ダイヤモンドのランクについて

dダイヤモンドの違いがわかる男になろう

プロポーズに欠かせない、婚約指輪に使われる定番の宝石といえばダイヤモンド。しかし、ダイヤモンドが何故、彼女にとって憧れのものなのかは男にはわからない。

キラキラしたものが好きなのが女性全般。その中でも特にダイヤモンドは希少性の高さから憧れの存在だ。また、鉱物の中で一番硬いその性質から、男からダイヤモンドをもらうことは女性にとって永遠の愛をもらう、という意味もこめられている。まさにプロポーズにふさわしい宝石といえる。


ダイヤモンドのランク、4C

ダイヤモンドにはそれぞれランクがあり、それにより値段や輝きが違ってくる。
ダイヤモンドの品質にはまず、4Cという基準がある。4CとはCarat(カラット・重量)、Color(カラー・色)、Clarity(クラリティ・透明度)のことだ。


Caratとは?

Caratとは宝石の重量を示す単位。ctとも略され、1ctは0.2gで、この重量でここまで高価なものはダイヤモンド以外ない。


Colorとは?

Colorは色のグレードを指す単位。ダイヤモンドのDの頭文字をとってDから始まると言われていて、ランクは最高のDからZまである。無色透明に近ければ近いほどランクが高く、黄色みがかかるほどランクが落ちるようになっている。希少性が欲しいならDランクのものがおすすめだが、Hランクでも肉眼では黄色みはわからない程度だ。


Clarityとは?

Clarityは、ダイヤモンドの中に不純物や内包物、傷がないかを示すもの。透明度のチェックは10倍の顕微鏡でチェックされ、上からFl、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3と別れる。F1クラスとSI1クラスは肉眼で見比べてもほとんど違いがわからないが、より価値のあるダイヤモンドが欲しいならクラリティにもこだわりが必要だ。


Cutとは?

Cutはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態を表している。カットの良し悪しはダイヤモンドの輝きに直接影響するものだ。

ランクはExcellent(エクセレント)、Very Good(ベリーグッド)、Good(グッド)、Fair(フェア)、Poor(プア)に別れ、最高ランクのExcellentはさらに3EX H&C(トリプルエクセレント)、H&C EX(ハート&キューピッド)、Excellent(ノーマルエクセレント)と分かれている。カットのグレードは理想的な形『プロポーション』と、仕上げの良さ『フィニッシュ』で決められ、『フィニッシュ』には研磨の状態と形の対称性の評価があり、その総合的な完成度でランクが定められる。


4Cの中では特にCutが重要!

4Cの中で特に重要視したいのがCut。カットが美しいとダイヤモンドの上部から光が差し込んだ時に内部で反射を繰り返し、再び上部から光が出る時にカットの良し悪しで輝きの強さや美しさが決まる。また、いいカットをされたダイヤモンドはより大きくゴージャスに見えるからだ。

婚約指輪は一生に一度の買い物だ。ダイヤモンドの品質もよく見極めて後悔のないものを選び、プロポーズを成功させよう!