結婚式場探しならマイナビウエディング > 海外挙式・海外ウエディング > ハワイ挙式・ハワイ結婚式 > ふたりだけのハワイ挙式!ふたりだからできる賢い節約術/贅沢したいお金のかけどころ♪

ふたりだけのハワイ挙式!ふたりだからできる賢い節約術/贅沢したいお金のかけどころ♪

ハワイガーデンウエディング

アフターパーティ・帰国後パーティ

もはやオシャレ花嫁の常識!?ハワイでタウンフォトをやるべき理由

リゾート気分が満喫できる海外挙式の中でも、ダントツの人気を誇るのがハワイ挙式。年間を通じて過ごしやすい気候であることはもちろん、アクセスの良さや日本語が通じる安心感がその理由。また、ハネムーンを兼ねたふたりだけの挙式の場合、たっぷり楽しめるコンテンツが用意されているのもハワイ挙式の魅力です。そこで、今回はできるだけお得に費用を抑えたハワイウエディングを叶えたいカップルも、ちょっと贅沢な気分を味わいたいカップルも大満足できる二人だけのハワイ挙式について詳しくご紹介します。

ハワイ挙式 二人だけ





ふたりだけだから安くできる!
 1.リーズナブルにハワイ挙式ができるのはなぜ?

ハワイ挙式


-ふたりの旅費+αで費用が計算できる
親族や友人などゲストを招いたハワイ挙式の場合は、それだけ飛行機などの交通費や宿泊費はもちろん、パーティにかかる費用も人数に応じてかさんでしまいます。でも、ふたりだけのハワイ挙式であれば、基本的には「旅費」「挙式料」「衣装代」「写真代」+オプションで、ふたり以外の旅費を気にしなくてよいのでリーズナブルに憧れのハワイウエディングがかなえられます。

-平日挙式プランをチョイスできる
日本での結婚式同様、ハワイも休日のウエディングは人気が高く、その分費用も高い設定になっている場合が多くあります。でも、ふたりだけのハワイ挙式であれば、曜日は気にすることなく、比較的空いていて費用もリーズナブルに抑えられる平日の挙式プランを気兼ねなくチョイスできます。

-旅行のオフシーズンが選べる
観光スポットとしても人気のハワイは、年末年始やGW、お盆期間といった大型連休以外のオフシーズンは、旅費そのものが安くリーズナブルなウエディングを希望するカップルにおすすめのシーズン。ふたりだけのハワイ挙式なら、ゲストの休暇期間を気にすることなくウエディングスケジュールが決められるので、オフシーズンはお見逃しなく

-フォトウエディングを思い切り楽しめる
セレモニーを最小限に抑えて、フォトウエディングを思い切り楽しむというのもひとつ。フォトウエディングをメインにすれば、セレモニーにかかる費用をカットできることはもちろん、ゲストとのパーティやスケジュールを気にすることなく、ふたりだけの世界にどっぷり浸ることができるのも、二人だけのハワイウエディングの魅力的な過ごし方です。

全部丸ごと格安で! 憧れのハワイ挙式をリーズナブルにかなえるコツをご紹介

2人だけのハワイ挙式にぴったりのプランを探す(安い順)



2.ハワイ挙式にも直前オトクプランがある!

ハワイ挙式


旅行などでも「直前割」があるように、ハワイ挙式にも直前に予約するとお得な料金や特典が受けられるプランがあります。二人だけのハワイ挙式なら、ゲストのスケジュールを気にすることもないので、二人の休暇に合わせて直前のオトクプランでハワイ挙式を挙げることができます。中には最大50%OFF以下などのビックリプランもあるので、費用を押さえたいカップルは必見です。また、浮いたお金は現地でグルメやショッピングで贅沢をしたり、オプショナルツアーでハネムーンをリッチに過ごすのもステキ。

ハワイ挙式の「直前オトクプラン」一覧をチェック(安い順)


3.ふたりにとって必要なものは?

ハワイ挙式


ハワイ挙式を行うためには、会場の予約や結婚式のプランニングをしてくれるプロデュース会社や、ウエディングツアーやハネムーンを手配してくれる旅行会社に依頼をします。会社によって得意分野がそれぞれ違うので、まずはふたりの希望に合った手配会社を選ぶことが重要です。マイナビウエディングでは、各手配会社のプランも検索できるので、どんなハワイ挙式を挙げたいのか、ハネムーンや滞在中の過ごし方など、ふたりにとって必要なものとそうでないものを見極めて、各手配会社のプランと費用をチェックしてみて。憧れのロケーションでのセレモニーや、思い出に残るハネムーンなど、理想のふたりだけのハワイ挙式が見つかるはず!

