結婚式場探しならマイナビウエディング

> プレミアムクラブ

> プレミアムクラブ特集

 > ウエディングスタイル辞典

 > フラワーガール&リングボーイで笑顔あふれる挙式に! 年齢・衣装・お礼を完全ガイド


 キャンペーン

マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

欧米の結婚式・結婚準備 ウエディングスタイル辞典

フラワーガール&リングボーイで笑顔あふれる挙式に! 年齢・衣装・お礼を完全ガイド

フラワーガール

小さな子どもが挙式のお手伝いをしてくれるキュートな演出「フラワーガール」「リングボーイ」。挙式をより華やかに彩りゲストみんなが笑顔になるステキな演出ですが、どんな子にお願いすればいい? 衣装は? お礼の仕方は? などなど「フラワーガール」「リングボーイ」の基礎知識をはじめ衣装・演出のアイデアをご紹介。また、先ごろ行われたロイヤルウエディングでも話題を集めた「ページボーイ」の役割についても解説します。



【人前式の演出】ゲスト参加&ふたりらしさが伝わるアイデア集
【結婚式の人気演出まとめ】「やってよかった」卒花おすすめ演出ランキングも!


フラワーガールの役割って? どんなことをするの?

フラワーガールとは、挙式の入場の際、カゴに入れた花びらをバージンロードにまきながら花嫁の前を歩く女の子のこと。花びらをまくことにはバージンロードを清めるという意味があり、欧米ではスタンダードな儀式です。もともとは、「実りが多い」ことから小麦の花輪をもって歩いたのが由来と言われていますが、結婚式にかわいいフラワーガールが登場するだけで、会場中が笑顔に包まれるステキな演出です。なお、女の子にお願いするのが一般的ですが、フラワーボーイとして男の子に登場してもらうこともあります。



フラワーガールは誰にお願いする? ベストな年齢は?

姪っ子など親戚の小さな女の子にお願いすることが一般的。ファミリーウエディングの場合なら、子どもにやってもらってもよいでしょう。1人でもいいけれど、2人以上ならかわいらしさも倍増です。ベストな年齢としては、4~10歳くらいの子なら、フラワーガールの役割を理解してしっかり歩いてくれるので安心。また、4歳よりも小さな子どもにお願いする場合は、本番で緊張して泣き出してしまったり、注目されて固まってしまったり、ママを探して目的とは違う方向に行ってしまったり……などのアクシデントが発生する可能性も。念のため、その子が安心できる年上の子と一緒にやってもらうなどの配慮が必要です。

≫フラワーガール・リングボーイができる結婚式場探しなら、マイナビウエディングサロンに相談を

リングボーイの役割って? どんな子にお願いする?

リングボーイとは、挙式で新郎新婦が交換する結婚指輪を運ぶ男の子のこと。指輪を載せたリングピローを持ってバージンロードを歩き、祭壇まで届けます。リングベアラーと呼ぶこともあり、女の子にお願いする場合はリングガールと呼びます。フラワーガールと同様、親戚の4~10歳くらいの子に頼むのがベスト。リングピローは1つなので、リングボーイも1人が一般的ですが、2人にお願いするなら、新郎新婦それぞれの指輪を運んでもらってもOK。フラワーガールもいる場合は、一緒に入場するとかわいらしさがより引き立つでしょう。



貸切&フォトジェニック! オリジナル演出がかなうゲストハウスの結婚式場一覧見る

結婚式の受付やスピーチ、余興をお願いするときのマナー

フラワーガール・リングボーイの挙式での動きは?

ここでは、フラワーガールとリングボーイの動きを挙式の流れに沿って紹介します。

●新郎が入場
●リングボーイが結婚指輪を載せたリングピローを持って入場
 →結婚指輪を落とさないよう、軽く固定できるようなリングピローをチョイスするのがオススメ!
●フラワーガールがバージンロードに花びらをまきながら入場
 →リングボーイとフラワーガールは一緒に入場してもOK!
●新婦(と新婦の父親など)が入場
●リングボーイはリングピローごと新郎またはベストマンに渡し、ゲスト席へ戻る
●フラワーガールは新郎がいるところまで花びらをまいたら、ゲスト席へ戻る
 →このとき保護者がさりげなくゲスト席へ誘導してあげるとベター


▼子どもたちが活躍できる演出はファミリーウエディングにもオススメ♪

(画像提供:キャメロットヒルズ

フラワーガールのドレス・髪型はどうしたらいい?

一般的にゲストは花嫁と同じ白の衣装を着ることはNGとされていますが、小さなフラワーガールは白いドレスでもOK! ただし、あくまで主役は花嫁なので、派手すぎるデザインはNGです。花嫁が引き立つように、花嫁のウエディングドレスとお揃い風だけれど控えめなデザインにしたり、フラワーガールが2人以上いるなら、その子たちのドレスや髪型・小物などをお揃いにしても。髪型は特に決まりはありません。ダウンスタイル+花かんむりや、まとめ髪などその子が似合う髪型がベスト。さらに、花嫁や他のフラワーガールとのバランスをみて決めると全体の雰囲気がまとまります。

▼花嫁さんとお揃いにすると、子どもたちもワクワク~


▼お花いっぱいのドレスは、まさに「フラワーガール」にぴったり!


▼花嫁と同様、注目が集まる後ろ姿はとても大事! 大きなリボンをあしらったデザインも◎


▼複数の場合、ドレスは異なるデザインでも髪型やヘアアクセをお揃いにするとステキ!


▼リゾートやガーデンでのウエディングなら、麦わら帽子のフラワーガールもキュート


沖縄や軽井沢など……人前式がかなう国内リゾートウエディングの結婚式場を探す

リングボーイの衣装はどうしたらいい?

神聖なる結婚指輪を運ぶリングボーイは、タキシードやベスト付きのスーツがスタンダード。子どもなので、暑い時期やリゾートでのウエディングなら半袖半ズボンでもOK。フラワーガールがいる場合は、フラワーガールの花かんむりとリングボーイのブートニアのお花を揃えたり、並んだときにマッチするようコーディネートしたりすると、ますます可愛さアップ。ステキな写真が残せそう!

▼花嫁のブーケとネクタイの色を合わせて♪ リングボーイも“サムシングブルー”


▼フラワーガールの花かんむりとお揃いのブートニアを


▼蝶ネクタイとフラワーガールのドレスや花かんむりの色をお揃いに


▼ガーデンやリゾートなら明るい色でまとめてさわやかに


フラワーガール・リングボーイの演出がぴったり! ナチュラルテイストのウエディングが叶う結婚式場

ロイヤルウエディングでも話題! ページボーイの役割とは?

ページボーイとは、キリスト教式の結婚式で、挙式で使う聖書を祭壇まで運ぶ役割の男の子をさします。先ごろ英国・ウィンザー城で行われた、ヘンリー王子とメーガン夫人によるロイヤルウエディングでも、双子の男の子が務めたページボーイが話題となりました。メーガン夫人と一緒に車から降り立ち、5メートルものヴェールを持つ姿も印象的でしたよね。双子の男の子たちは7歳で、メーガン夫人の親友の息子さんだそう。ページボーイもフラワーガールやリングボーイと同様、10歳くらいまでの年齢の子に頼むのが良いようです。

フラワーガール・リングボーイなど、子どもたちへのお礼はどうする?

子どもの年代や好みをリサーチして、お菓子の詰め合わせやおもちゃなどをプレゼントすると喜んでくれそう。また、衣装は子どもの親が用意するのが一般的ですが、お礼として、衣装と当日使う小物やアクセサリーをプレゼントしてもOK! 贈った相手からも喜ばれるうえ、新郎新婦の衣装とコーディネートできるというメリットもあります。おもちゃをプレゼントする場合は、挙式後に渡せるように手配しておけば、役割を果たせた達成感を味わってもらうことができ、披露宴中も機嫌よく過ごしてくれるので一石二鳥です。

子どもたちに助けてもらって、誰もが笑顔になっちゃうキュートな演出を

結婚式や披露宴で子どもに登場してもらう演出は、フラワーガールやリングボーイが一般的ですが、ほかにも、花嫁のベールをもってバージンロードを歩く「ベールガール」や、新郎新婦の登場をお知らせする「フラッグボーイ&フラッグガール」、聖書を祭壇まで運ぶ「ページボーイ」など場面によってさまざまです。子どものかわいらしさは、見ている誰もが自然と笑顔になれるもの。より笑顔あふれる挙式になるよう、子どもたちに助けてもらうキュートな演出を取り入れてみてはいかが?


▼ゲストにメッセージを伝えるフラッグボーイ&フラッグガール



< ウエディングスタイル辞典トップへ戻る


「セーブザデート(save the date)」でゲストの予定を事前にキープ!とっておきアイデア7選 | 一覧へ戻る | 一生の宝物! ゲストと一緒に手作りするウエディングツリーの「結婚証明書」

キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP