ「ご姉妹なら何かおもしろいことを」とご提案いただき、妹へのインタビュー付きの中座をすることに。主人は私に合わせて兄弟の誰かひとりを指名しようと思っていたそうですが、「せっかくなら全員で」とスタッフさんからご提案いただき、全員集合することに。義両親がとても喜んでくれたそうで、親孝行にもなったかなと思います。

  • 「それはよかったですね! 結婚式は人前式を選ばれたそうですが、その理由は?」

    ゲストの方に向けた結婚式にしたいという思いがあったので、人前式を選びました。誓いの言葉は主人が自分で考えたのですが、昆虫好きということでクワガタやカマキリのエピソードも盛り込んだものになりました(笑)。自分たちらしさを出せたかなと思いますし、それまで厳かだった空気が一気に和やかになったので、それも成功だったと思います。
    アフターセレモニーとして豆まき付きのフラワーシャワーの他に、私はブーケトスをしました。義兄が自分の結婚式でブロッコリートスをしたのですが、主人は「それを超えるものを投げたい」と(笑)。ブロッコリーにトゲが生えたようなロマネスコという野菜を投げ、その演出も盛り上がりましたね。

  • 「最新のライティング演出に惹かれたという「コンコード」での、披露宴はいかがでしたか?」

    左右の階段上からそれぞれに入場して、センターに向かって降りていくという演出をしました。ライティングも華やかで、ゲストは「ここまですごい入場は見たことがない」と(笑)。みなさんに楽しんでいただけたのが、何よりでした。
    お料理は和洋折衷コースを選びました。ゲストが主軸ということでお料理のおいしさは重視していたので、今思えばそれもこちらを選んだ大きな決め手でしたね。ゲストのみなさんからも「おいしかった!」と、とても好評で。婚礼料理ではフレンチも多いと思いますが、和のメニューが出てきたことを喜んでくださる方もいました。お箸でも食べやすくなっていて、それもよかったです。お色直しもあるので、私は食べるタイミングを迷っていたのですが、そばについてくださっていたアテンダーさんが、「今なら食べられます!」と教えてくださって。そのおかげで、私も披露宴中においしくいただくことができました。

  • 「当初期待されていた、衣裳の豊富さは実際いかがでしたか? 満足できるものでしたか?」

    大満足です。着たい色は最初からチェリーピンクと決めていたのですが、豊富にそろっていたのでその中でも迷いました。選んだカラードレスは、入っていたグラデーションの美しさとキラキラした質感が決め手となりました。会場のライティングのおかげでさらにキラキラ輝かせることができたので、それも満足です。
    印象に残っているのは、お開き後にスタッフさんおひとりずつから挨拶をいただいたことと、ホテルロビーでフラワーシャワーとともに「おめでとうございます」と祝福していただいたこと。最初はなんとなくの雰囲気で訪れた「ウエディングスホテル・ベルクラシック東京」でしたが、ステキなスタッフさんがたくさんいる、とてもよい結婚式場に巡り合えたと思っています。ゲストには「今までにない結婚式だった」と言っていただくことが多いです。それだけみなさんの心に残る結婚式にできたのは、スタッフさんのおかげと大変感謝しています。

先輩カップルフォトギャラリー

マイナビウエディング限定特典

口コミ・体験談をすべて見る

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています