ホテル内レストランも全て直営店...(スペシャル) | 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

ホテル内レストランも全て直営店。ホテルメイドのお料理はゲストも大満足。

フランス料理、中国料理、日本料理の料理長が腕を振るう自慢のウエディングメニュー。お祝いのお席に相応しい数々のコースはどれをとっても引けを取らないゲスト大満足のコースです。結婚式後にシェラトンの味をいつでも楽しむことができるのもシェラトンウエディングならではの嬉しいポイント。

フランス料理 エグゼクティブシェフ 磯貝徹

この画像をクリップ

卒業後、イタリアンレストラン、キャビア専門店を経て会員制レストラン「アークヒルズクラブ」に勤務。その後、1998年横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ開業と共に入社。宴会調理コールドヘッドシェフ、レストランヘッドシェフを経て、2018年1月よりエグゼクティブシェフに就任。現在に至る。
日本エスコフィエ協会正会員。

レストランも全て直営だからこそ、仕入れも専用の農家さん等安心のルートを確保

この画像をクリップ

上質の食材を常に用意し、スキルの高いシェフたちが揃っているのが横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズのお料理の魅力のひとつ。結婚式ではゲストはコース料金を知らないので、新郎新婦の想いを伝えるためにも「すごい料理だったね」と特別な価値を感じてもらえることが大切。「皆さまがメニューをご覧になり、実際にお召し上がりになった際に、おふたりがこだわられたお料理だとおわかりになれるよう、それぞれにおめでたいお席に相応しい食材である事は勿論、新鮮で旬の食材を取り入れています。」と料理長のこだわりも。

ご成約後にはフルコースお召し上がりいただけるご賞味会も開催!

この画像をクリップ

「お料理をこだわりたい」、「ゲスト皆に美味しいお料理を用意したい」そんなお2人が多くいらっしゃいます。なので私達横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズでは、お打合わせスタートと共に実際にフルコールをお召し上がり頂けるご賞味会も開催!親御様のご参加も大歓迎。お料理も選べるのでご家族皆でしっかりお味見いただけます。なので当日イメージと違った…そんな事は一切ないのでご安心を!

オマールブルーと帆立貝の薔薇見立て カリフラワーのフォンダンと赤いジュレ

ご両家に成り代わりお料理でおもてなしを。アレルギー等の細かな対応もOK この画像をクリップ

オマールブルーは高級食材であるオマール海老の最高峰ブランド。フランス、ブルターニュ地方で獲れる青みがかった体色の最高峰のオマール海老と、北海道産帆立貝を薔薇に見立てました。

フォアグラのフラン トリュフ風味のコンソメスープ

トリュフ入りのコンソメスープ。おふたりのウエディングに豪華食材で花を添えます、 この画像をクリップ

このコンソメスープには、私たちの結婚式への想いが込められています。ブイヨン フォンドボー ボロネーゼ…ありとあらゆるソースを0からつくりあげます。
その中でも特にこだわっているのがこのコンソメスープ。新鮮な野菜と和牛が奏でる 透き通った旨味が特徴。時代や季節に合わせて具材を変えることはあっても、このスープだけは大切に守り続けてきました。
今 結婚式もさまざまなスタイルが生まれてきています。それでも「人が人を想う」という本質は変わりません。
「私たちが大切にしているものを、あなたが大切に想う人へ」
これが 横浜の街で多様な結婚式を形にしてきた横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズからのご提案です。

駿河湾の金目鯛と蝦夷鮑

レストランも全て直営なので結婚式後には同じ味をいつでも楽しめる。 この画像をクリップ

鮮度にこだわった駿河湾の金目鯛と、おめでたいお席ならではの、長寿を願う蝦夷鮑を贅沢に合わせました。蝦夷鮑は鮑の中でも最高級と言われている種類。清涼感あふれる甘みと、最高の歯ごたえは絶品です。

国産牛フィレ肉のポワレ 根セロリのピュレと季節の野菜を添えて

国産牛フィレ肉を使用した開業20周年限定メニュー☆極みのサービスと共にお試しを♪ この画像をクリップ

贅沢に使用した国産牛はゲストからも大好評。ご年配ゲストも柔らかいので安心してお召し上がりいただけます。また色鮮やかな野菜も、素材の味を引き出し、野菜の旨みが感じられるように。コースのメインディッシュだからこそ、ゲストの印象にずっと残るひと皿。開業20周年の際に1年間限定のメニューでしたが、たくさんのお声を頂いて2019年からグランドメニュー入りいたしました。

日本料理総料理長 富田正己

この画像をクリップ

東京生まれ。国分寺の精進料理店を料理の道のスタートとし、その後、千葉「まきの家」、銀座「鴨川」、赤坂「花楽(かぐら)」、六本木「吉左右(きっそう)」など様々な形態の日本料理店で研鑽を積む。1997年、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの開業準備の段階から携わる。ホテル開業、及び日本料理「木の花(このはな)」開店以来、現在まで日本料理の総料理長を務める。

毎月旬の食材に合わせた内容でお品書きをご用意

繊細な盛付けが自慢の日本料理。季節折々の旬な食材でお品書きをご用意。 この画像をクリップ

シーズンだけでなく毎月、その時の旬の食材を使用している日本料理。特に〆のご飯はお祝いに合わせた鯛ご飯、お赤飯だけでなく季節の内容が大人気。1月は蟹、2月は帆立、さらに秋は鰻や松茸、鮭とイクラなど人気の食材にてご用意。更には繊細な盛り付けで目でも楽しめるのが魅力的。年配のゲストが多い、そんなお2人からも支持が高いメニューのひとつ。ご招待された方の中で、おじいちゃま、おばあちゃまだけ数名だけ日本料理をご用意、そういった個別のご対応も可能です。

