結婚式場探しならマイナビウエディング

> プレミアムクラブ

> プレミアムクラブ特集

 > オシャレ花嫁SNAP一覧

 > Vol.37:[星が煌く七夕をイメージした、サマーナイトウエディング]

オシャレ花嫁 SNAP
vol.37

星が煌く七夕をイメージした、サマーナイトウエディング


新婦SAKURAさんが新郎からプロポーズされたのが、結婚式1年前の7月7日。そして1年後の7月7日に入籍し、7月8日に結婚式当日を迎えたこともあり、結婚式のテーマは迷わず「七夕」。サマーナイトウエディングのステージにふたりが選んだのは、約4000坪のガーデンが広がる「ザ ガーデンオリエンタル大阪 ●Plan・Do・Seeグループ 」。夏の夜空に煌く天の川や星のモチーフは、真似したくなるアイデアがいっぱい!

production

ウエディング前、ファーストミートで花嫁姿を彼に披露

新郎が初めて新婦のドレス姿と対面する「ファーストミート」。お支度が整ったSAKURAさんは「彼はなんと言うだろう」と高鳴る気持ちをおさえながら、ガーデンで待つ新郎のもとへ。初めてSAKURAさんのドレス姿を目にした新郎は笑顔で大きくうなずき、SAKURAさんの目には思わず涙。今日という日が迎えられたことに心から感謝したという、思い出深いワンシーン。

ファーストミートはどんな流れでやるもの?

大阪府に新しくオープンする結婚式場

dress

ナイトウエディングにぴったりのビジューが輝くウエディングドレス

たくさんのドレスに袖を通し、その中でも初めて見たときに心が弾んだという「JENNY PACKHAM」(ジェニー・パッカム)のBardot。決め手になったのは、ナイトウエディングに映える全身に施されたビジュー。前から見た花嫁姿はナチュラルな雰囲気でありながら、背中が大胆に開いたデザイン。SAKURAさんにとって、運命の一着。

ウエディングドレスの海外ブランド人気ランキングTOP5

ウエディングドレスの人気デザインをライン・ネック・テイスト別に発表

ceremony

12の感謝と思い出でゲストとの絆を深めた、ダーズンローズセレモニー

挙式スタイルはダーズンローズを取り入れた人前式。セレモニーでは、「愛情」「誠実」「栄光」「希望」など12の言葉の意味をふたりに教えてくれたゲストを選び、バラの花を運んでもらうというもの。司会者から披露されたゲストひとりひとりにまつわるエピソードに、笑顔でバラを届けてくれる人や涙をこらえきれない人など、新郎新婦とふたりを見守り続けたゲストとの絆がうかがえる感動的なシーンに。ゲストから集めたバラは、新郎のお母様がブーケにし、新郎がSAKURAさんに改めてプロポーズ。新郎の誓いの言葉に、ゲストからは惜しみない祝福が贈られた。

ダーズンローズにはどんな意味がある? 結婚式で取り入れたい12本のバラの演出例

production

星々の祝福に見送られた幻想的なエンディングシーン

ゲスト全員によるバブルシャワーに包まれて挙式会場を後にした新郎新婦。ゲストの服についてもシミが残らないシャボン玉を選び持ち込んだという、オシャレをこよなく愛する花嫁ならではの配慮がうかがえる。そして、挙式会場の外では、ふたりが「これだけは叶えたい!」と思っていた、七夕の星になぞらえたゲストたちによる花火で見送られた。当日まで心配だった天気も問題なく、ゲストも花火のお見送りを楽しんでくれていたことに大満足。

結婚式を幻想的に彩る「ランタン」コーディネートで美しいナイトウエディングを

coordinate

高砂ソファは天の川に見立てた装花でアレンジ

パーティ会場は、ナイトウエディング×七夕にちなんだ装飾でコーディネート。ゲストからも賞賛の声が多数寄せられた高砂ソファーは、天の川に見立ててかすみ草と、ライト、スモークツリーでアレンジ。ゲストテーブルも高砂ソファーの装飾に合わせてかすみ草とキャンドル、そしてふたりが手作りした前撮り写真を使ったウエディングブックでシックな雰囲気に。

今注目の「高砂ソファ」! 結婚式でのメリットやオシャレなアレンジ方法

production

ゲストもオシャレを楽しんだDress code

招待状の中に、ゲストのドレスコードを記載したDress code cardを同封。暑い季節ということ、ナイトウエディングということを考え、堅苦しい感じにならないように女性はノーブラック、男性はノージャケットにして蝶ネクタイの着用を指定した。結婚式当日は、半袖のポロシャツに蝶ネクタイや、女性も肩を露出したロングドレスなど、ドレスコードを思い思いに楽しんだゲストたち。会場全体が華やかな雰囲気に包まれ、暑い季節でもゲストにリラックスして過ごしてもらうことができた。

大阪でリラックス&ナチュラルなガーデンウエディングがかなう結婚式場

More Photos
Bride's Profile
SAKURAさん
name SAKURAさん
instagram @sakura_wd
job 看護師
like 映画鑑賞
hall ザ ガーデンオリエンタル大阪 ●Plan・Do・Seeグループ
dress1 Jenny Packham(ジェニー・パッカム)
accessory orgablanca(オルガブランカ)

ふたりの叶えたい世界観と、ゲストへのおもてなしが反映されたウエディング

「七夕」というコンセプトのもと結婚準備を進めた新郎新婦。とりわけ、コンセプトが明確な場合、装飾や小物のアレンジに気を取られてしまいがちですが、そもそも「自分たちにとってどういった場にしたいのか」という結婚式の意義を大切にしたふたり。叶えたい世界観とゲストへの配慮を無理なく融合させたアイデアは、サマーウエディングやナイトウエディングでぜひ真似したいですね。

マイナビウエディング プレミアムクラブ編集部

この花嫁のスタイルが気に入った方に、編集部がオススメする結婚式場
花嫁が選んだ会場

2018年オープンの「水のチャペル」は高さ約8.5mのスケールを持つ、シンプルかつ上質なデザイン。
4,000坪の広大な敷地には、1年を通し豊かな緑と自然光が満ち溢れ非日常感を味わえる空間が広がる。

横浜の街を舞台にかなうのは、3つの挙式会場と7つの邸宅から選べる自由度の高いウエディング。
「水の教会」と別名をもつ美空間は、自然の美しさに包み込まれる、夢のようなナチュラルウエディングが叶う。

軽井沢の中に佇む邸宅でのウエディングのメインステージは、野鳥やリスも訪れる、森に囲まれたガーデン。
海外ウエディングを彷彿とさせるロケーションで叶う、形式にとらわれない自由なスタイルを。

プレミアムクラブの結婚式場をすべて見る

すべてのオシャレ花嫁
prev next
オシャレ花嫁SNAP一覧へ

キャンペーン


マイナビウエディング プレミアムクラブ 今月の特集

今、最も注目されている式場は? 人気式場 週間ランキング
今「牧師」にこだわる花嫁が増えています! 大人のための式場選び
テイストで式場を探す 外資系ホテルから三ツ星レストランまでLuxe Wedding
【ウエディングアーティスト】ナチュラル+αで完成するガーデンウエディング演出
編集部スペシャルスタイリング
思わず「少人数」を選びたくなる!少人数ウエディング 徹底ガイド
まとめて資料請求OK! 滞在型リゾート婚会場
オシャレ花嫁SNAP