コンテンツ
powered by マイナビウエディング

プロポーズが近いかも! 前兆を感じるサイン7選と受ける前に準備しておくこと

2022/09/02 更新

お知らせ

<当サイト内のおでかけ情報に関して>
新型コロナウイルスの影響で、紹介されている施設やイベントは営業時間の変更や中止の可能性があります。あらかじめご出発前に最新の公式情報をご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
付き合っているパートナーとの結婚を意識し出すと、気になるのがいつプロポーズされるかということ。プロポーズを待つ期間は、パートナーのちょっとした行動も気になってしまうのではないでしょうか。一般的に、プロポーズの前触れや予兆にはどのような行動がみられるか、またよくあるプロポーズのタイミングについてご紹介します。
婚約指輪診断
目次
目次を開く

プロポーズ前に何か前兆を感じることはあった?

プロポーズアンケート結果
マイナビウエディングUs編集部では、プロポーズを受けたことのある人に、プロポーズの前兆があったか、その日にプロポーズがあると勘づいたかどうか調査を実施。すると、「はい」と回答した方が57%、「いいえ」と回答した方が43%という結果になり半数以上が、プロポーズの前触れを感じていたことがわかりました。

<調査概要>
調査元:マイナビウエディング公式Instagram
調査期間:2022年8月23日~24日
調査数:120回答
調査方法:マイナビウエディング公式Instagram内のストーリー単一回答アンケート
調査対象:プロポーズをされた人

プロポーズの前触れを感じる相手の言動や行動とは?

プロポーズの前触れ
多くの人がプロポーズを事前に察知していたように、相手がプロポーズを考えている場合はいつもとちょっと違った行動がみられることも。具体的にどのような行動がみられるのか、プロポーズの前兆となる行動や言動をご紹介します。

指輪のサイズを気にしていた

指輪のサイズや好きなブランドを聞かれたり、指輪について情報収集を行っている場合は、婚約指輪を贈りたいと考えている可能性があります。

家族や友人など大切な人を紹介された

結婚を考えている相手だからこそ、自分の家族や親友、仲のよい会社の同僚などには事前に紹介を済ませておきたいと考える人もいるでしょう。親や友人に会わせるということは、それだけあなたのことを大切に思っているということ。

将来の話が増えた

理想の結婚生活や将来住みたい家、家族像など、将来の話を聞かれるということは、ふたりで過ごす未来を考えているということ。プロポーズされる日も近いかもしれません。

貯金をはじめた

パートナーが急に貯金を始めたり、節約を意識したりするようになった場合も結婚を考えているケースが考えられます。いざ結婚しようとなると、婚約指輪や結婚式、新生活の準備で何かとお金が必要になるもの。プロポーズの前にある程度お金を貯めておいて、相手を安心させたいという気持ちがあるのかもしれません。

いつもとは違うデート場所や日程の指定があった

普段行かないような高級レストランを予約している、景色がきれいなスポットへ誘われたなど、いつもと違うデートを考えている場合、プロポーズの前兆である可能性が高いかもしれません。何日も前からデートの日を約束している場合も、パートナーがサプライズでプロポーズを計画していることが考えられます。

仕事への取り組み方が変わった

結婚をすると、共に生活をしていく責任がうまれるもの。そのため、以前よりも仕事に熱をいれて取り組んでいたり、昇進や資格取得に積極的になったりしている場合は、プロポーズの予兆かもしれません。将来を見据えてがんばるパートナーをあたたかく見守ることができると、ふたりの絆も強くなりそうです。

新しい車や家、家電などに興味を持ちはじめた

「一緒に住むなら家はどうする?」「どんな家電が欲しい?」など、新生活に向けて聞かれる場合、パートナーはなるべく早く一緒に住みたいと思っている可能性も。

もしかして今日? よくあるプロポーズのタイミング

プロポーズ
パートナーにプロポーズの前触れのような行動がみられると、「いつプロポーズされるのか」とそわそわしてしまいますが、希望通りのタイミングでプロポーズされるとは限りません。実際にどんなタイミングが多いのか、よくある6つのパターンをご紹介します。

