結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > マイナビウエディングPRESS > 結婚式の仮予約は3割が利用! 仕組みからキャンセル・本契約まで

人気記事ランキング

最新記事

結婚式の仮予約は3割が利用! 仕組みからキャンセル・本契約まで

kariyoyaku_main.jpg

結婚式場の見学やブライダルフェアに参加すると、必ず耳にする「仮予約」。この仮予約は、理想の結婚式場を見つけるためにじっくり比較検討ができるオススメの制度です。ここでは仮予約ができる一般的な期間や、仮予約のキャンセル・断り方などはもちろん、先輩カップルに聞いた仮予約会場数、さらに本契約をするまでにどんなことを検討したのか、本音を大調査しました!

仮予約とは、気に入った会場の挙式日を一時的に予約できる便利な制度

仮予約とは、会場見学やブライダルフェアに参加した際、希望する挙式日程が空いていた場合に他のカップルに先に契約されないよう一時的に希望日程でのその会場での結婚式を押さえておくことができる便利な制度です。仮予約できる期間は会場によって多少の違いがありますが、一般的には1週間から10日間ほど。また、仮予約する希望日が他のカップルの仮予約と重なってしまった場合には「仮予約のキャンセル待ち」が行える場合もあります。

もし仮予約中に他の会場を気に入って仮予約をキャンセルしたとしても、このタイミングではキャンセル料はかかりません(※1)。

なお、会場によっては仮予約の制度がなく内金の発生する本契約からしか結べないこともあるので、事前に担当のプランナーさんにどのような契約制度があるか確認しておくのがベストです

3組に1組は仮予約を利用。「仮予約した」は1~2会場を押える傾向に

結婚式を行った先輩カップル294名(※2)に『気に入った会場に仮予約をしたか』についてアンケートを実施したところ、7割の先輩カップルが「仮予約しなかった(68.4%)」、3割が「仮予約した(31.6%)」と回答。仮予約をしなかった先輩たちにその理由を聞いてみたところ『一目ボレだったのですぐに本契約した』『会場自体に仮予約できる制度がなかった』という声が多くみられました。

ただ、ここで注意しておきたいのが、会場と本契約した場合に後でキャンセルをするとキャンセル料金が発生するということ。もし会場を見て一目ボレした場合でも、ゆっくり落ち着いて検討するためにも、一定期間だけ会場を押さえられる仮予約を活用するのがオススメです。

一方の「仮予約した」と回答した先輩たちに何会場を仮予約したかについて聞いてみたところ、最も多かったのが「1会場(64.5%)」で、次いで「2会場(25.8%)」。実際にその会場に仮予約をした理由については「会場に仮予約を勧められたから(51.6%)」と回答した人が半数以上。次いで「気に入っていたが他の会場も見学したかったから(43.0%)」、「仮予約をすると特典がもらえたから(20.4%)」、「気に入ったので親など周囲の人にこの会場に決めて良いか相談するため(15.1%)」と最終的な会場決定をする前にじっくり検討するため会場を一時的に押さえたという人が多いようです。

本契約をする前に会場の雰囲気はもちろん、見積書で料金を確認

気に入った会場を仮予約した場合、本契約を結ぶ会場を決定するまでの間に具体的にどのようなことをして検討すれば良いのか、みなさん気になるところですよね。そこで、会場に仮予約をした先輩カップルに『申し込みをする会場を決めるために何をしたか』を聞いたところ、「ほかの会場を見学した(63.4%)」が最も多く、次いで「仮予約をした会場に再訪した(23.7%)」、「仮予約をした会場について、インターネットで調べた(22.6%)」、「仮予約をした会場について、親など周囲の人に相談した(18.3%)」という結果に。

なかでも、「仮予約した会場に再訪した」という人に、なぜ再訪したのかその理由を聞いてみたところ、『他の会場と比較しながら、仮予約した会場の細かいところを確認しておきたかった』『ブライダルフェアや料理の試食会に参加して、式当日のイメージを膨らませたり味の確認をしたかった』といった声が多く、会場を一目ボレで決めてしまわずに念には念の確認をするため仮予約した会場に何度か足を運んでいるみたい。

また、気になる会場がいくつかある場合には、希望する雰囲気のチャペルや披露宴会場であるかどうかはもちろん、受付や控え室などゲスト目線でも会場を確認して比較してみることも忘れずに。さらに演出や衣装、料理、ペーパーアイテム、ギフトなどできるだけ細かなところまで見積書を出してもらい、会場ごとに金額面でどこでどのような違いがあるのか比べてみることも大切です。

4割近くがキャンセルする仮予約。じっくり比較検討がキーワード

本契約を結ぶ会場を決めた時に、他の仮予約した会場へのキャンセルを伝える場合、どういった連絡方法が良いのでしょうか。そこで、まずは先輩カップルに『仮予約していた会場のキャンセルをしたかどうか』について質問してみたところ、「キャンセルしなかった」が61.3%、「キャンセルした」が38.7%と回答。

そして、キャンセルした先輩カップルが『どのように会場へキャンセルの連絡をしたか』については、「電話で連絡した」が8割以上(80.6%)で、「メールで連絡した」は13.9%と、直接会場に行ってキャンセルを伝えている人はほとんどいないという結果に。

また、具体的な断り方については、『他の会場と比較検討した結果』『親の希望も聞いた結果』『最終的な費用を考えた結果』など、簡単な理由を会場に伝えればOKです。仮予約のキャンセルは、言いにくかったり申し訳ない気持ちになりがちですが、ちゃんと連絡を入れることが何より大切です。

本契約は慎重に。会場決定前に見ておきたいチェック項目

気になる会場のブライダルフェアや会場見学に参加すると、あこがれていた世界に思わずテンションが上がって「ここにする!」と即決してしまいがち。でも、それぞれの会場には仮予約という便利な制度がある場合がほとんどだから、これを活用しない手はない! ということで、会場は2~3カ所見学してまわり、何がどう違うか比較検討してみたり、親の意見も聞いてみて後悔することがないよう冷静に判断するようにしましょう。

また、本契約を結んだ後にキャンセルをした場合、内金が戻って来なかったり、キャンセル料が発生する場合があるので注意が必要です。
仮契約から本契約するまでには、
◆希望するゲスト人数が入る挙式スペースや披露宴会場かどうか
◆希望するスタイルや演出が叶えられるかどうか
◆演出や衣装などのプランの内容がふたりの満足のいくものかどうか
◆料理の味やボリュームが適正かどうか
◆希望を叶えた時にふたりの予算に収まるか
をしっかり確認して決定するようにしましょう。

さらに、結婚式場の見積書は会場ごとに表示する項目や単位が違っている場合が多く、最終候補2~3会場の見積書は衣装や料理、小物などふたりの希望を細かく出して、できるだけすべての内容を反映した見積書で比較検討するのも忘れずに。1週間~10日間の短い期間ではありますが、仮予約ができる会場ならその制度を上手に活用して、ふたりやゲストが大満足できる理想の結婚式会場を見つけてくださいね。

現地に行かなくてもOK♪ 見学後はパノラマ画像で比較しよう


※1…仮予約のキャンセル料については、会場によって異なる場合があります。事前に会場に確認をしておきましょう。
※2…アンケート概要:結婚式をした既婚男女335件/ログイン式インターネット調査/2015年11月20日~2015年12月1日


マイナビウエディングサロンなら、フェア予約からキャンセルまでおまかせ! まずは気軽に相談♪

< 結婚式のメニュー表手作りアイデア&準備の仕方  |  一覧へ戻る  |  引き菓子人気ランキングTOP5! 金額相場や選び方も解説 >