四季折々の旬の食材と器もこだわった目でも楽しめる日本料理

新鮮な食材を仕入れるために料理長自ら市場へ行き吟味して選んだ新鮮食材が自慢。 この画像をクリップ

シーズンだけでなく毎月、その時の旬の食材を使用している日本料理。特に〆のご飯はお祝いに合わせた鯛ご飯、お赤飯だけでなく季節の内容が大人気。1月は蟹、2月は帆立、さらに秋は鰻や松茸、鮭とイクラなど人気の食材にてご用意。更には繊細な盛り付けで目でも楽しめるのが魅力的。年配のゲストが多い、そんなお2人からも支持が高いメニューのひとつ。ご招待された方の中で、おじいちゃま、おばあちゃまだけ数名だけ日本料理をご用意、そういった個別のご対応も可能です。

中国料理 エグゼクティブシェフ 呂 炳耀  (LU Bing You ルー ビンヨウ)

この画像をクリップ

台湾人の父が中国料理店を経営する家庭に育ち、家業の手伝いから料理の道に目覚め、学校卒業後、神戸の中国料理店からそのキャリアをスタート。その後も大阪の老舗ホテルチェーンで修業を積み、5年後には総料理長を務める。39年のキャリアと料理にかける想い、ホスピタリティマインドが詰まった呂料理長の料理は「おいしいものでお客様に喜んでいただきたい」を信条に、極力添加物を使用せず、味はもちろん、見た目、香りにも心を配った、お客様に寄り添う中国料理をご提供している。

「おいしいものでお客様に喜んでいただきたい」料理長が腕を振るう珠玉の広東料理

高級食材を使用した中国料理も人気。 この画像をクリップ

中国料理は大皿で皆とターンテーブルでシェアするイメージですが、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズではスタッフが皆様へお取り分けするので安心です。コースは1品ずつ自由に組み合わせる事ができるので、中国料理のフルコースも良いですが、〆のチャーハン等は男性ゲストからも大好評。伊勢海老や黒毛和牛、蛤など豪華食材が楽しめます。デザートの杏仁豆腐や桃饅頭は女性ゲストからも大好評の一品です。

世界大会で数々の賞を受賞したデザート専任のシェフ エグゼクティブペストリーシェフ 武藤修司

この画像をクリップ

武藤修司シェフはパティシエ・コンクールの最高峰「ワールド・ペストリー・チャンピオンシップ」世界大会に日本代表として2度出場、チームを準優勝に導きました。その他、多くの世界大会でも優秀な成績を収めてきたお菓子の世界でトップレベルの実力を持つパティシエの1人です。東京都内の数々のホテルでエグゼクティブパティシェを務めた後、2016年5月より横浜ベイシェラトンのペストリーシェフ、2017年7月よりエグゼクティブペストリーシェフに就きました。

「お客様が召し上がる姿を思い浮かべながらお作りします。お菓子でお客様と会話していきたい」。自身のお菓子を“ひとつのお菓子がまるで交響曲を奏でるような”と、表現する武藤シェフのお菓子は、シンプルでエレガントなフォルムを持ち、過去のお菓子と一つとして同じものはなく常に進化し続けています。

デザートブッフェも大人気!色鮮やかなデザートがおふたりのウエディングに華を添えます

季節やテーマに合わせたオリジナルのデザートは女性ゲストからも大好評! この画像をクリップ

結婚式で人気の演出のひとつ、デザートブッフェ。ゲストが好きな物をチョイスできたり、おふたりがゲストへお取り分けする事もできるので、たくさん会話を楽しむ事ができるのが人気の理由。シーズンに合わせたデザートだけでなく、コーディネートやテーマに合わせたデザートもご用意できます!

ゲストも大満足のデザートは目でも楽しめるかわいいデザートの数々

世界大会で数々の賞を受賞したシェフ特製のデザートは絶品です この画像をクリップ

コース料理の最後は色鮮やかなデザートで。コーヒーや紅茶と一緒に楽しむデザートはすべてホテルメイド。ひとつひとつ、心を込めご用意いたします。デザートはホテル地下1Fペストリーショップ”ドーレ”でご購入いただけます。結婚記念日やお誕生日にケーキをご購入される卒花さんも。

パン部門専任 ベーカーシェフ 森広 竜司

ホテル直営のベーカリー”ドーレ”のパンは大人気☆ この画像をクリップ

東京生まれ。卒業後、東京都内のホテルに就職。洋菓子部門を希望するもベーカリーに配属されるがそれを転機にベーカーの世界へ。
その後ホテル数軒とインストアベーカリーに勤務後、1998年横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ開業を機に入社。
現在ではホテルレストラン、ご結婚式、ペストリーショップ”ドーレ”のパンを手作りで毎朝焼き上げている。

焼き立てパンはゲストからも大好評!

毎朝ホテル内で焼き上げているホテルメイドのパン。 この画像をクリップ

フルコースと一緒にご用意されるパンはゲストがお召し上がりになられるスピードに合わせてご提供。心行くまでお楽しみいただけます。更に地下1F”ドーレ”で販売されている様々なパンも大人気。クリームパンは毎日完売になるほど様々な方々から愛されています。その他、水を使わず卵と牛乳だけで仕込んだミルヒブロートや曜日限定で販売されている、オイル漬けのセミドライトマト入りのパンアラトマトなど様々なパンが毎日揃ってます。ご結婚式のお打合せの帰りに翌日の朝食用のパンを買って帰るお2人も多くおらっしゃいます!

イチオシのブライダルフェア

マイナビウエディング限定特典

口コミを投稿する

この会場を見た人はこのエリアも見ています