シェア

人気記事ランキング

最新記事

婚姻届 新婚生活 結婚式後

結婚の手続き・届け出を順序よく進めるためのポイント

kekkon_tetsuduki.jpg

結婚するときには、婚姻届をはじめとするさまざまな手続きや届け出が必要となります。手続きをする際、二度手間にならずスムーズに進めるためには、順序よく進めることがポイント。特に入籍後に姓が変わる人(女性)は、手続きの順番が重要となります。

そこで、結婚するときの手続きや届け出の種類、必要な書類・もの、タイミングなどを順番に沿ってリスト(一覧)でご紹介。効率よく手続き・届け出ができるお手伝いをします!

結婚式場探しから、指輪購入や新婚旅行の手配まで♪ マイナビウエディングサロンなら無料で相談できる!

婚姻届提出⇒転入届提出⇒新姓での住民票の写し入手の順番が◎!

結婚にまつわる手続き・届け出を最も順序よく効率的に行うには、婚姻届の提出と引っ越しをほほ同時期(2週間以内)に行うことです。そうすれば、婚姻届と転入届を同日に提出できて役所に行く回数も少なくできますし、入籍後に姓が変わる場合(特に女性など)も、その後に行う運転免許証や銀行口座などの氏名や住所の変更手続きも一度にできるのです。

婚姻届と転入届を同日に提出する順番は、先に婚姻届を提出し、そのあとに転入届を出します。転入届を提出する際に婚姻届を提出した旨を伝えると、ほとんどの場合その日のうちに新姓での住民票の写しを手に入れられます。ただし、提出した時間や役所の混雑具合によって発行に時間がかかったり、同日に受け取れなかったりする場合もあるので、その日のうちに新しい住民票の写しが欲しい場合は事前に管轄の役所に問い合わせておくことをオススメします。

なお、以下に「婚姻届を提出するとき、役所で一緒に行うと便利な手続き・届け出」をリスト(一覧)としてまとめました。順序よく手続き・届け出を進めるうえでの参考にしてください。

<婚姻届を提出する時、役所で一緒に行うと便利な手続き・届け出一覧>
手続きの種類手続きの内容・詳細必要書類、必要なもの
婚姻届の提出本籍地または所在地の役所や行政サービスセンターに提出。24時間受け付けてもらえるが(出張所は時間外は不可の場合も)、時間外に提出する場合、書類に不備があったときは翌日に連絡が来るので、受理日がずれる可能性もある。戸籍謄本(本籍地の役所に提出する場合は不要)、印鑑(訂正があった場合のため、持参するといい)、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
転入届の提出引っ越しから14日以内に新住所地の役所に届け出る。なお、同日に婚姻届を提出する際は、先に婚姻届を提出してから、転入届を提出する。その際に、婚姻届を提出した旨を伝えると、新しい氏名での住民票を発行してくれる(発行までの期間は役所によって異なるので確認を)。転出届を提出した際にもらった転出証明書、本人確認書類、印鑑
住民票の写しの取得運転免許証やパスポートなどの氏名や住所の変更をする際に必要となる。婚姻届と転入届を同日に提出すれば、新住所と新姓が反映された住民票が手に入るので効率的。本人確認書類、手数料
マイナンバーカード・通知カードの氏名変更の届出婚姻届を提出した後、すぐに新しい住民票の写しが手に入れば、その日のうちの手続きも可能。市区町村の窓口に届け出て、追記欄に裏書きをしてもらう。入籍後にマイナンバーカードを申請する場合は、通知カードに裏書をしてもらい、申請手続きを行う。マイナンバーカードまたは通知カード
国民健康保険・国民年金の氏名変更届け婚姻届を提出した後、すぐに新しい住民票の写しが手に入れば、その日のうちの手続きも可能。手続きは役所のそれぞれの窓口へ。被保険証、年金手帳、印鑑(本人が署名する場合は不要)

※手続きに関する内容・所要時間・日数は自治体によって異なる場合がありますので、必ず各自治体にご確認ください。

入籍と結婚式の順番はどっちが先? 入籍・結婚式・引っ越しまでの期間とタイミングを徹底調査

各種手続きを行う際に前もって準備しておくと便利なもの一覧

婚姻届や転入届を提出したら、銀行や免許、クレジットカードなどさまざまなものの住所などの変更手続きが必要になります。特に姓が変わる場合(女性など)は氏名の変更も必要となります。そのために事前に用意しておくと便利なものを以下の表に一覧としてまとめました。証明写真や新姓の印鑑は早めに用意しておくと、順序よく手続きが進められ、そのときになって慌てることがありません。

入籍後に、新姓で印鑑登録をしたい場合は、新住所地の役所で登録申請をする必要があります。そのため、実印用の印鑑を前もって作っておけば、婚姻届を提出する際に、一緒に印鑑登録ができるので効率的です。ちなみに、旧姓で印鑑登録をしている場合は、登録した市区町村の役所で廃止申請を行う必要があります。これは時間があるときに行うといいでしょう。

<各種手続きを行う際に前もって準備しておきたいもの一覧>
前もって準備しておくと便利なものあると便利な理由
住民票の写し新姓や新住所が反映された住民票。役所での手続き後、最初に運転免許証の氏名や住所を変更するのなら、以降は運転免許証が身分証明となるため、住民票の写しは1枚でOK。
証明写真パスポートの記載事項変更申請のために、提出から6カ月以内に撮影された45mm×35mmの顔写真を1枚用意しておく。各パスポートセンターのビル内や周辺にも証明写真を撮影できるスタジオは多く点在しているので、パスポートセンターへ行く前でもOK。
入籍後の姓の印鑑銀行口座やクレジットカード、保険などの氏名・住所変更の際に必要になる。珍しい姓の場合は、オーダーになる場合もあるので、早めに準備することをオススメ。

※自治体によって異なる場合がありますので、必ず各自治体にご確認ください。

婚姻届の必要書類とその入手方法

新しい住民票ができたら、氏名・住所変更を

新しい住民票の写しが手に入ったら、氏名や住所の変更手続きをしましょう。氏名や住所の変更はなるべく一時期に集中して順序よく行うのがオススメ。たとえば、入籍後に姓が変わる場合(特に女性など)、銀行口座の名義は変えたのに、クレジットカードの名義は変えていないと、クレジットカードの支払金が引き落とされないということもあるのでご注意を。

また、新婚旅行などで海外に行く際、航空券とパスポートの名義が異なっていると飛行機に搭乗できません。婚姻届提出の時期と新婚旅行の時期が間近の場合は、氏名が異ならないよう、特に女性は手続きの順番に細心の注意が必要です。以下に一覧としてまとめた表を参考に、ぜひスムーズに手続き・届け出をすすめてください。

なお、銀行やクレジットカード、保険などは、手続きに必要な書類が会社によって異なることがありますので、事前に電話やネットなどで調べて、入籍後の手続きを順序よく進められるようにしておきましょう。