誕生日

お互いの誕生日は特別感があり、プロポーズしやすいタイミングのひとつ。普段行かないようなレストランで食事をした後、最後にサプライズでプロポーズされることもあるかも。また、誕生日のように毎年お祝いするイベントと合わせることで、プロポーズがあったことを毎年思い出してお祝いすることができます。

ふたりの記念日

付き合い始めた日やふたりが出会った日、初めてデートをした日など、ふたりにとって大切な記念日を選んでプロポーズする人も多くいます。記念日付近でいつもと違ったデートに誘われた場合は、パートナーがプロポーズを検討しているかも。

クリスマス

イルミネーションがきらめき、ロマンチックな雰囲気を味わえるクリスマスは、ホテルやレストランでもクリスマスイベントや、オリジナルのコース料理が用意されています。ふたりでゆっくりと食事を楽しめるほか、ホテルのプロポーズプランなどを利用して、特別なシチュエーションでプロポーズを演出してもらえるかも。

プロポーズの日

実は、6月の第一日曜日は「プロポーズの日」。お休みの人が多い日曜日に制定されているので、週末のデートと合わせてプロポーズを検討している人も。記念日にプロポーズしたいけれどタイミングが合わないなどの場合にも、ロマンチックな記念日としてプロポーズの日に選びやすいでしょう。

旅行したとき

普段のデートで改まってプロポーズをするのは、何だか恥ずかしいという人も中にはいるでしょう。旅行先でプロポーズをすれば、特別な演出をしなくても旅行自体が非日常的なので、サプライズ感がよりアップします。毎年、プロポーズの記念旅行をするなど新たな記念日として楽しめそうです。

なんでもない日

カップルの中には、かしこまった演出や緊張感のあるシチュエーションが苦手という人もいるでしょう。家で一緒に過ごしているときのふとした瞬間にプロポーズをする人も実は多く、自然の流れで気持ちを伝えているカップルもいます。ほかのタイミングに比べると、プロポーズの前兆を感じにくいかもしれませんが、ふたりの新しい記念日が増えることになるのもステキですね。

これってプロポーズ? プロポーズの言葉は「結婚してください」だけじゃない

プロポーズの言葉
プロポーズといえば「結婚してください」というセリフが定番ですが、最近でははっきりと「結婚してください」と伝えず、実はプロポーズのつもりだった! なんてカップルもみられます。受ける側の想像力が必要な場合もありますが、どんなセリフでプロポーズをしているのでしょうか。

「一緒に住もう」

プロポーズの言葉としては少しわかりづらく、同棲の誘いのように受けとることもできるこの言葉。これから一緒に過ごす時間を増やしたい、と考えてプロポーズの言葉にしているケースが考えられます。プロポーズなのかどうかわからない場合は、勘違いの可能性もあるので相手に勇気を出して聞いてみましょう。

「親に会って行く?」

相手の実家の近くでデートをした際に、「親に会っていく?」と急に誘われることがあるかもしれません。改まって親に紹介する機会を設けると必要以上に緊張してしまうことから、デートのついでに親に紹介したいと考える人もいるようです。心の準備ができず戸惑ってしまうかもしれませんが、親に会わせたいほど大切な人ということでプロポーズの意味を込めていることが考えられます。

「一緒に指輪を買いに行こう」

結婚しようと直接言うのが恥ずかしい場合、指輪を買いに行こうと伝えることでプロポーズの代わりとしているケースもあります。一般的には婚約指輪や結婚指輪を意味することがほとんどですが、恋人の証であるペアリングと勘違いしてしまうことも考えられます。迷った場合はストレートに「これって婚約(結婚)指輪のこと?」と笑顔で聞いてしまいましょう!

「いつ籍をいれる?」

付き合っている期間が長いときや、何年も同棲しているカップルによく見られるパターンのひとつ。相手にとっては当然結婚をするものだと考えていることから、改めてプロポーズはせずに、具体的なアクションの提案となってしまう場合もあるようです。言われる側はびっくりしてしまいますが、結婚したいという気持ちを前向きに受け取っておきましょう。

なかにはプロポーズを予告されるケースも!

