4月の結婚式特集<2022~2023年お日柄カレンダー付>

新緑あふれる4月は、人気の結婚式シーズン。何と言っても、桜が開花する4月前半は、ゲストとの記念撮影や前撮りロケーション撮影など、桜をバックに撮影すれば美しいフォトジェニックな写真が残せるのも魅力のひとつ。また、ゴールデンウィークを利用すれば、遠方から参列するゲストも結婚式の前後に観光を組み込んだりと、思う存分楽しんでもらうことも。そこで、春の訪れを存分に楽しめる桜が見られる結婚式会場を紹介! ゲストと特別なひと時をゆったり楽しめる、ステキな結婚式をかなえて!

<4月のオススメポイント>
・桜をバックに美しい記念撮影ができる
・花や緑などテーマにした結婚式がかなえられる!
・連休を挟めば遠方ゲストもゆったり過ごせる



結婚式の日取りの決め方「六輝(六曜)」とは?


2022年4月は週末の「大安」に予約が集中!?
気候の良い結婚式のトップシーズンは早めの計画が必須

桜が満開になり、春のあたたかさに包まれる4月。他の月に比べて結婚式が多く、良い日取りはあっという間に埋まってしまう可能性も。4月に結婚式を挙げたいカップルは、早めに会場を決定し、空き日の確認を心掛けましょう。2022年4月は3日(日)と9日(土)の「大安」が人気NO.1の予感。週末を希望するなら、「先勝」や「友引」の吉日が続く月後半も候補に入れてみて。日取りにこだわらなければ、2日(土)の「仏滅」なら比較的、押さえやすいかも。オトクなプランや特典が利用できる場合もあるので、まずは会場に確認を!

2023年4月は毎週末の吉日に注目。人気の式場を狙うなら、早めの段取りを心がけて
結婚式のハイシーズンに突入する4月。気候が穏やかで暑さ寒さが気にならないため、ガーデンやオープンテラスで快適に過ごせます。満開の桜をバックにした記念撮影や、外の開放感を生かしたおもてなしもステキ。予約が取りづらい分、早めに式場選びを進めて良い日取りを決めることが大切です。2023年4月の週末は吉日が多く、結婚式に最適な日取りがたくさん。中でも22日(土)の「大安」や、30日(日)の「先勝」は人気が集まりそう。少しでも予算を抑えたいなら、式場の平日プランや特典をリサーチしてみて。

桜が楽しめる結婚式場特集


浅草ビューホテル (東京都/浅草駅)
詳細を見る
歴史ある街でふたりらしさをかなえる感動ウェディング
7つの神社から選べる本格神社挙式、東京スカイツリー(R)を望むスカイチャペルでの感動挙式、リニューアルしたばかりの神殿挙式とふたりのこだわりにあわせて選べる挙式スタイルが魅力。歴史ある浅草の街で、人情あふれる人々があたたかく祝福してくれます。春には隅田川沿いの桜並木や浅草寺境内の桜も咲き、一生の思い出に残る結婚式に!
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 着席2名~500名 / 立食30名~800名
伝統と革新が調和した会場。日本庭園を見下ろすチャペルで永遠の誓いを
川越市から「都市景観重要建築物等」に認定されたエントランスを通って趣きある会場へ。料亭時代のままの柱や梁など、日本の伝統美に心を奪われる空間が広がる「HATSUNEYA GARDEN」。チャペルから見下ろす手入れの行き届いた日本庭園など会場全てが美にあふれています。新緑が眩しい春はさらにオススメの季節。春婚の充実プランもあるので、必ずチェックを!
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 着席100名
伊勢山ヒルズ (神奈川県/桜木町駅)
詳細を見る
非日常感たっぷりの大聖堂×大邸宅。多彩なテイストがそろう空間で特別な時間を
「伊勢山離宮」の歴史を受け継ぐ白亜の大邸宅。挙式は大聖堂や水の教会、伊勢山皇大神宮から選べ、披露宴は貸切邸宅で贅沢なひと時を過ごすことができます。館内には海外で買い付けた上質な調度品が飾られ、特別感たっぷり!屋外での演出も自在にかなうので、心地よい春のウエディングにおすすめ。
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 着席 2名~ 142名 、立食2名~ 250名

< 3月の結婚式特集<2022~2023年お日柄カレンダー付>  |  一覧へ戻る  |  5月の結婚式特集<2022~2023年お日柄カレンダー付> >