2018年1月17日

日本唯一の宝飾問屋街・「ジュエリータウンおかちまち」はめっちゃいろいろあった!

コヤナギユウがいく はじめてのジュエリーショップさんぽ
JR上野駅と秋葉原のあいだ。両方の駅から高架下伝いに7分ほど歩くと到着する御徒町。ここが、〝日本唯一の宝飾問屋街・ジュエリータウン〟だって知ってましたか? ジュエリーになぜか苦手意識のあったコヤナギは、連載の第一回目で宝石の卸業者さんを訪ねてみたんだ。プロを相手にするプロの店って、なんだかとっても詳しそうでしょ? そこで得た心得は「インスピレーションを大切に好きなものをイメージする」こと。卸店舗の集まる御徒町では、いろいろなプロがたくさんいるから、どんなものでも作れるんだって。で、実際どんなお店が集まっているの? 全部〝一般人お断り〟なの? 細かいものや“業務用”っぽいものが大好きなコヤナギユウと一緒に御徒町の問屋街さんぽへ繰り出そう!



キラキラ大人女子のおもちゃ箱 Fine Crew

問屋街を歩いていると、入りやすいお店と入りにくいお店がある。やっぱり、路面でワゴンを出しているお店は親しみやすい。ルビーストリートを秋葉原方面に歩いて行くと、なんだか毛色の違う、カラフルポップなワゴンを発見。扱っているのはバッグにポーチ、お財布にチャームなどなど。あ、このお財布3000円はお買い得、じゃあこのぴかぴかのポーチは……5万円!? ワゴンに入れておいて大丈夫なの!? 間違って入っているのでは? お店の自動扉をくぐってみると、太陽みたいな笑顔がまぶしい神部さんが迎えてくれた。
「え? 盗まれないのかって? 心配してくれてありがとうね〜、でも大丈夫。御徒町は不思議と盗まれないのよ」

こちらって、なに屋さんなんですか?

「いちおう、宝飾卸なんだけど、洋服、アクセサリー、ファッション小物、なんでも扱ってるわ。二度と同じものは仕入れないの。おじさん達にはさまれて、わたしがオークションで競り落としてるのよ。目利きのポイントは女の子が喜ぶような、高見えアイテムね」

土日は一般のお客さんOKとのこと。ここではかわいい掘り出し物との一期一会が楽しめそうだ。

■Fine Crew
東京都台東区上野5-16-8サンライズビル1F
03-5812-0366
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝日

サンゴ専門卸店・キャセイコーラル

いかにも「プロの店」の雰囲気を醸し出すシンプルな外観に、店内はびっしりと赤やピンクの宝飾品。これは、なんですか?

「うちはサンゴ専門の卸なんですよ。国産のサンゴを中心に、イタリアや地中海から買い付けています。他には水牛の角なんかを扱っていますね」

サンゴっていうと、白くて流木なんかと組み合わせてあるビーチっぽいものを連想しますが、全然違いますね。

「はい(笑)。うちで扱っているのは主に“赤珊瑚”で、赤が濃く深いほど高級品になります。中国で赤は縁起のいい色とされているので中国のお客様も多いんですよ」

わたしみたいな一般人でもお買い物は出来ますか?

「ええ、もちろん。ただ赤珊瑚はとても硬く、加工が難しいと思うので、すでに丸カンなどのパーツがついているものを買われるのがオススメです。加工されてないものでも30分ほどお時間をいただければパーツをつけたり穴をあけたり出来ますよ」
つるんとした赤珊瑚。真っ赤な高級品もステキだけど、コーラルピンクの小さなサンゴが耳元で揺れていたら、きっとかわいいに違いない。

■キャセイコーラル株式会社
東京都台東区上野5-17-10 小ばやしビル新館1階
03-5807-8135
営業時間:10:00〜17:30
定休日:土曜日・日曜日・祝日

原産地よりハイクオリティーな石が揃う 縁石屋

ガラス張り理の入り口から見えるのは、小さくてシンプルな店内。
壁際に見えているのは色とりどりの……これは、石?
カメオやビーズ、数珠など、の加工石が小さな引き出しにたくさん。よく見ると文字などが彫り込んである。

「パワーストーンなどを中心とした石を扱っています。文字を掘ったり、穴を開けたり、加工するのは普通の人は難しいですかね。中国の山奥で採れた石を加工したものが多いですが、お客様も中国の方が多いです」

え? 逆輸入になっちゃいません? 中国の方が安いのではないですか?

「確かに、安さだけを求めれば中国の方が安いかも知れません。でも、品質を求めるお客様が、ここに来るんです」

■縁石屋
東京都台東区上野5-19-6小林ビル1F
03-5812-4609

唯一無二の職人技術でオリジナルブランドも展開 TD Factory

卸問屋街から線路をくぐり、反対口へ。すこし落ち着いた雰囲気の街並みの中にTD Factoryさんのショールームはあった。「Cierin(シエリン)」とは漢字で「紫凜」と書くそう。エントランスのやさしくて気品あふれる紫色が印象的。
「こちらが、40年の開発期間を経て誕生したパープルゴールドを使ったアクセサリーブランドになります」

パープルゴールド? 金なんですか?

「はい。18金の合金になるのですが、現在まで培ってきた職人技術を駆使し、十分な強度を持った金になりました。」

上品ですけど可憐でかわいらしいですね〜。
そして……ひときわ目を引くこちら、葛飾北斎の海の絵みたいです!

「そうなんです。北斎の生誕250周年記念で『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』をモチーフとした豪華なデコネックレスを作りました」

力強いながらも繊細……!

「わたしたちは宝石の卸販売を行いながら、小売店様のさまざまなご要望に答えるために新素材開発を含めた技術力が強みです。いまご覧いただいているパープルゴールドを使用したCierinのほか、ピンクダイヤモンドを生かしたP&Pなど、個性豊かなブランド開発を行い、小売店さまへの差別化を図っています」

一口に宝石卸業者さんといっても、強みはさまざまなんですね。しかしこの繊細な紫、本当にキレイですねー。

卸問屋さんがお得で安いっていう印象はあったけれど、高品質なものを求めて買いに来るって、ちょっと目から鱗だったな。確かに、卸屋さんは買付のプロ、つまり目利きってこと。卸で買うっていうのは信用できる人から買うってことだって、なんだか少し、分かってきたよ。


■TD Factory
東京都台東区上野3-7-9 JMビル1F
03-5817-0186
営業時間:平日10:00 ~ 17:30 / 土 11:00 ~ 18:00

プロフィール

コヤナギユウ
好奇心旺盛なイラストライター。「プロ御用達」「業務用」という言葉に目がないうえ、安いものが好き。勢いはいいけれど気は小さい。手先は不器用。

コヤナギユウのブログ



< 宝石のことが分からないから、宝飾問屋街「ジュエリータウンおかちまち」をおさんぽしたよ!  |  一覧へ戻る