ハワイ挙式・結婚式に必要な費用を徹底解説! 費用を抑える簡単テクニックもご紹介

ハワイガーデンウエディング

アフターパーティ・帰国後パーティ

もはやオシャレ花嫁の常識!?ハワイでタウンフォトをやるべき理由

世界遺産ウエディング

海外挙式の中で最も人気の高いハワイ挙式。そこでここでは、ハワイ挙式に必要な項目や費用について、ハワイ挙式をかなえた先輩カップルや、結婚式場探しの専門家であるマイナビウエディングサロンのスタッフが徹底解説します。

ハワイ挙式

photo:小さな結婚式 海外







ハワイでの結婚式にかかる費用は?

実際にハワイで結婚式をしたカップルがどのくらいの費用をかけたかはおおいに気になるところ。一般的に海外挙式は、旅費などを除いた純粋な挙式費用は【およそ50~100万円】で、ハワイ挙式もほぼこれに準じます。衣装や選んだチャペルによってもかなり変わってしまううえ、新郎新婦2人だけで行うのか、それともゲストを呼ぶのかで旅費を含めた総額が大きく変わります(招待人数が増えればそれだけ交通費や宿泊費がかかるうえ、料理などの準備も必要になります)。さらには、結婚式を行ったシーズンや場所、日程によっても金額は異なります。

予算に余裕があればホテルのグレードを上げたり動画撮影を追加したりもできますし、予算が合わないのであれば、フラワーシャワーなどの演出をやめたり、写真のカット数を減らすなどで調整が可能。2人で話し合い、結婚式のどこにこだわるかを見極めることが必要です。


費用も楽しみ方も・・・ハワイ挙式を仲介する手配会社を探して相談!

ハワイ挙式に必要な項目って?

ハワイ挙式

photo:ワタベウェディング


まずはハワイで結婚式をする際に費用がかかる一般的な項目をご紹介します。

○挙式料: 10万円~
施設使用料、牧師(立会人)、聖歌隊などのBGM、介添、ホテル~挙式会場までの送迎など

○パーティ費用:1人あたり1万円~
親や友人等ゲストを招き、挙式後に食事会やパーティを行う場合は、料理・飲み物・ウエディングケーキ

○写真:5万円~
挙式当日のスナップ写真、アルバム制作費、DVD費用等

○新婦衣装:20万円~
ウエディングドレス、アクセサリー・ベールなどの小物類、ヘアメイク
ハワイ挙式でのウエディングドレスの選び方とは?

○新郎衣装:5万円~
タキシードや靴などの小物類

○ブーケ・ブートニア:2万円~
挙式当日の花嫁ブーケと新郎の胸に挿すブートニア

○ペーパーアイテム:1人あたり数百円~
ゲストがいる場合は招待状やパーティでの席次表、席札、メニュー表など

○旅費:50万円~
日本からハワイまでの飛行機とホテルの宿泊費。2人分のほか、親族や友人の費用を負担する場合はその費用。その他移動のタクシー等

○その他挙式前後で滞在時に必要な費用
滞在時に観光も兼ねる場合はアクティビティ費用、移動・食事などの費用、ゲストの送迎、お土産など

なお、「結婚式全般にかかる費用(施設使用料や牧師への謝礼等)」や、「新郎新婦衣装」「ヘアメイク」等は、ハワイ挙式の手配会社が販売しているプランに含まれているのが一般的です。「集合写真」「前撮り」「ムービー」などの写真・動画撮影、送迎、フラワーシャワーなどの演出は、オプションとして手配会社が取り扱っている場合がほとんどですが、手配会社が「特典」としてサービスしているケースもあります。
いずれの場合も、選んだプランに何が含まれているのか事前にしっかり確認することが大切です。


ハワイでタウンフォトを楽しみ尽くすためのポイントはコチラ

ハワイ挙式の魅力や最新の人気チャペルランキングをチェック!


ゲストの旅費・宿泊費はどれくらい負担するもの?

ハワイ挙式

photo:JTB(JTBウエディングプラザ・JTBウエディングデスク)


ハワイ挙式の場合、ゲストの旅費をどれだけふたりが負担するかで、総額が大きく変わってきます。

■これを機会に...ゲストの旅費も「全額負担」派カップル
ゲストの航空券代や宿泊費など「全額負担」したカップルは『家族だけの挙式なので感謝の印に招待したかった』という意見が多いようです。 親御さまとおふたりだけ、など少人数の挙式の場合はパーティなどにかかる費用も少なくて済むので、日ごろの感謝をこめてゲストの旅費も「全額負担」するのもいいかもしれませんね♪

■ご祝儀やその他の部分でうまく調整! ゲストの旅費の「一部負担」派カップル
ゲストの旅費を「一部負担」したカップルは、『旅費は負担してもらい、現地のパーティ費用を負担した』『飛行機だけ負担した』という意見が多くありました。額によってはご祝儀をお断りしたり、現地でお車代として現金をお渡しすることもあるようです。

■ご祝儀はいりません!旅行も兼ねて...ゲストの旅費は「負担しない」派カップル
「負担しなかった」というカップルは『家族旅行を兼ねていたから』『ご祝儀の代わりとして負担してもらった』という意見が多くありました。挙式をかねて、久しぶりに家族旅行もステキですね♪

全額負担、一部のみ負担など、いずれにせよ事前にゲストにしっかりと伝えておくことが大切になってきます。


海外挙式の前日&当日のスケジュール・流れ

ハワイ挙式に参列するときの服装は? 男性・女性・親族ゲスト別の服装マナー

パターン別でハワイでの挙式費用相場を確認しよう!

