結婚式場ならマイナビウエディング > 海外挙式・海外ウエディング > 海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説

海外挙式の費用(相場・予算)徹底解説

ハワイガーデンウエディング

アフターパーティ・帰国後パーティ

もはやオシャレ花嫁の常識!?ハワイでタウンフォトをやるべき理由

世界遺産ウエディング

あこがれの海外ウエディング。ハワイグアム、アジア、ヨーロッパなど人気のエリアはたくさんあるけど、そもそも海外で結婚式を挙げた場合の費用ってどれくらいかかるの?の疑問について、今回挙式費用やその内訳、細かなアイテムごとの相場を詳しくご紹介します。

海外挙式の費用

海外の結婚式にかかる【総額】の相場はどれくらい?

海外での結婚式にかかる費用の相場について、ゲスト10人参加した場合とふたりだけの場合の総額相場はコチラ!

ゲスト10人の場合161~409万円
ふたりだけの場合119~255万円


海外での結婚式にかかる総額は、ゲスト10名が参列した場合、ふたりだけの場合どちらも相場に大きな幅があり、希望する国や時期、プラン、オプションなど何をどう選ぶかによって費用の違いが大きく出るみたい。そこで、実際海外で結婚式を行う場合に必要な、挙式料や衣装、演出、パーティーなど各アイテムごとにかかる費用がどれくらいなのか、内訳&相場を詳しく見ていきましょう。

>>オトクなプランがいっぱい! 海外挙式のプラン一覧を見る

【海外挙式にかかる費用】の相場はおよそ43~98万円。内訳をチェック!

それでは、実際に海外挙式をした場合にかかる費用の内訳をご紹介していきます。各ツアーやプランごとにアイテムの費用には違いがあるので、下記相場を参考にしながらそれぞれ何にいくらかかるか参考にしてくださいね。

●挙式料 15~25万円
挙式料は一般的に「会場使用料」「牧師手配料」「介添料」「BGM・音響使用料」「結婚証明書料」などが含まれています。旅行会社のパックやプロデュース会社が取り扱う挙式プランにこの挙式料が含まれていることが多くありますが、その中に何が含まれているかによって後々オプション等でかかる費用が明確になるので、事前に内容を確認しておくと安心です。

>>【挙式施設使用料】が含まれる海外挙式のプラン一覧

●新婦衣装 20~50万円
新婦の衣装費用では、どんなドレスを何着選ぶか、レンタルするか購入するかによってかかる費用に大きな差があります。衣装選びについては国内で衣装を決めて現地に持ち込んだり、国内で決めたものを現地でレンタルするケースが多いよう。各旅行会社やプロデュース会社が提携している衣装店がどこなのか、どんな手配方法があるかについては事前に確認しておくのがおすすめです。

●新郎衣装 5~10万円
新郎衣装も新婦同様、着る着数やレンタルするか購入するかによってかかる費用に差があります。新郎の場合は自前のものを持ち込んだり、国内で決めて現地でレンタルする場合も多いですが、現地に着いてから衣装を決めてレンタルするケースも多いので、どんな衣装を取り扱っているのか事前に確認しておくと安心。

>>【衣装】が含まれる海外挙式のプラン一覧

>>【国内でドレス試着可】の手配会社一覧

●ヘアメイク&着付け 1~3万円
挙式当日のメアメイクと着付けにかかる費用相場。ヘアメイクでは、どんな仕上がりにしたいのかお気に入りの画像を持ち込んだり、コミュニケーションが取りやすいという理由から日本人のヘアメイクさんを指名する花嫁も。ヘアメイクのリハーサルを行いたい場合には、別途料金がかかることが多いので要チェック。

>>【新婦ヘアメイク 】が含まれる海外挙式のプラン一覧

●フラワー&ブーケ 2~10万円
挙式会場の装花やブーケはプランに含まれている場合もあるので、事前確認が必要なアイテムのひとつ。費用の幅については、花材のグレードアップやボリュームアップによって差がでることが多いよう。また、ブーケにこだわりのある花嫁は、プリザーブドフラワーなど枯れないお花でブーケを作って持ち込むケースも。

<挙式にかかる費用の合計>
およそ43~98万円が相場


>>すべての海外挙式プランを見る

現地での【パーティにかかる費用】の相場は10名でおよそ12~20万円。差が出るポイントは?

