結婚式場探しならマイナビウエディング > ブライダルニュース > 式場選びはフラワーコーディネーターの実力もチェック! テイクアンドギヴ・ニーズのブーケに注目

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2020.4.27

式場選びはフラワーコーディネーターの実力もチェック! テイクアンドギヴ・ニーズのブーケに注目

青山迎賓館アーカンジェル代官山麻布迎賓館ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館など、洗練されたロマンチックな結婚式場とウエディングプロデュースを全国で手がけるテイクアンドギヴ・ニーズ
式場選びで大きなチェックポイントとなる装花・フラワーコーディネートについても、専属フラワーコーディネーターが著名なコンテストに出場して入賞するなど、その実力で注目を集めています。

式場選びはフラワーコーディネーターの実力もチェック! テイクアンドギヴ・ニーズのブーケに注目

プレ花嫁にとって、会場の雰囲気やドレス、料理などに並んで重要項目となっているのが装花・フラワーコーディネート。
中でも専属フラワーコーディネーターが在籍する式場は、会場のテイストはもちろん、新郎新婦の個性にピッタリのアレンジを創り出し、特別な1日を彩ってくれると人気です。

nmidlast-aoyamageihinkan-tg0423.jpg

テイクアンドギヴ・ニーズでは、専属フラワーコーディネーターの手束友紀氏が、2020年2月に催された人気イベント「世界らん展2020-花と緑の祭典-」内で開催されたコンテストにブーケを出展し、みごと入賞!

そのブーケのタイトルは、「篠突く雨」。シンビジウムのルージュ、パフィオ、ゴールドにスプレーしたアンスリウム、多肉植物の十二の爪などを使用し、アスリートに大きな拍手が降り注ぐ様子をブーケで表現。降り注ぐ大きな拍手を激しい雨に例え、コンテスト初出展ながら「トロフィー賞」に選出されました。

n3mid-tg0423.jpg

同展では、技術的完成度をみる「テクニック」、斬新さや独創性をみる「オリジナリティ」、色合いの美しさをみる「カラーハーモニー」のほか、蘭と他の花植物との融合性や、作品全体の構成力をみる「完成度」の4つのポイントで審査が行われました。
手束氏も、テイクアンドギヴ・ニーズの結婚式場における会場装花や、ウエディングブーケ制作などでスキルを磨いてきたそうです。

ウエディングの現場だけでなく、コンテストなど外部への挑戦でも、日々、技術を磨いているフラワーコーディネーターたち。

n2mid-tg0423.jpg

「希望の花を伝えただけなのに、当日は想像以上に可愛いブーケが出来ていて感動した」「パーティ会場の装花がキレイでゲストからもお褒めの言葉をいただいた」など、ウエディングの思い出として、お花にまつわる声が多く聞かれるのもうなずけます。

n5mid-tg0424.jpg

「お花にこだわりたい!」と考えているプレ花嫁は、相談会やフェアでぜひ一度プランナーに聞いてみてください。
装花やフラワーコーディネートから、ウエディングの演出の幅も広がるはずですよ♪



ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

<< すべての最新トレンド&ニュースを見る