<氏名や住所の変更が必要な手続き・届け出一覧>
手続きの種類手続きの内容・詳細必要書類、必要なもの
運転免許証婚姻届や転入届を提出し、入籍後に新しい住民票が手に入ったら、なるべく早く、運転免許試験場や警察署で手続きする。運転免許証、運転免許証記載事項変更届(用紙は警察署や運転免許試験場にある)、住民票の写し(本籍を変更する場合は、本籍地入りの住民票を手配)
パスポート婚姻届や転入届を提出し、入籍後に新しい戸籍謄(抄)本が手に入ったら、なるべく早く。住民登録をしている都道府県の旅券窓口で、記載事項変更申請を行う。一般旅券発給申請書(記載事項変更用)※パスポートセンターの窓口にある、有効中のパスポート、戸籍謄(抄)本、6カ月以内に撮影された顔写真(45mm×35mm)1枚、手数料(6000円)
銀行口座婚姻届や転入届を提出し、入籍後に新しい住民票が手に入ったら、なるべく早く。銀行窓口で手続き。取引店以外でも問題ないが、通帳やクレジットカード発行に日数がかかる場合もある。なお、住所変更だけなら、インターネットや郵送でも行える。預金通帳、キャッシュカード、新姓・旧姓の届け出印、本人確認書類(運転免許証など旧氏名と新氏名の両方が確認できるもの)
クレジットカード婚姻届や転入届を提出し、入籍後に新しい住民票が手に入ったら、なるべく早く。各クレジット会社に電話やインターネットなとで連絡し、手続きを行う。クレジットカード、新姓の印鑑、本人確認書類、申請用紙(電話やインターネット経由で取り寄せる)
生命保険・損害保険婚姻届や転入届を提出し、入籍後に新しい住民票が手に入ったら、なるべく早く。加入している保険会社に連絡し、手続きを行う。手続き方法は保険会社によって異なるので、確認を。保険証券、本人確認書類、新姓・旧姓の届け出印
国民健康保険・国民年金婚姻届や転入届を提出し、入籍後なるべく早く、管轄の役所に届け出る。婚姻届を提出した後、すぐに新しい住民票が手に入れば、その日のうちの手続きも可能。被保険証、年金手帳、印鑑(本人が署名する場合は不要)
マイナンバーカード・通知カード婚姻届や転入届提出後14日以内に、管轄の役所に届け出る。婚姻届を提出した後、すぐに新しい住民票が手に入れば、その日のうちの手続きも可能。マイナンバーカードまたは通知カード
携帯電話、スマートフォン氏名変更は婚姻届を提出し、入籍後に新しい住民票が手に入ったら、なるべく早く、携帯電話会社のショップで手続きを行います。住所変更は引っ越しの1週間くらい前に、携帯電話会社のショップあるいはインターネットで手続き。本人確認書類、使用中の携帯電話(氏名変更の場合)、IDやパスワード
インターネット通販サイトクレジットカードや銀行口座の名義を変更したら速やかに。氏名や住所、クレジットカードの登録内容などをネット上で変更する。クレジットカードなど

※自治体や企業によって、内容などが異なる場合がありますので、必ず各自治体・企業にご確認ください。

入籍後、名義変更の手続きを順序よく進めるコツとは?

氏名・住所の変更手続きは運転免許証やマイナンバーカードなど本人確認書類として使えるものを最初に手続きしておくと、以降の変更手続きが順序よく、スムーズに進められます。

<運転免許証を持っている人の場合の手続き順序例>
新しい住民票入手 ⇒ マイナンバー・健康保険・年金等の氏名・住所変更手続き ⇒ 運転免許証 ⇒ 銀行 ⇒ 携帯電話 ⇒ クレジットカード・保険 ⇒ パスポート

運転免許証を持っている人は、まず管轄の役所で新しい住民票を手に入れます。そのときに、マイナンバーカードのほか、国民健康保険や国民年金(加入者のみ)の氏名・住所変更も行います。その後、警察署または運転免許試験場に行き、運転免許証の氏名や住所を変更します。なお、住民票の写しは返却されません。変更事項が記載された免許証を受け取り、その足で銀行へ。銀行は最寄りの支店窓口で手続きができます。ただし、当座預金(無担保カードローンを除く)、住宅ローン、住宅金融支援機構融資、財形預金の利用などがある場合は取引店(口座を開設した支店)での手続きが必要となります。

その後、携帯電話ショップへ足を運び、手続きをしましょう。帰宅後、クレジットカードや生命保険などの変更届に記入し、必要書類を揃えて郵送などの手配を。クレジットカードや生命保険などは事前に連絡をして、必要書類を揃えておくといいでしょう。なお、パスポートの記載事項変更申請には住民票のほかに、戸籍謄(抄)本も必要となります。新しい戸籍ができるまでには時間(およそ1日~3、4日)がかかりますのでご注意を。なお、新しいパスポートを受け取るまでには、窓口によって異なりますが約6~8日かかり、再び受け取りに出向く必要があります。


<運転免許証を持っていない人の場合の手続き順序例>
新しい住民票入手 ⇒ パスポートまたはマイナンバー・健康保険・年金等の氏名・住所変更手続き ⇒ 銀行 ⇒ 携帯電話 ⇒ クレジットカード・保険