チャペル・教会に併設されているレストランや、宿泊先のホテル内や近隣のレストランで行われることが多い挙式後のパーティ。一人あたりの費用相場と、どんなところで金額に差が出てくるのか確認していきましょう。

●一人あたり1.2~2万円
パーティにかかる費用で大きく差が出てくるポイントとしては
・参加するゲストの人数
・ランチかディナーかパーティ実施の時間帯
・コースやビュッフェなど食事のスタイル
・フリードリンクなど飲み物の内容
・ケーキカットやデザートビュッフェなどの追加品目の有無
などがあります。どんなパーティにしたいか、ゲスト参加の場合はその人数や顔ぶれによって費用相場が変わってきます。

<パーティにかかる費用の合計>
10名でおよそ12~20万円が相場


>>パーティの費用が含まれた海外挙式のプラン一覧を見る

>>困ったら手配会社に相談! 海外挙式の手配会社一覧を見る

結婚式の【オプションにかかる費用】についてもしっかり確認を! 相場はおよそ18~56万円

海外ウエディングの場合、挙式やパーティにかかる基本的な費用以外に、式中での演出や追加するオプションによって費用にも大きな差が発生します。そこで、ここからはオプションを付けた場合、何にいくら費用がかかってくるのか各アイテムごとに見ていきましょう。

●フォトプラン・集合写真撮影 5~25万円
結婚式の記念に残す写真撮影は、浜辺やチャペル・教会などドレス姿を残す前撮り撮影のほか、挙式やパーティ風景を撮影したもの、家族やゲストとの記念の集合写真撮影などがあります。どんな写真を残したいかによって、撮影内容とそれにかかる費用が大きく変わります。

>>【フォトウエディングのみ】のプラン一覧

>>【写真】が含まれる海外挙式のプラン一覧

●ムービー・DVD撮影 10~15万円
お仕度から挙式風景、パーティの模様などを動画で撮影するムービー・DVD撮影。どこからどこのシーンまでを撮影するかによって、かかる費用に違いが発生します。海外での結婚式の場合、挙式に参列してもらえなかった人に見てもらったり、国内でのパーティ演出に使うカップルも多いよう。

>>【ビデオ撮影・DVD】が含まれる海外挙式のプラン一覧

●リムジンでの送迎 1~3万円
ホテルからチャペル、チャペルからパーティ会場など移動する際にリムジンで送迎してもらえるサービス。挙式プランの中に含まれているケースも多くありますが、別途オプションでお願いする場合には送迎距離か送迎してもらう箇所によって費用が変わる傾向に。

●フラワーシャワーなどの演出 1~10万円
挙式を終えたふたりの祝福シーンに欠かせないフラワーシャワー。挙式プランに含まれていることもありますが、使用するお花が生花の場合と造花の場合があります。造花を生花に変更してもらいたい場合に別途料金がかかったり、オプションで付けてもらう場合、花の種類やボリュームによって費用も様ざま。

●ヘアメイクリハーサル 1~3万円
挙式当日にどんなヘアメイクにするのか事前に確認できるヘアメイクリハーサル。国内で行う場合と現地で行う場合とがあり、現地で行う場合には、ヘアメイクリハーサルと一緒にふたりのドレス姿を記念に残すフォトツアーや前撮り撮影をするカップルも多いみたい。

<オプションにかかる費用の合計>
およそ18~56万円が相場


>>すべての海外挙式プランを見る

旅行代(航空券+ホテル宿泊)も忘れずに! ふたりでおよそ50~70万円が相場

旅行代は海外挙式を行うエリアや行く時期、利用する航空会社・ホテルによって違いがありますが、代表的なハワイ、グアム、ヨーロッパ、バリ・アジア、オーストラリアの旅行代の相場は以下の通り。旅行会社やプロデュース会社のパッケージプランを利用すれば、空き状況の確認や手配など全部お任せできるのでおすすめです。

●ハワイ ふたりで約50~70万円
>>ハワイの旅費・費用の詳細はコチラ!

●グアム ふたりで約30~50万円
>>グアムの旅費・費用の詳細はコチラ!

●バリ島 ふたりで約40~60万円
>>バリ島の旅費・費用の詳細はコチラ!

●プーケット(タイ) ふたりで約40~60万円
>>プーケット(タイ)の旅費の詳細はコチラ!

●ヨーロッパ ふたりで約60~80万円
>>ヨーロッパの旅費・費用の詳細はコチラ!

●オーストラリア ふたりで約50~70万円
>>オーストラリアの旅費・費用の詳細はコチラ!

●モルディブ ふたりで約60~90万円
>>モルディブの旅費・費用の詳細はコチラ!

●タヒチ ふたりで約70~100万円
>>タヒチの旅費・費用の詳細はコチラ!

●フィジー ふたりで約50~70万円
>>フィジーの旅費・費用の詳細はコチラ!

●ニューカレドニア ふたりで約50~70万円
>>ニューカレドニアの旅費・費用の詳細はコチラ!

●アメリカ ふたりで約50~80万円
>>アメリカの旅費・費用の詳細はコチラ!

●カンクン(メキシコ) ふたりで約50~80万円
>>カンクン(メキシコ)の旅費・費用の詳細はコチラ!

<旅費の合計>
ふたりでおよそ50~70万円が相場


>>旅行代金が含まれた海外挙式のプラン一覧

>>旅行を含むプランがある手配会社一覧

ハネムーンも兼ねた海外旅行。楽しく過ごすために【現地でかかる費用】も予算に入れて!

