結婚式場探しならマイナビウエディング > ブライダルエステ > メニュー・プラン 記事一覧 > ドレスデザイン別おすすめコースの紹介付き! ブライダルエステのメニュー一覧

シェア

人気記事ランキング

最新記事

シェービング デコルテ(胸元) フェイシャル ボディ全身 メニュー・プラン 二の腕 背中

ドレスデザイン別おすすめコースの紹介付き! ブライダルエステのメニュー一覧

16375605_S.jpg

幸せそうな花嫁姿は美しいものです。けれどもっと美しく、理想の姿のために、気をつけておきたいポイントが。例えば、花嫁を美しく輝かせるウエディングドレスの白という色には肌のトーンを明るく見せるレフ板のような効果があり、くすみのない透明感の溢れる美肌に見せてくれるのが嬉しいメリット。ですがその一方で、白とのコントラストによってニキビや吹き出物、赤みなどが目立ってしまうことも。

また、結婚式場の強いライトに照らされると、ある程度距離があれば毛穴や肌トラブルなどの粗が光で飛んで見えますが、至近距離になるとシミやそばかす、うぶ毛、肌荒れがより鮮明に見えてしまうといったデメリットも……。「そのデメリット、回避したい!」と思うなら、ブライダルエステの力を借りてみて。

美を磨いて結婚式当日の肌やボディのコンディションを整えてくれるだけでなく、普段自分が気づかないところまでプロの目で細かくケアしてもらえます。そんなブライダルエステの基本的なコースやメニューについて徹底ガイド! これであなたもブライダルエステ通になれるかも。

■目的別に磨き上げる! メニュー一覧

ブライダルエステのメニューにはフェイシャルケアやボディケア、シェービング、痩身など、さまざまな施術があります。これらの施術をいくつか組み合わせたセットメニューもあり、バラバラで施術を受けるよりも料金的にオトクになるケースがほとんど。プランも色々あり、一般的には3〜2ヶ月前から通い始める「5回コース」、1ヶ月〜2週間前から集中的に通う「3回コース」、どうしても時間がない人のための1日完結型の「1回コース」など、花嫁のスケジュールに合わせて幅広く受けられます。

1.肌の調子を整える「フェイシャル」メニュー

結婚式当日のお化粧ノリを左右するのが、肌コンディション。フェイシャルメニューでは挙式の日に向けて肌の調子を整えながら、むくみやニキビ、吹き出物、毛穴、くすみ、たるみなどのあらゆる肌悩みに応じたスペシャルケアが受けられます。普段のスキンケアではなかなか落としきれない毛穴の奥の汚れを超音波による洗浄でクレンジングしたり、イオン導入によって美容成分を肌の奥まで浸透※させたりと、エステだからこそ叶う施術で肌質改善も目指せます。「結婚式までに肌の悩みを改善したい」「むくみやすいから小顔ケアでフェイスラインをスッキリさせたい」など肌や顔の悩みを改善したい方はぜひ受けておきたいメニューの一つです。

※角質層まで

2.全身の肌を磨き上げる! 「ボディケア」メニュー

フェイシャルと同じく、肌の悩みに応じたケアが受けられるボディケアメニュー。ウエディングドレスは背中をはじめ、うなじやデコルテ、二の腕などがあらわになりやすいもの。結婚式場の照明にライトアップされると、白いドレスとのコントラストで肌荒れが目立ちやすいので、ニキビや吹き出物、くすみなどが気になるのなら、ぜひ受けておきたいブライダルエステです。

3.肌トーンを明るくUP! 「シェービング」メニュー

多くの花嫁が受けているシェービングは、カミソリを使って行う本格シェービングと、電気シェーバーを使用するソフトシェービングの二種類があります。どちらもムダ毛とうぶ毛を処理する施術で、顔や背中、二の腕、デコルテ、うなじなどが人気のパーツです。くすみの原因となるムダ毛やうぶ毛が除去されることで、肌のトーンがアップしたり、お化粧ノリが良くなったりと、そのビューティー効果は抜群。ただし本格シェービングの場合、肌が敏感な方は赤みやかゆみが出てしまうこともあるため、挙式1ヶ月前などにお試しとしてリハーサルシェービングを行うのがおすすめです。