運転免許証がない人は、マイナンバーカードかパスポートの手続きを最初に行ってから、銀行などその他の手続きを行うのがダンドリよく進めるためのひとつの方法です。もうひとつは、パスポートやマイナンバーガードの手続きと銀行などの手続きを並行して行う方法です。前者の場合は住民票の写しが1枚で済みますが、パスポートかマイナンバーカードが届いてからその他の手続きをすることになりますので、銀行などの手続きをするのが少し遅くなってしまいます。後者の場合は、銀行などの手続きは早めにできますが、本人確認書類として住民票の写しを手続きの分だけ用意する必要が出てきます。どちらの方法にするかは、自分たちの状況に合わせて選ぶといいでしょう。

ちなみに、結婚を機にマイナンバーカードを申請する場合は、住民票を取得してから通知カードを持って役所内にあるマイナンバーカードの窓口に行き、追記欄に氏名や住所が変わった旨の裏書をしてもらい、マイナンバーカードの申請を行います。その後、自宅に届いた交付通知書(はがき)を持って、指定された交付場所に出向いて受け取ります。

入籍後の会社での手続き一覧

まずは、結婚しても同じ会社で働き続ける人の場合です。企業などに勤めている人は、勤務先の規則にしたがって結婚届を提出しましょう。書式や必要なものは総務などに確認を。この届けを出すことで、男性も女性も関係なく会社によってはお祝い金がもらえたりします。

届け出のタイミングや必要書類などは会社によって異なりますので、結婚が決まったら早めに総務などでどのような段取り・順序で書類を提出したらいいのか、事前に確認しておくことをオススメします。ここで注意したいのは銀行口座の名義です。女性などで入籍後に姓が変わる場合、銀行口座を新姓に変更したのに勤務先に届け出をしないと、給与が振り込まれなくなってしまいます。

以下に一般的な会社での手続きを一覧としてまとめているので、ぜひ効率よく届け出をすすめてくださいね。

<会社での手続き一覧>
手続きの種類手続きのタイミング必要書類、必要なもの
結婚届婚姻届を提出するタイミングに合わせて詳細は勤務先に確認
住所変更届引っ越しのタイミングに合わせて  〃  
給与振込み口座の変更入籍後に銀行口座の名義を変更するのに合わせて  〃  
名刺結婚により氏名(姓)が変わる場合は、新しい名刺に作り直す結婚・入籍後も社内では旧姓を名乗りたい場合など、詳細は勤務先に確認が必要

結婚を機に退職する場合

結婚を機にそれまで勤めていた会社を退職する・働き方を見直す女性は少なくありません。会社を退職する場合は、退職の手続きをとります。退職する際には、退職希望日の約6~3カ月前にはその旨を上司に伝えましょう。手続きの詳細については会社に早めに確認を。

また、退職後、別の会社に転職する場合は、失業給付の手続きを行い、国民健康保険と国民年金に加入します。失業給付の手続きは住所地を管轄するハローワークで行います。退職後に、かつての勤務先から離職票が送られてきたら、すぐに手続きを。また、国民健康保険と国民年金の手続きも、離職票が届いたら住所地の役所の窓口に出向き、なるべく早く行ってください。

なお、年内に退職し、再就職しなかった場合には自分で確定申告を行う必要があります。この際は退職時に会社からもらう源泉徴収票が必要になりますので、なくさないように保管してください。

退職後、配偶者の扶養に入る人(特に女性など)は、配偶者の勤務先で手続きをします。ちなみに、配偶者の扶養に入れるのは、被扶養者の年収が130万円未満となります。扶養に入ると、健康保険と国民年金(第3号)の保険料は支払う必要はありません。ただし、被扶養者が従業員501人以上の企業で働いている場合は、年収が106万円以上になると健康保険と厚生年金に加入しなくてはなりません。なお、健康保険と国民年金(第3号)の手続きは、配偶者の勤務先から必要書類をもらって記入後に勤務先に提出すればOKです。また、被扶養者の給与年収が103万円以下の場合は、配偶者控除が受けられます。この場合も、配偶者の勤務先に控除の申告書を提出し、手続きを行います。