ハネムーンも一緒に楽しめるのが海外ウエディングの魅力のひとつ。現地観光やグルメ、ショッピングなどやりたいことがいっぱいありますよね。そこで、心ゆくまでハネムーンを楽しむためにも、現地で使うお金を項目に分けてしっかり予算立てをしておきましょう。

●アクティビティ ふたりで1~15万円
観光名所をめぐるツアーや、マリンスポーツ、クルージングなど現地ならではのアクティビティはハネムーンの楽しみのひとつ。事前に予約が必要なものが多く、個人で手配する場合と、ツアーやパッケージプランのオプションで申し込みできる場合があるので、海外挙式や旅行手配をお願いしている会社にまずはオプション内容を確認してから決定するのがおすすめです。

●お土産・ショッピング 5~20万円
お目当てのブランド物から現地ならではのかわいい雑貨など、海外でのお買い物は思わずテンションもアップしてしまいますよね。また、海外挙式の場合、ご祝儀を頂いている親族や挙式に参列できなかったゲストへのお土産も忘れずに。渡航先の物価によって予算の幅も変わってくるので、レートを確認しながら予算を立てておくと安心です。

●現地での食費など滞在費 ふたりで2~10万円
滞在期間中の食事代や、ちょっとした買い物、入場料など滞在費は思っている以上にお金がかかると思っていたほうが◎。また、渡航先によってはレストランやタクシー、ホテルのルームサービスなどに対してチップが必要な国もあるので、その国の文化やチップの相場は事前に調べておきましょう。

<現地でかかる費用の合計>
ふたりで8~45万円が相場


>>ハワイでかかる費用の詳細はコチラ!
>>グアムでかかる費用の詳細はコチラ!
>>バリ島でかかる費用の詳細はコチラ!
>>プーケット(タイ)でかかる費用の詳細はコチラ!
>>ヨーロッパでかかる費用の詳細はコチラ!
>>オーストラリアでかかる費用の詳細はコチラ!
>>モルディブでかかる費用の詳細はコチラ!
>>タヒチでかかる費用の詳細はコチラ!
>>フィジーでかかる費用の詳細はコチラ!
>>ニューカレドニアでかかる費用の詳細はコチラ!
>>アメリカでかかる費用の詳細はコチラ!
>>カンクン(メキシコ)でかかる費用の詳細はコチラ!

参列してもらう大事な【家族やゲスト分の費用】もチェック! 全額負担&一部負担の場合の相場は?

海外挙式に参列してもらうゲストの旅費をふたりが負担するか、一部だけ負担するかによっても大きく変わる項目です。ふたりとゲストの関係性によって旅費を負担する・しないは様ざまですが、大切なのは前もってゲストに旅費負担をするか・しないかをはっきり伝えておくことです。また、旅費負担しない場合には、ゲストからご祝儀を頂かないという花嫁も多いみたい。

●ゲストの旅費
【全額負担の場合】一人あたり20~30万円
両家の親4名 80~120万円

【一部負担の場合】一人あたり3~5万円
10名だと 30~50万円


<ゲストの費用分担の合計>
およそ30~120万円が相場


【まとめ】ふたりのやりたいことや行きたいところによって総額はさまざま

あこがれの海外ウエディングの費用相場、いかがでしたか? 海外挙式では希望する国や行く時期はもちろん、ゲスト人数や挙式・パーティでどんなことをするかによってかかる費用に大きな幅があります。どこで・いつ・何人くらいの海外挙式がしたいか、どんな演出やオプションを取り入れたいかなど、ふたりの希望やイメージをしっかり描いて、希望するプランを扱う旅行会社やプロデュース会社にまずは相談してね!

>>海外挙式の手配会社を探す

>>すべての海外挙式プランを見る

海外挙式のオススメ手配会社

ハワイ専門ならではのサポート力でトータルプロデュース
Cheers Wedding (チアーズウェディング)

創業90年の実績でハイクオリティなハワイウエディングが実現
TAKAMI BRIDAL(タカミブライダル)

離島や地元の教会などオーダーメイドなハワイウエディング
Real Weddings(リアルウエディングス)

ヨーロッパやバリ島での海外挙式なら
WHITE DOOR(ホワイトドア)

モルディブ・タヒチの実績が豊富
エス・ティー・ワールド ムーンシェル

ドレスショップならではのセンスでオシャレにコーディネート
クチュールナオコ ウエディング

世界の名門ホテルでかなうハイクオリティな海外挙式
アールイズ・ウエディング

「旅」と「挙式」、安心のトータルサポート!
JTB(JTBウエディングプラザ・JTBウエディングデスク)

挙式やパーティ、旅行手配までトータルプロデュース
ワタベウェディング

豊富な実績をもつH.I.S.のウェディング専門店。全国に店舗を持ち、海外旅行も挙式も充実&安心♪
株式会社H.I.S. ウェディング専門セクション「アバンティ&オアシス」
アフターパーティ・帰国後パーティ
海外挙式のノウハウトップへ