プロポーズといえば一般的にはサプライズで行われるケースが思い浮かびますが、なかにはプロポーズを予告される場合も。どう反応していいか戸惑ってしまうかもしれませんが、パートナーが予告をする背景には、

・結婚の意思があるかどうか不安なので事前に確認したい
・プロポーズ予定の場所がドレスコードのある施設なので事前に伝えておきたい
・サプライズが苦手な相手を思ってあらかじめ伝えておいた

といった事情があるかもしれません。
プロポーズの新鮮さは少し薄れてしまいますが、予告をされた際はどのように返事をするか事前に考えておきましょう。

プロポーズの前触れを感じたら! 準備しておきたいこと&心構え

プロポーズの予告
プロポーズの前触れや予兆を感じたら、実際にプロポーズをされる前に準備しておきたいことがいくつかあります。いつプロポーズされてもいいように、事前に心構えをしておきましょう。

自分の気持ちを確認しておく

まずは、プロポーズをされたらどう返事をするか考えておきましょう。今すぐOKと返事ができるのか、もしくはいずれは結婚したいと思っているけれど、今はまだ時期が早いと考えているのかなど、自分の気持ちを整理しておきましょう。プロポーズの予感を感じたら、相手にどう伝えたらいいかシミュレーションをしておくのもオススメです。

お金の使い方を見直す

これまではひとりで自由に使っていたお金も、結婚を機にふたりで管理することになるかもしれません。結婚するとなると、結婚式や新居の準備にお金がかかるため、むやみに浪費するのは避けておきましょう。 家を買うか、また子どもが欲しいかなどによって将来設計が変わるので、気持ちとお金には余裕を持っておくと後々の選択肢が広がります。

相手の家族について聞いてみる

結婚することになったら少なからずパートナーの家族とも関わりを持つことになります。パートナーが普段家族とどういったコミュニケーションをとっているのか、家族がどんな人なのかを事前に聞いておくと、結婚後のイメージもつかみやすいかもしれません。また、相手の家族との共通点を探しておくと、実際に挨拶をするときも会話が弾みやすくなります。

婚約指輪を検討してみる

希望の婚約指輪を聞かれたときのために、好みのブランドやデザインなどを調べておきましょう。パートナーがサプライズで用意してくれそうなときは、さりげなく希望を伝えてみてもいいかも。婚約指輪にこだわりがある場合は、指輪のサイズを聞かれたときに「一緒に選びたい」と伝えておくとスムーズ。相手にとっても指輪選びの負担が軽くなります。

プロポーズされたらどう答える?

プロポーズの心構え
実際にプロポーズをされたら、その場で返事を伝えるのがベストですが、どのように答えるのがいいのでしょうか。

プロポーズに対して返事がYESの場合は、素直に「はい」「よろしくお願いします」などと答えるようにしましょう。プロポーズを受けてうれしかった、感動したなど、感情をストレートに伝えられると相手にも喜ばれます。感動して言葉が出てこない場合は、ただうなずくだけでも気持ちは十分伝わります。

返事がNOの場合は、きちんと理由を話すようにしましょう。気持ちを伝えてくれたことへの感謝は伝えつつ、じっくりと考えた結果であることを、誠意をもって伝えます。面と向かって返事をするのが難しい場合は、後日手紙で伝えるのもひとつの手です。

すぐに返事ができない、またもう少し時間がほしいときには、保留という選択肢も。ただし、相手は返事を待っている間も不安な気持ちでいっぱいになるので、1カ月以内には返事をするようにしましょう。

プロポーズしてもらいたいときに効果的なこと


プロポーズの前兆は見られるのに、なかなかプロポーズしてもらえない。こんなときは焦ってしまいがちですが、下手な行動はかえってプロポーズを遅らせてしまうことにもなります。ここでは、プロポーズに効果的だと考えられる行動を5つご紹介します。

