底辺ユーチューバーがバズの成功者に聞く! ウェブプロモーション3つの秘訣

おやくだち ピックアップ ファミリーウエディング(パパママ婚)

f:id:katsuse_m:20160316003533j:plain

こんにちは、底辺ユーチューバーの藤原麻里菜です。

私は、無駄なものを作る『無駄づくり』というYouTubeチャンネルで動画を投稿しています。

『歩くたびにおっぱいが大きくなる装置』や『10回腹筋をしたら1個だけマシュマロが出てくる装置』などを一生懸命作っているのですが、全く人気がありません。

早く一発当てて、荒川区からドバイに引っ越したい。

ところで、マイナビウエディングが、1組のファミリーの結婚式に密着したドキュメンタリームービー「パパとママの結婚式」を公開しました。


パパとママの結婚式【マイナビウエディング】

今回の動画の音楽を担当している「WHITE JAM」は、インディーズ時代に作ったプロモーションビデオ『ウソツキ』が、YouTubeで800万回以上再生され、iTunesの総合アルバムチャートで1位を獲得するなど、ウェブプロモーションで成功したアーティスト。

そして、この動画の監督の志真健太郎さんは、『The Sleeping Drunks Billboard(寝ている酔っ払いの広告)』という日本の酔っ払いをユニークに切り取った映像作品で海外を中心に大バズを生み、世界の3大広告賞であるTHE ONE SHOWを受賞された方です。

ウェブプロモーションの成功者と、映像の成功者......。

この方々に成功の秘訣を洗いざらい聞けば、『無駄づくり』の人気が爆発するにちがいない!

使えるものがインターネットしかなかった

f:id:katsuse_m:20160316003600j:plain

今回お話を伺った、動画監督の志真健太郎さん、「WHITE JAM」ラップ担当のGASHIMAさん、プロデューサー兼メインボーカル担当のSHIROSEさん、ボーカル担当のNIKKIさん(左→右)。皆さんオーラが出すぎていて、何度か失神しかけました。

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「よろしくお願いします。今回は、皆さんにウェブプロモーションについてお話を伺いたいです!」

f:id:katsuse_m:20160322190116j:plain「よろしくお願いします!」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「早速ですが、どうしてプロモーションの場としてYouTubeを利用しようと思ったんですか?」

f:id:katsuse_m:20160322190110j:plain単純に、それしかなかったんです」

f:id:katsuse_m:20160322190116j:plain「当時は、ちゃんとしたPVを作ったことがなくて、『PV作りたいけど、どうしよう?』っていうところから始まりました。予算が10万円しかなかったので、知人のバーを借りたりして、一から作ったのが『ウソツキ』なんです」


WHITE JAM - ウソツキ 「新曲"咲かないで" 絶賛配信中」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「最初に作ったPVがバズるのは凄すぎる」

f:id:katsuse_m:20160322190110j:plain「『バズらせよう!』とかは全く考えてなかったですね。『やりたい』と思ったことをやるようにしています」

f:id:katsuse_m:20160316003557j:plain

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「YouTube以外のSNSでプロモーションはされているんですか?」

f:id:katsuse_m:20160322190116j:plainプロモーションではないんですけど、Twitterを活用してイベントをやりましたね。フォロワーに色々なミッションを出して、それを遂行できた人の中から抽選して、当選した人の家に行くっていう企画です。1日で岡山、京都、静岡を周りました」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「プロモーションじゃな...い......?」

f:id:katsuse_m:20160322190110j:plain「『ファンの家行ったら面白くない?』って盛り上がって、そのまま実行しただけだったんですよ。

利益はゼロで、大赤字です。僕は、ATMからお金を下ろしまくってました」

f:id:katsuse_m:20160322190116j:plain「でも、その日はずっとTwitterのトレンド入りしていたので、そこから私たちのことを知ってくれた人もいました。だから、結果的にプロモーションにもなったのかな。

あと、この企画から『家庭訪問』っていう曲を作りました。自分たちが経験したことから曲を作っているので、こういったイベントの思い出も大切にしています」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「採算を考えず、純粋に楽しいと思う企画をやることが大事なのかもしれないですね」

誰でも映像が作れる時代だからこそ自分にしかないものを

f:id:mynaviwedding:20160323144751j:plain

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「監督は、作品づくりで心がけていることはありますか?」

f:id:katsuse_m:20160322190120j:plain「スマホで簡単に映像が作れる時代に、映像の仕事をしているので、誰でも撮れるものは撮りたくないですね。自分にしか撮れないものを撮りたいです」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「監督された『The Sleeping Drunks Billboard(寝ている酔っ払いの広告)』は、『泥酔して道端で寝ているサラリーマンを、寝ている隙に広告として使ってしまう』というアイディアがおもしろい動画ですよね。軸となるアイディアをより広げるような映像だと感じました」

f:id:katsuse_m:20160322190120j:plain「そうですね。これは、iPhoneで撮影しても面白い動画だと思います。

でも、東京の街をきちんとした器材でちゃんと撮影することで、まるで東京じゃないように見える。外国のような街で、スーツを着たサラリーマンが酔っ払って道で寝ている映像が映されることによって、『あ、これって日本だけなんだ』と思えるのを狙ったんです」

動画のプロモーション成功の鍵は「いつ見るか」

f:id:katsuse_m:20160316003619j:plain

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「めちゃくちゃ貴重なお話ありがとうございます。あの......僭越ながら、私が作った動画を見てアドバイスをいただきたくて......」

f:id:katsuse_m:20160322190116j:plain「超気になってました」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「『歩けば歩くほどおっぱいが大きくなる装置』という動画なんです。こんな良い話の後に見せるのが忍びなさすぎて逃げたい......

