百花籠(ひゃっかろう)―Neo Japanesque Wedding― のスペシャルコンテンツ一覧

宮大工が手掛けた瓦屋根の正門と、奥にそびえる高さ18mもの白亜のチャペルが圧巻拡大

百年の時を超えて花開く、明治という時代の華やかさを再現。当時の趣を細部までこだわった華麗な邸宅

明治時代に生まれた『和魂洋才』という日本古来の精神を大切にしつつ、西洋の文化を取り入れる。その考えを取り入れ、百花籠は、外観から和と洋が融合した建築。宮大工が実際に作った瓦屋根の正面玄関の奥には、明治という華やかな時代を再現した造りに。明治時代の空気感まで再現した百花籠の名に“百年もの時を超えて咲く花”“おふたりの未来に幾百もの花が咲き誇るように”そんな願いが込められています。

一歩踏み入れると、時代を超えた優雅な空間がお二人を誘う。

一歩踏み入れると、時空を超えたような感覚に。各天井や寄木細工の床など伝統技術と洋の調度品など隅々に百花籠ならではのこだわりが点在。どこか懐かしくも、寛ぎを感じられる優雅な空間はお二人に驚きを感じさせるでしょう。和と洋が調和し、明治時代の華やかさを残しているのが“百花籠”です。

百花籠の世界観をもっと見てみる。

百花籠に入ってすぐにあるエントランスにはダイナミックな大階段

百花籠の顔でもあるエントランスホールには大階段がございます。扉を開けた先には、かつての華やかな時代の雰囲気が漂う世界が広がり、訪れる全ての人々を非日常の世界へ導う。かつての華やかな時代の雰囲気が漂う世界が広がります。エントランスホールには大階段以外にも、季節に合わせて飾られるお花をご用意。毎日フラワーデコレーターがお手入れを欠かさず、百花籠の世界を感じて頂けるように心がけています。

実際に大階段を見てみたい方はフェアにご参加ください。

写真撮影スポットとしても大人気な大階段、思い出の1枚を残せる。

天井が高くシャンデリアが飾られたエントランスには、世界中から集められた建材や惜しみなく使われている為、どこを撮っても絵になる。当日ゆっくり写真が撮れない場合は、前撮りで大階段の前で撮影が可能。一つ上の上質なウエディングで、満足感を与えてくれます。百花籠でなければ、実現できない華やかでお二人らしい1日を過ごす事ができます。

理想のウエディングが百花籠で叶えられる

ゲストをおもてなすバーカウンター付き待合室 四君子館

ウエディングまでのお時間をゲストと寛いでお過ごし頂けるように和の雰囲気の待合室『四君子館』をご用意。名の由来となった四君子とは、吉祥文様でも描かれる竹・梅・蘭・菊の事。結婚式というおめでたい一日にふさわしい空間は、小さなお子様から年配のゲストまで、ソファーで寛げます。あわゆる方に最上級の居心地の良さを。

百花籠の内観を実際にご案内できます

ラグジュアリーな高級感とプライベート感が漂う待合室 ベンタミディアサロン

明るく調度品が揃っている空間「ベンタミディアサロン」明治時代に桜を贈呈した返礼としてアメリカより送られたベンタミディア(ハナミズキ)国と国を繋いだ花から名付けられました。お待ち合いの時間にゲスト同士が親交を深める場にぴったりです。百花籠がご用意しているのは、他にはないひとつ上の満足感。

是非カップルお二人でフェアにご参加してみてください。

この式場が気になったら

  • マイナビウエディングでもらえる
  • ギフト券プレゼントキャンペーン対象
WEBでのご予約
電話でのご予約

050-5449-6798

  • 見学やご相談は事前予約がおすすめ

    待ち時間がないうえ、あからじめ希望を伝えておけば、当日の相談もスムーズ。
    もちろん見学や相談をしたその場で成約する必要はないので、気になった会場をいくつか回ったうえでじっくりご検討ください。

    見学・相談予約

  • 心配事や疑問点はお問い合わせから

    フェアの内容や譲れない特別な希望に対応できるかどうかなど、見学前に事前に確認したいことがあれば、まずは問い合わせしてみて。

    空き確認・お問い合わせ

口コミを投稿する