結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚式準備ガイド > 【2022‐24年カレンダー付】六曜(六輝)とは?一粒万倍日など開運日もチェック!結婚式日取りの決め方を徹底解説

【2022‐24年カレンダー付】六曜(六輝)とは?一粒万倍日など開運日もチェック!結婚式日取りの決め方を徹底解説

六曜(六輝)タイトル画像
結婚式の日取りを決める際、多くのカップルが気にする「六曜(六輝)」。有名な大安や仏滅のほか、先勝、友引、先負、赤口の6つの違いや結婚式によいとされている日をご紹介。さらに、最強の開運日とされている「一粒万倍日」なども解説します。せっかくなら縁起が良い日にしたい!というふたりはぜひ参考にしてみてくださいね。

▼2022年・2023年・2024年の六曜(六輝)カレンダーはこちら




六曜(六輝)とは?

六曜(六輝)とは?

「六曜(ろくよう)」とは暦に記される暦注(注記)のひとつで、「六輝(ろっき)」とも言われています。元々は中国で生まれ、日本では占いや曜日のような感覚で使用されていました。

現在は先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6つからなり、それぞれに意味があります。そのため「結婚式は大安」「お葬式は友引を避ける」など、いまでも日本の行事と深いかかわりがあります。

迷信として気にしないカップルも増えていますが、両親や親戚など気にする人が多いのも事実。結婚式の日取りは事前に一言相談してから決めるとよいでしょう。

結婚式にまつわる悩みは…マイナビウエディングサロンの無料相談で解決!


よく聞く「大安」や「仏滅」の意味とは?結婚式の日取りに良い日は?

■大安
大安(たいあん)とは、「おおいに安し」という意味で、すべてにおいて吉とされる日です。特に結婚式は良いとされており、結婚式場の予約が埋まりやすい人気の日取りとなっています。土日祝の大安は大変人気なため、希望する場合は事前に会場へ空き確認をしましょう。

■友引
友引(ともびき/ゆういん)とは、もともとは「勝負がつかない日(共引き)」とされていましたが、現在では「友を引く」という意味で使われています。お葬式にはふさわしくないとされていますが、結婚式においては大安の次に良い日とされています。

■先勝
先勝(せんしょう/さきがち/せんかち)とは、「先んずれば勝ち」という意味で、何事も急いで行うのがよいとされます。

■先負
先負(さきまけ/せんぷ)とは、「先んずれば負ける」という意味で、先勝とは対照的に何事も控えめに静かに過ごすのが良いとされている日です。

■赤口
赤口(しゃっこう/しゃっく)とは、「火の元や刃物に注意すべき日」という意味凶日とされ、お祝いごとは避けるべきとされます。

■仏滅
仏滅(ぶつめつ)とは、「すべての物事に凶とされる日」という意味で、何事も控えたほうが良い一日とされています。

▼2022年・2023年・2024年の六曜(六輝)カレンダーはこちら


大安以外も”時間帯”によっては吉なことも!

大安以外も”時間帯”によっては吉なことも!

では、結婚式は「大安」の日に挙げないと縁起が悪いのでしょうか?実は、大安以外の日でも、場合によっては問題ないとされているんです。

まず、友引は「友を引く」という意味があるので、幸せのおすそ分けという意味も兼ねて結婚式は◎。他にも招待状や引き出物、内祝いを友引に発送することもあります。ただし、お昼を挟む11時~13時頃は凶とされているため、気になる場合はその時間帯を避けた挙式がおすすめです。

先勝は午前中が吉とされているので、午前中に式を始めるとよいでしょう。
逆に先負は午後が吉とされているので、お昼以降に挙式を開始するのが望ましいでしょう。

赤口は凶日とされていますが、午前11時~午後1時は吉とされているので、もし希望の日が赤口で六曜が気になるようでしたら、11時以降に結婚式を開催するとよいでしょう。


土日の大安は人気のため埋まりやすく、なかなか希望の日に予約が取れないこともあります。
六曜はあくまでも参考程度に、プランナーとしっかり話し合っておふたりで日程を決めてみてくださいね。

▼2022年・2023年・2024年の六曜(六輝)カレンダーはこちら




「一粒万倍日」など最強の開運日も要チェック!

「一粒万倍日」など最強の開運日も要チェック!

六曜(六輝)のほかにも、開運日として縁起が良いとされている日があります。

■一粒万倍日
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち)とは、大安に並ぶ吉日とされている人気の日です。「一粒蒔いた籾(もみ)が万倍にもなって実る」という意味があり、万事のスタートに良いと考えられています。大安や友引と重なる日はさらに運気がアップするとして、とても人気の高い日となっています。

■天赦日
天赦日(てんしゃにち)とは、「天がすべてのことを許す日」という意味を持ち、もっとも縁起の良い日とも言われています。年に5~7日程しかめぐってこないため、とても貴重な日です。

■母倉日
母倉日(ぼそうにち)とは、「天が人を慈しむ日」とされており、何事においても吉。特に入籍や結婚式は良しとされています。

最新の大安や天赦日、一粒万倍日などが重なる日を一覧でチェック!




仏滅のほかにも避けたほうがいい日とは?

仏滅のほかにも避けたほうがいい日とは?