f:id:katsuse_m:20160322190120j:plainBGMが良いね」

f:id:katsuse_m:20160322190116j:plain「欲しい!」

f:id:katsuse_m:20160322190110j:plain「胸が膨らんだ後のドヤ顔が良い」

f:id:katsuse_m:20160322190125j:plain「......僕、これを拡散する方法分かりました」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「え!?」

f:id:katsuse_m:20160322190125j:plain「例えば、電車が大幅に遅延したときに、駅のホームでコレを実際にやるんです。そうしたら周りにいる人たちが、『何か変な人がいる』って写メを撮ると思うんですよ。で、『電車待ってたら、こんな人がいた』ってSNSに投稿して、そこから拡散に繋がるはずです。

もっと言えば、複数人でゲリラ的にやると面白いかも。同時刻に違う駅で、この装置をつけた人が出没したら、『◯◯駅で見た!』『△△駅で見た!』ってSNSが盛り上がりそう」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「めちゃめちゃ面白いじゃないですか」

f:id:katsuse_m:20160322190110j:plain「でもこれ、既に100万回も再生されてるじゃないですか」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「タイトルに『おっぱい』をつけることで興味を引かせる、姑息な手を使ってるんです。見てください、BADボタンがめちゃくちゃ押されてるんですよ......」

f:id:katsuse_m:20160322190125j:plain「それは、『いつ動画を見るか』というのを考えたらいいんじゃないかな。

巨乳の動画を探している人に向けても、求めているものと違うから、BADボタンが押されちゃう。

さっきの例でいうと、電車が遅延している時って、沢山の人にスキマ時間ができる。そのスキマ時間に、こういう動画がハマると思うんですよね。遅延でイライラしている中、ひと笑いが起きて、それがプロモーションに繋がれば、両者が幸せになりますよね」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「確かに。『どんな人にどんな時に動画を見て欲しいか』を考えれば、効果的なプロモーションができる!」

f:id:katsuse_m:20160322190125j:plain「あとは、ネットは瞬間風速が早いから、思い立ったらすぐに実行すること。1分でも早くやったほうがいいです」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「 今すぐやります」

f:id:katsuse_m:20160322190120j:plainとりあえず電車が遅延するまで待とう」

悩みと共感がバズを生む

f:id:mynaviwedding:20160323144911j:plain

f:id:katsuse_m:20160322190125j:plain「この動画はどうやって思いついたんですか?」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「貧乳が悩みで、どうにか解決できないかなあと思って、作りました」

f:id:katsuse_m:20160322190125j:plain「そうですよね。僕も、悩みから企画が生まれることが多いです。

『ウソツキ』もそうで、僕が高校生のときに悩んでいたことをそのまま表現しました。それが拡散されたのは、きっと同じように悩んだ人に響いたんです。

人は、共感したときに共有したくなるんだなと感じました」

f:id:katsuse_m:20160322190120j:plain「共感で言うと、『The Sleeping Drunks?Billboard』も同じです。

バーのオーナーが『最近、酔っ払って道端で寝る人たちが増えた。もう少し綺麗に飲んで欲しい』と悩んでいて、それに共感できたんです。

それと、僕、ニューヨークにいるときに、泥酔して道端で寝ていたら、警察に捕まって号泣したことがあって(笑)。『あ、道端で寝れるのって日本だけなんだ』と知りました。アメリカから見たら、こういう光景は異様だなと、海外の視点に立って共感できました。その2つが重なったからこそ、作れた映像です」

f:id:katsuse_m:20160322190125j:plain「『悩みを解決する』ということは、かなり重要なことかなと思いますね」

f:id:mynaviwedding:20160323145004j:plain

f:id:katsuse_m:20160322190110j:plain「あとは、『熱量』です。

インターネットって、画面を通しているけれど、結局は人と人じゃないですか。

無機質なもので、人の心は動かない。めちゃくちゃアツい気持ちで活動している人や作ったものって、画面を通してもその熱が伝わるんだと思います。僕らは、それを大事にしたいです」

f:id:katsuse_m:20160322190105j:plain「ウェブ上だと忘れがちですが、一番大事なことかもしれません。最高のアドバイスありがとうございます!」

さいごに

改めて今回聞けたことをまとめると、良いウェブプロモーションには、以下3つの秘訣が隠されていそうです。

  • 「誰が、どんな時に見るか」を考える
  • 共感がシェアに繋がる
  • 画面を介しても熱量は伝わる

悩みから作品を作って、共感によってシェアを呼ぶ。とても、深い話を聞くことができました。

WHITE JAMさんは新曲『咲かないで』で、さまざまなバージョンのPVを作成しています。卒業をテーマにした曲なので「黒板アートVer」や、カラオケアプリnanaに投稿された1万人の歌声を1曲にしたものなど。これらを見ていても、"良いものはシェアされる"というゆるぎない事実を改めて感じました。

私はこれからも、熱量を持って無駄なものを作り続けます!

記事を最後まで読んでいただいたところで、改めてこの2組がコラボレーションした『ファミリーウエディング』のドキュメンタリームービーを紹介します。

ファミリーウエディングとは、結婚するときに挙式をしなかった夫婦が、出産を経て、子どもと一緒に挙げる結婚式のこと。そんな『家族の絆』を感じられるテーマで、WHITE JAMさんと志真監督は、どのような作品を作ったのでしょうか。ぜひ、ご覧くださいね!


パパとママの結婚式【マイナビウエディング】

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました!

■感動ドキュメンタリーの制作裏話

■家族の絆が深まる結婚式が増えています!

■キッズスペース完備! お子様連れも安心

■あわせて読みたい記事