次に、ハワイの結婚式にかかる一般的な費用の総額について、「新郎新婦2人だけで挙式」「両家の親のみを招待いて挙式+食事会」「親族・友人も招いて挙式+パーティ」の3大モデルケース別に解説します。


~ハワイ挙式の【3大】パターン~
①新郎新婦2人だけで挙式
②両家親のみ(親4名の場合)を招待した挙式+食事会
③親族・友人、計10名を招いた挙式+パーティ(披露宴)


① 新郎新婦2人だけで挙式・・・合計:100万~200万円
項目費用相場含まれているもの
挙式料10万円~30万円挙式施設使用料や牧師(立会人)、聖歌隊などの音楽、介添人、送迎など。※プランによって含まれるものが異なるので注意が必要。
新郎新婦衣装30万円~40万円ドレスとタキシード、衣装に付随するアクセサリ-などの小物類。※プランによって含まれるものが異なるので注意が必要。
ブーケ・ブートニア3万円~4万円花嫁ブーケと新郎の胸に挿すブートニア。※プランによって含まれるものが異なるので注意が必要。
写真撮影10万円~30万円記念フォト撮影※カット数はプランによって異なるので注意が必要。
旅費(2名分)50万円~100万円航空券やホテル宿泊費など。※時期やホテルのグレードによって大きく変動。

上記値段の「挙式料」「新郎新婦衣装」「ブーケ・ブートニア」「写真撮影」などはプラン内に含まれている場合が多くあります。また、値段に差額が出やすいものとして、衣装やブーケ、ブートニアをプラン以外のものからアップグレートした場合や、写真撮影のカット数を増やす、ビーチなどでのフォトツアーを追加した場合、アルバムの仕様を変更した場合などが挙げられるので、予算に応じてこだわりたいものとそうでないものをしっかり分けることが大切です。

ふたりだけのハワイ挙式!ふたりだからできる賢い節約術/贅沢したいお金のかけどころ♪


② 両家親のみ(親4名の場合)を招待した挙式+食事会・・・合計:230万~430万円

項目費用相場含まれているもの
①の費用総額100万円~200万円新郎新婦2人分の挙式関連+滞在費用
親の旅費・滞在費100万円~200万円(親4名)航空券やホテル宿泊費などを負担する場合。時期やホテルのグレードなどによって大きく変動。親が自身で出す場合も。
食事会12万円~16万円(新郎新婦+親4名)料理・飲み物・ケーキなど
その他の費用20万円~50万円 親の滞在中の飲食費や観光、お土産など。海外旅行に不慣れな場合は、オプショナルツアーに参加してもらうようなことも。滞在日数によって大きく変動


③ 親族・友人計10名を招いた挙式+パーティ(披露宴) ・・・合計:175万円~

項目費用相場含まれているもの
①の費用総額100万円~200万円新郎新婦2人分の挙式関連+滞在費用
ゲスト分の旅費・滞在費50万円~(10名分)ここの負担額で総額が大きく変わってきます。友人などはご祝儀を受け取らない代わりに、すべての旅費を各自で負担いただく場合もあります。
現地パーティ費(披露宴)24万円~36万円(新郎新婦+10名分) 挙式後の食事会やパーティでの料理、飲み物、ケーキなど
ペーパーアイテム0円~10000円招待状、席次表、席札、メニュー表など。席札やメニュー表はパーティ料金に含まれている場合も
パーティ演出1万円~5万円親への記念品ギフトやパーティ中の生演奏など


「ペーパーアイテム」は多くのカップルが手作りするか、ゲストがごく親しい人だけの場合は用意しないことも。 また、ハワイでの挙式後のパーティでは、演出としてウクレレの生演奏やフラダンスなど海外リゾート地ならではのものが人気ですが、これらを取り入れる場合は別途費用が追加になることもあるので要確認です。ちなみに、「パーティ演出」の中にある親へのギフトは、日本に持ち帰りにくい花束の代わりにレイを贈られる方も多くいます。

実際にハワイウエディングを挙げた先輩カップルの声を紹介!

ハワイ挙式を安くする、とっておきテクニック

ハワイで結婚式をしたいけど、なるべく費用を抑えたいというカップル必見! お手頃価格でハワイ挙式ができる、とっておきのテクニックをご紹介します。

【テクニック①】旅行のオフシーズンを選ぶ
ハワイは旅行先としても人気のエリアなので、大型連休をはずした旅行者が少ない時期が狙い目。具体的には、G.Wを除く4~6月と、年末年始の休みを除く10月~3月です。特に10月~3月のハワイは雨季にあたるので、ひそかに人気なのは G.Wを除く4~6月。オフシーズンですが、この時期に挙式を希望される場合は、早めに予約しましょう。

【テクニック②】平日挙式を選ぶ
日本での結婚式と同じく、仕事の休みを考慮するとどうしても土日を絡めた日程になってしまうため、ハワイでの結婚式も土日に挙式をするカップルが大半です。そのため平日の結婚式は安く設定されていることが多く、また航空チケットやホテルの宿泊費用も平日は土日に比べて安いため、大幅なコストダウンが期待できます。

【テクニック③】挙式直前の日取りを選ぶ
海外挙式の手配会社が出しているハワイ挙式プランの中でも、挙式までの日程が迫っているプランは、セール価格になっていてオトクなことも! 人気のチャペル・教会でも日程が空いていることもあるので、2人だけの挙式などお休みの都合をつけやすいカップルは是非検討してみて。


全部丸ごと格安で! 憧れのハワイ挙式をリーズナブルにかなえるコツをご紹介
ハワイの新婚旅行を楽しみ尽くす! ホテル・観光・費用完全ガイド



アフターパーティ・帰国後パーティ
海外挙式のノウハウトップへ