結婚したい年齢を事前にアピールしておく

節目の歳が近づくと、そろそろ結婚したいなと思う人も多くいることでしょう。しかし、相手にとって年齢は単なる数字であり、結婚の時期を判断するものではないと考えているかもしれません。結婚したい年齢が具体的に決まっている場合は、事前にアピールしておくようにしましょう。

相手が落ち込んだときや悩んだときには受け入れる

自分が落ち込んだときや悩んでいるときに親身になって相談に乗ってくれた、思いやりのある言葉をかけてくれたなど、さりげないサポートを受けた時に付き合っている相手との結婚を考えることがあります。困っているときに寄り添ってもらえることで、大切にしたいという気持ちが強くなり、結婚へのあこがれやメリットを感じやすくなるでしょう。

相手の親しい友人と仲良くなる

なかなかプロポーズの前兆が見られないときは、外堀から攻めるのも効果的です。相手の友人と仲良くなることで、パートナーのことをより深く知ることができるほか、友人から好印象を持ってもらえれば、友人がプロポーズするように後押ししてくれるかもしれません。

結婚相手に求める条件を聞いてみる

結婚相手にどのような条件を望んでいるか、聞いてみるのもひとつの手です。たとえば、家事と仕事をふたりで分担できる、休日はふたりで過ごす時間をつくる、自分の家族を大切にできるなど、聞いてみて初めて相手の価値観を知ることもあるでしょう。あらかじめ条件を聞いておくことで、お互いに歩み寄れるポイントを見つけやすくなります。

ふたり暮らしをイメージさせる

プロポーズをなかなか決意できない背景には、結婚生活が想像できないという理由も考えられます。結婚のイメージがわかない相手には、一緒に料理を作ったり趣味を楽しんだりすることで、結婚生活への楽しさやワクワク感を想像しやすくなるでしょう。

プロポーズの前兆は人それぞれ。焦りすぎずタイミングを待って。

ここで紹介したプロポーズの前兆以外にも、予想外のタイミングでプロポーズがあるかもしれません! いつもと違うなと思う行動が見られたら、少しずつプロポーズを受けるための準備をしておきましょう。プロポーズがない場合も、人それぞれベストなタイミングは異なるので、焦りすぎずにパートナーとの今を楽しめるとステキですね。
Us編集部
Us編集部は、結婚情報サイト「マイナビウエディング」の運営に携わり、数多くのカップルの出会いと結婚にまつわる声を集めてきました。
その知見をベースに、パートナーシップがより深まる「きっかけ」と、ふたりが一歩前に進む「きっかけ」を、ふたりへお届けします。

Twitter:@Us_mynavi
関連記事
手作りの結婚指輪を持つカップルは、既製品の結婚指輪を持つカップルよりも仲良し⁉ 夫婦実態調査結果
Us編集部
2023/01/06 更新
親に結婚を反対されたらどうする?  親の同意を得ないまま結婚した後に起きる5つのこと
Us編集部
2022/12/31 更新
何のために結婚するの? 結婚する意味や理由がわからない人が知っておきたい5つのこと
Us編集部
2022/12/30 更新
満天の星空の下でロマンチックなプロポーズはいかが? プラネタリウムを貸切るサプライズプロポーズプラン
Us編集部
2022/12/14 更新
歴史あるチャペルで最高のプロポーズを! 「クリスマス プロポーズ ステイ」販売
Us編集部
2022/12/12 更新
ピックアップ
結婚前に同棲した? してない? メリット・デメリットを徹底解説
Us編集部
2021/10/15 更新
遠距離恋愛から結婚につなげるには? 決め手やタイミングなどパートナーとの結婚をスムーズに進めるコツ
Us編集部
2022/08/03 更新
同棲の新生活に必要なものって? 家具家電リストと初期費用の目安、オススメのショップを紹介
Us編集部
2022/07/27 更新
108本のバラでのプロポーズはアリ?ナシ? 意外な女性の本音とは......?
Us編集部
2022/08/30 更新
婚約指輪診断