アウトドアがコンセプト。森の中にいるようなナチュラルウエディング

この先輩カップルをお気に入りに追加

H.T&E.M様ご夫妻
H.T&E.M様ご夫妻

結婚式会場:チャペル

挙式日 2018年4月21日(土)
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 
招待人数 80名
ハッシュタグ

緑に囲まれた結婚式だったそうですね。コンセプトはどのようにして決めましたか?

私も旦那もアウトドア派で、夏はラフティング、冬はスノーボード、キャンプや果物狩りなど、外で遊ぶのが大好きだったんです。私は昔から森の中で結婚式をあげたいという憧れもあって、自然に囲まれた式場を探していました。「THE LANDMARK SQUARE OSAKA」さんは、ビル街の中にある森のような場所。披露宴会場は窓が多く緑も感じられるし、チャペルが屋上にあるので外の空気を感じながら挙式ができるところも気に入って、見学をしてからすぐに決めました。
また、挙式当日は、会場内の装飾も森の雰囲気を感じてもらえるようにこだわりました。装花を木にしてもらったり、三角形の旗をあしらったガーランドを飾ったり、テントを設置したり。とにかく木や緑を会場内にたくさん入れましたね。飾り付けは、かなり自由にやらせてもらえたので、ありがたかったです。理想通りの結婚式にできたかなと思います。

森の中のような結婚式が実現できたんですね。会場内にテントを設置するのは大変で

最初は、実際のキャンプで使用している泊まれるサイズのテントを飾ろうと思っていたんですが、さすがに大きすぎて断念しました。最終的に子どもが遊べるような小さめのサイズにしたのですが、式場のスタッフさんやプランナーさんは、なんでも「できるように頑張ってみます」と協力してくれて、とてもうれしかったですね。
テントは、挙式の2日前に搬入して、当日設置しました。テント内には小さなテーブルやランタンなどの小道具も置いたんですよ。テントの設置自体は、わたしが着付けをしている間に旦那が全部やってくれたので、楽でした(笑)。ゲストからは、「かわいい!」と喜んでもらえたので、やって良かったと思います。
もともとキャンプは私が好きでよく行っていて、旦那と一緒に過ごすようになってからは、ふたりで行くようになったのですが、家族が増えたらこのテントで一緒に遊べたらいいな、と思っています。

キャンプにはふたりの思い出がつまっているんですね。披露宴ではアウトドアを意識した演出もありました?

お色直しのときに、旦那が本物のランタンを光らせて再入場しました。各卓にキャンドルが3つずつ置いてあったので、ゲストはランタンでキャンドルサービスかな、と思っていたようですが、旦那が一番前まで来たときに、ランタンを「せーの! 」で上にあげると、各卓のキャンドルにいっせいに火が灯るという演出でした。ゲストからは「おーー!! 」と歓声があがり、すごく驚いてくれて、サプライズ大成功でしたね。実際には、タイミングに合わせてボタンを押すと火が点くというシンプルな仕組みなのですが(笑)。旦那がみんなを驚かせたいと企んだ演出なのですが、喜んでもらえてうれしかったです。
あとは、披露宴会場の高砂をソファ席にして、まわりに緑と白いお花、両脇には背の高い大きな木を飾りました。ゲストとの距離がとても近くてたくさん話すことができ、ゲストからも「近寄りやすい」と好評でした。格式張らずにナチュラルな雰囲気で、みんなでワイワイ楽しめるアットホームな結婚式になったと思います。

サプライズの演出に、ゲストも大喜びだったんですね。他にはどんな演出がありましたか?

記念になるようにと、ワインボックスを使った演出をしました。ゲストから5年後の自分たちに向けてメッセージを書いてもらったんです。それを2018年のワインと一緒にワインボックスに入れて、披露宴の最後にみんなの前で鍵をかけました。ワインと一緒に寝かせて、5年後にみんなのメッセージを読ませてもらうという演出です。式場見学しているときにプランナーさんが教えてくれたアイデアをもとにアレンジしました。5年後に開けるのが楽しみですね。
演出を決めるときもですが、プランナーさんがしっかりと相談にのってくれるので、自由に希望を伝えることができました。相当の無茶ぶりでなければ、大抵のことはかなえてもらえたので、信頼できるプランナーさんに出会えて本当に良かったと思います。

挙式は、シビルウエディングという形式だったとか。どのようなことをしましたか?

人前式とキリスト教式の間のような挙式方法です。マイスターと呼ばれる人が前に立って、司会進行をつとめてくれます。神ではなく、来てくれた人に誓うという点は人前式と一緒ですが、結婚式場の証明書があったり、市役所から婚姻届受理証明書として大きな賞状をいただいたりと違う点もありました。通常の人前式よりは厳粛さもあり、気持ちが引き締まりましたね。「THE LANDMARK SQUARE OSAKA」さんは、キリスト式、人前式、シビル式の3つの中から挙式スタイルを選べるところが良かったです。
ほかには、参列者に渡しておいたバラの花を旦那が一本ずつ集めて花束にして、私がもらうという演出もありました。12本の花をわたして、そこからひとつだけ旦那に返すというものです。ダズンローズといって、もともとはプロポーズの儀式だそうです。ゲストも巻き込んで、一緒に楽しめました。

最後に、「THE LANDMARK SQUARE OSAKA」で結婚式を挙げられた感想を教えてください。

当初は、私の実家が京都で、旦那の実家が兵庫県なので、ふたりの間をとって大阪の式場にしたという理由もあったのですが、実際に「THE LANDMARK SQUARE OSAKA」に行ってみると、想像以上に大阪城というロケーションがインパクトがあり、惹かれましたね。ゲストに「あのふたりが結婚式をした場所」と思い出してもらえるのもいいなと思いました。
また、私と旦那の知り合いは、大阪城を遠くから見たことしかないという人が多かったので、結婚式で初めて間近で見ることができた、と喜んでもらえたのもうれしかったです。プランナーさんをはじめとした、スタッフのみなさんのおかげで、ゲストと一緒に自分たちも楽しめる式がかなえられて、本当に感謝しています。

先輩カップルのフォトギャラリー

この式場が気になったら

  • マイナビウエディングでもらえる
  • ギフト券プレゼントキャンペーン対象
  • 3,000pt
WEBでのご予約
電話でのご予約

050-5827-8406

  • 見学やご相談は事前予約がおすすめ

    待ち時間がないうえ、あからじめ希望を伝えておけば、当日の相談もスムーズ。
    もちろん見学や相談をしたその場で成約する必要はないので、気になった会場をいくつか回ったうえでじっくりご検討ください。

    見学・相談予約

  • 心配事や疑問点はお問い合わせから

    フェアの内容や譲れない特別な希望に対応できるかどうかなど、見学前に事前に確認したいことがあれば、まずは問い合わせしてみて。

    空き確認・お問い合わせ

口コミを投稿する

他の会場のオススメ口コミ・体験談