結婚式場探しならマイナビウエディング > エリア検索結果 > 熊本県 Trend & News > 《熊本の結婚式を盛り上げる!》県内主要会場が集まったブライダルコロナ対策会議を取材【編集部レポート】

マイナビウエディング編集部が集めた 最新トレンド&ニュース

2020.7.06

《熊本の結婚式を盛り上げる!》県内主要会場が集まったブライダルコロナ対策会議を取材【編集部レポート】

「今結婚式やっても良いもの?」「遠方から来る人にはどのような配慮をしたら良いだろう?」など新型コロナウイルスにに対して、様々な悩みがあるプレ花嫁は多いのではないでしょうか? そんな悩める花嫁たちのために、熊本の結婚式場が集まり、安全・安心な結婚式を行えるような対策を話し合う会議を編集部が取材をしてきました。

《熊本の結婚式を盛り上げる!》県内主要会場が集まったブライダルコロナ対策会議を取材【編集部レポート】


主催者は、地元熊本のブライダルカウンターTwelve取締役・斉藤潤一氏。熊本エリアで18年間、エージェントとして地元の結婚式場を支えてきたからこそ、この非常事態に業界として手を取り合っていくべきと考え、発起人として名乗りを上げました。
集まった式場は全部で12会場。その他、熊本の新聞社やテレビ局など6つの企業がこの会議に参加し、意見交換を行いました。
熊本エリアでの結婚式の施行組数は、2020年1月~6月で昨年より600~650組の減少傾向にあるそうで、コロナ禍により花嫁が不安に思っていることがうかがえます。九州エリアは遠方ゲストの参加割合も多いため、「安心・安全な結婚式」という取り組みを式場ごとに行うだけでなく、エリア全体の行動としてアピールし、少しでもカップルの心配ごとを払拭しようという狙いがあるそうです。

熊本コロナ会議1.jpg


《施策1》合同テレビCMの制作
KAB熊本朝日放送の協力のもと、合同のテレビCMを制作。各結婚式場のプランナーが参加し、「安心・安全な結婚式」をPRします。
一部ゴールデンタイムでも放映予定だからチェックしてみて!

《施策2》合同イベント計画
ブライダル合同イベントを企画。
各式場ごとにブースを設け、熊本の式場を一気に知るれ、比較検討ができる相談会を開催予定です。

P1010188_R.jpg


この他、ガイドラインや、感染予防の費用負担をどうするのか、リモート婚に関しての問い合わせについてなど各式場の対応方法についての共有が行われました。


熊本エリアの結婚式は人が集まるということに意義があり、昔から大人数を招待するというのが文化として残っているそう。今は新型コロナウイルスの影響で人との距離を保つという観点から、テーブルの着席数を指定せざるをえない状況のため収容人数にも制限がでてきてしまいます。この日集まった式場のスタッフは、その文化守りたいという気持ちが強く、安心してお客様が結婚式を楽しんでもらえるようにと、それぞれの言葉で意見交換をしていました。

P1010200_R.jpg

今後この会合を定期的に開催し、活動内容の幅も広げる予定だそう。
目標は、各会場の情報共有の場から、熊本のウエディングを盛り上げていく団体へと成長していくこと、「最終的には県認定の協会として発足させ、佐賀県が行っている『さがウェディング祝福事業支援金』のように、結婚式をあげるカップルへ助成金が出せる制度を確立させ、熊本ウエディングの活性化へ繋げたい」という斉藤氏。
そのためにまず「安心・安全な結婚式」という、業界として訴えたいことをメディアを通じて発信し、一生に一度の大切な日を心から楽しんでもらえる環境作りをしていきたいそう。

結婚式を行うのが不安なカップルも多いと思いますが、少しでも安心して行える環境を整えられるように活動している、熊本のウエディング業界の取り組みに今後も注目を!

P1010243_R.jpg


参加会場(順不同)
■マリーグレイス
■マリーゴールド
■アンジュールハウス
■KKRホテル熊本
■アーフェリーク迎賓館熊本
■ホテル日航熊本
■ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
■熊本ホテルキャッスル
■ザ・ニューホテル熊本
■ブランヴェールアベニュー熊本
■ザ スタイルオブエクセレント
■ホテルメルパルクKKUMAMOTO

参加企業(順不同)
■熊日新聞
■KAB熊本朝日放送
■熊本リビング新聞社
■熊日広告
■肥後銀行
■熊本銀行

▶熊本の結婚式会場を見る




ふたりらしい結婚式を「マイナビウエディング」TOP

このカテゴリの最新トレンド&ニュース一覧を見る
<< すべての最新トレンド&ニュースを見る