引っ越しを順序よくすすめるための手続き一覧

結婚を機に引っ越しをする人は、引っ越しにともなう手続きもお忘れなく。なお、婚姻届け提出と引っ越しの時期が離れている場合は、手続き・届け出が煩雑になる場合もあるので、以下の一覧を参考に、段取りや順番・順序をしっかり考えましょう。

<引っ越し関連の手続き・届け出一覧>
手続きの種類手続きの内容・詳細
転出届現住所の役所で、引っ越しの14日前から受け付けてくれる。必要なのは本人確認書類と印鑑。この際に転出証明書が発行される。これは転入届を提出する際に必要なので、なくさないように。なお、同市区町村内での引っ越しなら、転出届は提出しなくてよい。ちなみに、転出届は郵送での提出もOK。
転入届引っ越しから14日以内に新住所地の役所に届け出る。この際必要なのは、転出届を提出した際にもらった転出証明書と本人確認書類と印鑑。なお、同日に婚姻届を提出する際は、先に婚姻届を提出してから、転入届を提出する。その際に、婚姻届を提出した旨を伝えると、新しい氏名での住民票を発行してくれる(発行までの期間は役所によって異なるので確認を)。
電気引っ越しの1週間くらい前までに契約している電力会社に電話やインターネットから連絡。お客様番号と住所を伝える必要があるので、お客様番号は検針票や領収書なとで調べておく。
水道引っ越しの1週間くらい前までに管轄の水道局に電話やインターネットから連絡。お客様番号と住所を伝える必要があるので、お客様番号は検針票や領収書なとで調べておく。
ガス引っ越しの1週間くらい前までに契約しているガス会社に電話やインターネットから連絡。お客様番号と住所を伝える必要があるので、お客様番号は検針票や領収書なとで調べておく。なお、ガスの開栓には立ち会いが必要なので、都合の良い日時を指定する。
インターネット回線引っ越しが決まったら、契約しているインターネット会社のHPを見て手続きの方法を調べ、早めに手続きを行う。
NHK引っ越しが決まったら、インターネットや電話で手続きを行う。なお、NHKの契約は1世帯につき1契約なので、ふたりとも一人暮らしでNHKの契約をしていたなら、世帯同居の手続きを行う。世帯同居の手続きは電話のみで受け付ける。
郵便物の転居届郵便物は転居届を出しておくと、旧住所あての郵便物等を新住所に転送してくれる。転送期間はおよそ1年間。転送開始希望日の約1週間前までに郵便局の窓口またはインターネット、郵送で手続きを。必要なのは本人確認書類と旧住所が確認できるもの。
宅配便インターネット上で再配達依頼などをしている場合は、引っ越しと同時に登録している住所を変更する。
前家賃の精算賃貸住居の解約については契約書を確認。解約時の家賃について、月割りか日割りかが明記されているので、それに従って精算する。
固定電話引っ越しの約1カ月前に電話会社に電話やネットで連絡し、引っ越しの手続きを行う。旧住所地でも新住所地でも工事が必要となるので、早めに工事の日程を予約するのがオススメ。

※自治体・企業によって、手続きに関する所要時間や対応が異なる場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

まとめ

結婚にともなう手続き・届け出は煩雑なので、事前にどうやったら順序よく効率的に進められるかを考えておかないと、二度手間になりがちです。男性も女性も関係なく状況は人それぞれですので、どんな順番で進めたら最も効率がいいかをふたりで整理、協力して抜けがないように進めたいものです。

※手続きに関しては、自治体や企業によって対応や所要時間が異なる場合がありますので、必ず事前にご確認ください。


絶対役立つ♪ 婚姻届記事一覧へ

これで結婚式準備は完ぺき! スケジュール順のやることガイド「わたしたち、いつ何するの?」

これでカンペキ!結婚式準備最強ノウハウ&段取り

この記事を読んだ人にオススメ

< 【結婚式に欠席する場合】ご祝儀の金額や現金の渡し方をケース別で解説  |  一覧へ戻る  |  海外在住カップル向け!日本の結婚式場を探す段取り&コツ >