4.理想のボディラインを目指す「痩身」メニュー

細く引き締まったボディは、ウエディングドレス姿を美しく見せてくれるもの。痩身メニューではハンドマッサージで揉みほぐしたり、痩身マシンで脂肪や肌表面の凸凹にアプローチしたりすることで、ボディラインを整えながら、引き締めを目指すことができます。全身をスリミングするのであれば、挙式の半年前〜3ヶ月前に通い始めるのがポイントです。二の腕や背中などのパーツを細く引き締めたいのなら3ヶ月前〜2ヶ月前の段階で通い始めるのがベター。エステサロンによっては、痩身施術と一緒に食事の管理やホームケアのアドバイスをしてくれるところも。どれだけ引き締めたいか、どこのパーツをケアしたいかによってコースはさまざまなので、カウンセリングの際にエステティシャンに相談しましょう。

■ウエディングドレスのデザインから選ぶ! ケア別コース一覧

ブライダルエステでどんなコースを受けるかは、着用するウエディングドレスのデザインによっても変わるもの。ウエディングドレス姿をより美しく、より輝かせるために、デザイン別に優先したいケアをご紹介します。

1.背中が開いたデザインなら「背中集中ケア」

背中にデザインがあるものや、大きく開いているドレスを着用するのなら、磨いておきたい背中のパーツ。普段自分ではあまりケアしにくい部位だからこそ、プロの手で肌コンディションを整えて、ハミ肉を引き締めておきたいもの。そんな背中に特化したブライダルエステコースは多く、美白ケアやニキビケア、シェービング、痩身などがセットになっているプランも。バージンロードやお客様への挨拶回りなど、結婚式場でも披露宴会場でも、背中はゲストの視線が集中するものです。「後ろ姿に自信を持ちたい」のなら、肌ケアやムダ毛処理、引き締めの3つは受けておきたいメニューです。式直前はむくみケアを中心に、埋もれている肩甲骨をハッキリさせる施術がおすすめ! 

2.ノースリーブなら「二の腕スリミング」

二の腕にボリュームがあると、全体的にぽっちゃり見えする傾向が……。ノースリーブだけでなく、ビスチェタイプのドレスやフレンチスリーブ、半袖なども腕のラインがあらわになるので、二の腕ケアはしておきたいところ。ハンドマッサージによるむくみのケアをはじめ、痩身マシンでの脂肪や肌表面の凸凹へのアプローチ、EMSなどによる筋力アップやたるみ予防など、二の腕のスリミングに効果が期待できるケアがセットになったコースを受けておくと安心です。

3.脚が出るドレス丈なら「美脚ケア」

カジュアル度が高く、海外挙式やレストランウエディング、二次会で着用されることが多い、短めのスカート丈のドレスには美脚ケアは鉄板です。むくみやすい脚はハンドトリートメントで巡りを良くするだけでも、ケア実感が分かりやすいもの。特に立ち仕事をしている方で、脚が出る丈のドレスを着用する場合は、美脚コースは受けておきたいブライダルエステです。ふくらはぎなどの肌表面に凸凹が目立つ場合は、痩身マシンを使った引き締めケアをプラスしておくのがおすすめ。

4.オフショルダーなら「デコルテケア」

オフショルダーをはじめ、ビスチェタイプ、ボートネックタイプ、UネックやVネック、丸首、スクエアなどの襟元のドレスを着用するのなら、磨いておきたいのがデコルテライン。むくみによって鎖骨が埋まっていると、全体的にぽっちゃりした印象になりやすいため、鎖骨のラインを出すための施術を受けておくのがポイントです。また透明感のあるデコルテは顔を明るく見せるレフ板効果があると言われており、シェービングや美白ケアで肌ケアを行っておくのもおすすめ。猫背だったり、いかり肩の方は整体に通うなどして、鎖骨ラインを正しい位置に矯正しておくのもケアの一つとして取り入れたいところ。

一言にブライダルエステと言っても、色々なメニューやコースがあるもの。エステによっては、花嫁の目標と予算に合わせてオーダーメイドでオリジナルのコースを提案してくれるところもあります。挙式当日までにどうなりたいかによって受けるコースが変わってくるので、ブライダルエステに通う際は、目標を明確にしておくのがポイントです。「自分には何が必要なのか分からない……」そんな方は、無料カウンセリングでプロに相談するのがおすすめ。着用するドレスのデザインが決まっている場合は、写真を持参するのも忘れずに!

この記事を読んだ人にオススメ

< お試し&体験コースを活用して、おトクに美を磨くブライダルエステ!  |  一覧へ戻る  |  ニキビ解消にブライダルエステが効く? 挙式までに肌荒れを解消する方法 >