「土用の丑の日(どようのうしのひ)」「不成就日(ふじょうじゅび/ふじょうじゅにち)」は新しいことを始めないほうが良いとされている日のため、入籍や結婚式には不向きとされています。
ただし不成就日は月に4回程あるため、大安と重なることも。優劣はないので、気になる場合は日付をずらすことを検討してみてもよいでしょう。

「寅の日(とらのひ)」は、千里を行って千里を帰る力がある虎の話をもとに、旅行運や金運がある日とされます。一方で「実家に戻ってきてしまう」という意味で結婚には不向きとされます。


このように仏滅以外にも結婚式に向いていないとされる日はいくつかありますが、とはいえ捉え方は人それぞれ。入籍日が仏滅でなければ、結婚式の日取りは気にしないというカップルもいます。
実は仏滅プランとして結婚式が安くなっているケースもあるので、気にならない方にとっては、結婚式をオトクに挙げるチャンス。ぜひチェックしてみてくださいね。

仏滅の結婚式は避けなくてもいい? 割引プランやスムーズに進めるコツを解説


その他、年末年始やお盆といった帰省の時期、GWやシルバーウイークなど旅行される方が多い長期休みの中日、クリスマス当日などイベントがある日などは、ゲストの都合がつかない場合があるためなるべく避けるとよいでしょう。


▼2022年・2023年・2024年の六曜(六輝)カレンダーはこちら


みんなはお日柄を気にした?当日「大安派」は〇%

希望のシーズンと、日付と、会場の空き状況と、さらにはお日柄も気になってきた……と、結婚式のお日取りに関して悩むことも多いはず。
そこで、マイナビウエディングでは先輩カップルに「結婚式の日取りと六曜(六輝)」について聞いてみました。

Q.結婚式の日取りを決める際、六曜(六輝)は気になりましたか?
六曜Q1グラフ
※アンケート対象(調査時期:2014年9月17日~19日、調査対象:マイナビニュース会員、調査数: 20~50代の既婚男女222名、調査方法:インターネットアンケート)


約6割が「六曜(六輝)を気にしなかった」と回答。一方六曜を気にしたという4割の方は「一生に一度のことと思い、縁起のいい日にしたかったから」(女性/30歳/大安に挙式)「日取りを優先したが、仏滅だけは避けた」(男性/39歳/友引に挙式)のように、積極的に大安を選ぶ場合もあれば、凶とされる日を避ける程度の場合も。

Q.最終的に結婚式の日取りはどの日にしましたか?
六曜Q2グラフ
※アンケート対象(調査時期:2014年9月17日~19日、調査対象:マイナビニュース会員、調査数: 20~50代の既婚男女222名、調査方法:インターネットアンケート)

「六曜(六輝)は気にしない」という人が多いという結果でしたが、やはり大安に挙式した人が大半。それぞれを選んだ理由やエピソードを詳しく尋ねてみました。

■大安は「一番いい日を選びたかった」
1位の大安を選んだ人は、「親が大安の日にした方がいいと言ったため」(女性/28歳/金融・証券)、「親がとても気にするので、尊重して大安しか考えていなかった」(女性/31歳/不動産)など、周囲の声を素直に聞いた人が目立ちました。

■友引は「友達にも幸せになってほしかった」
大安は都合がつかなかったので」(女性/31歳/情報・IT)「挙式したい日に大安がなかったが、友達も引っ張られて幸せになれたらいいなと思って友引にした」(女性/32歳/アパレル・繊維)など、大安に都合がつかなかった方に選ばれているようです。また、友引の意味をこめた声も。

■先勝は「特に意識せず決めた」
「候補日がたまたま先勝だった」(女性/25歳/食品・飲料)など、あまり特別なこだわりはなく選んだ人が大半という結果に。

■先負は「午後の時間にした」
「午後だったので大丈夫かなと思った」(男性/32歳/その他)のように吉の時間を選ぶ人、「都合がいい日付だったから」(女性/28歳/金融・証券)のようにあまり気にしなかった人に選ばれています。

■赤口は「日程優先で決めた」
「日程がちょうどよかったから」(男性/25歳/学校・教育関連)、「日程を都合を選んだらその六輝だった」(女性/33歳/金属・鉄鋼・化学)など、六曜より日程を優先させた人が多めでした。

■仏滅は「式費用が安かった」
「式費用が安かったし、六輝自体を気にしなかったから」(女性/30歳/団体・公益法人・官公庁)、「日付を優先したので気にならなかった」(女性/32歳/金属・鉄鋼・化学)など、費用面を優先したり六曜にこだわりのない人が選んでいるよう。


2022年・2023年・2024年のお日柄カレンダーはこちら

六曜(六輝)も踏まえて結婚式のお日取りを決めたいというふたりは、ぜひ下記のカレンダーを参考に、候補日をだしてみてくださいね。




お日取りも式場も、結婚式にまつわる悩みはプロに相談!

マイナビウエディングサロン

「希望の日にちのお日柄が悪く、親が反対している…」「結婚式のお日取りってどう決めるといい?」など、結婚式にまつわるお悩みはマイナビウエディングサロンにご相談ください。
お日取り以外にも、後悔のない式場選びなども無料でサポート! 結婚式を検討している方は、まずはお気軽にお問い合わせください。




< 結婚式場の決め方・探し方のコツとは? 先輩花嫁さんに聞く「式場探し&見学のポイント・失敗談」  |  一覧へ戻る  |  結婚式スタイル特集 >