海外挙式の手配会社ってどう選ぶ? プロデュース会社と旅行会社の違い

ハワイウエディングを取り扱っている手配会社を探す

プロデュース会社 or 旅行会社、どっちがいいの? 迷ったらサロンに相談しよう


ふたりだからこそ贅沢しませんか?
 1.せっかくだから結婚式をランクアップ♪

ハワイ挙式


「二人だけのハワイ挙式」をもっとドラマティックに叶えたいというカップルにはワンランク上のチャペルがおすすめ。歴史あるラグジュアリーホテルのスウィートルームでお支度、ハワイならではの伝統あるスタイルを取り入れたセレモニー……ハワイのラグジュアリーステイで二人の大切な思い出をもっと特別にしましょう。


ザ・モアナチャペル(チャペル)
ハワイ挙式


ワイキキ最古のホテルとして、約100年もの歴史と伝統を誇る「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」内にある、ワイキキビーチを望むチャペル。白を基調とした明るい空間と、ハワイアンジュエリーがモチーフのシャンデリアが好評。


ザ・テラス バイ・ザ・シー カウイチャペル(チャペル)
ハワイ挙式


愛を語り継ぐナウパカ伝説の花が刻まれたコアウッドのチャペルで挙げる、大自然と神の愛に祝福されるセレモニーはハワイウエディングのひとつの真骨頂。聖壇の向こうには、ワイキキの海とダイヤモンドヘッドを見渡すことができ、ハワイらしさを満喫できます。

コオリナロイヤルチャペル(チャペル)
ハワイ挙式


ハワイ語で"至福に満ちた"という意味を持つコオリナでハワイアンロイヤル・ウエディングを。世界最高峰のホスピタリティと称されるラグジュアリーホテル「フォーシーズンズ」内にある独立型のチャペルでふたりだけの世界に浸って。

▼雄大な自然の中でロコスタイルのハワイ挙式を叶えた先輩花嫁をご紹介
麗しきLuxury Weddingより)
ハワイ挙式 ラグジュアリー
この花嫁の結婚式実例をもっと見る



ラグジュアリーなハワイウエディングは挙式だけなく…

ハワイ挙式


オシャレ好きな花嫁さんなら、ウエディングドレスも提携店のドレスにこだわらず心トキメク一着を選んだり、運命を感じたドレスを日本から持ち込むのも◎。ハンズフリーレンタルドレスを選べば、ドレスを飛行機に持ち込まず、大きな荷物と一緒に移動しないで済むのでラクちん。お気に入りのドレスを選んだのなら、写真プランをグレードアップしたり、ロケーションスポットを増やすなど、心ゆくまで記念に残しておきたいもの。帰国後にお披露目を兼ねたアフターパーティを行うなら、自慢のウエディングドレス姿やハワイ挙式らしい美しいロケーションフォトの思い出をゲストにたっぷりお披露目して。


▼ハワイでこだわりいっぱいの結婚式を叶えた花嫁をご紹介
オシャレ花嫁SNAPより)
フルオーダーのドレスで映画のワンシーンのようなダウンタウンフォトを撮影
ハワイ挙式 オシャレ2
この花嫁の結婚式実例をもっと見る


ハワイのフォトジェニックな街並みを背景にロケーションフォトはいかが?

あの芸能人はどこでハワイウエディングをしたの?


2.おすすめのハネムーンの過ごし方

ハワイ挙式


ふたりだけのハワイ挙式なら、宿泊するホテルをランクアップしてちょっと贅沢に過ごしてみるのも憧れですよね。せっかくだから、ホテルの星ランクを上げてみたり、オンザビーチと呼ばれる海から近いお部屋や、オーシャンビューの抜群のロケーションなど、グレードやロケーションこだわってチョイスしてみては? 滞在中、長い時間を過ごすホテルの部屋だから、こだわればそれだけ優雅な気分が味わえるはず。また、行きのワクワクと帰りの余韻にどっぷり浸るためにも、飛行機もちょっと贅沢にアップグレードしておきたいですよね。ハネムーン中には、ゆったり過ごしたい派なら、ふたりで優雅にスパや高級レストランでディナーをしたり、時間とともに愛着が湧いてくるようなブランド品をショッピングするなど、ゴージャスなひと時を過ごしてみるのもロマンチック。また、滞在期間に余裕のあるアクティブ派なら、直行便で離島ツアーに出かけてシュノーケリングやピクニックを楽しんだり、ダイヤモンドヘッドや真珠湾が一望できるパラセーリングにチャレンジするなど、ここでしか体験できないオプショナルツアーを組み込んでみるもおすすめです。

ハワイでなにする? ハワイ新婚旅行を完全ガイド!

結婚式でマイルが貯められる! 航空会社のマイルが貯まる結婚式場をご紹介


まとめ

ハワイ挙式


2人だけのハワイ挙式とひとことで言っても、ウエディングスタイルやハネムーンの過ごし方は実に様ざま。ハワイ挙式で重要なのは、漠然としている憧れの結婚式のイメージを、できるだけ具体的に洗い出してふたりにとっての理想がかなえられるプランや手配会社を探すことにあります。ふたりだけの挙式だからできることや、せっかくだから思い出に残したいことなど、心おきなく理想を形にできる懐の深さもハワイならでは。是非、今回ご紹介した情報を参考にして、賢くオトクにロマンチックな二人だけのハワイ挙式をかなえてくださいね。
また、ふたりだけのハワイ挙式の場合は、お世話になった家族や友人に報告するタイミングが難しいのも事実。そんなときは帰国後にお披露目パーティをしたり、お土産を手渡すタイミングであいさつに伺うなど、日ごろお世話になっている人に対する礼儀も忘れずに。

今やスタンダード! 帰国後のお披露目パーティ(帰国後パーティ)をしよう

海外挙式とハネムーンを兼ねる長期休暇だから早めの報告を【海外挙式準備の段取り】


アフターパーティ・帰国後パーティ
海外挙式のノウハウトップへ