TASAKI (タサキ)

タサキ / ニュース

TASAKI

TASAKI、新広告キャンペーンをスタート

TASAKI(タサキ)は2020年10月15日(木)より、新たな広告キャンペーンをスタートしました。最新キャンペーンは、様々な個性を持つ女性たちひとりひとりが自分らしさを託すことができる、多面的な魅力に満ちたTASAKIジュエリーの世界と、個性あふれる独自の美の世界を確立し、自分らしい作品を発信し続けているアーティストたちがコラボレートして誕生したものです。TASAKIのジュエリーと、3名の女性アーティスト各々がジュエリーを元に創造したファッションイラストレーションを結びつけ、TASAKIならではの現代的なエレガンスに満ちた女性像を新たな形で表現しています。

TASAKIクリエイティブ ディレクターを務めるプラバル・グルンがデザインを手がける「TASAKI Atelier(TASAKI アトリエ)」ラインのジュエリーとコラボレートするのは、バンクーバー出身で、ニューヨークをベースに活躍するKathy Kim(キャシー・キム)。ドラマティックな瞬間を、現代的かつ洗練されたアングルで描写するイラストレーターであるキャシーのクリエイションと、「TASAKI Atelier」が体現するコンテンポラリーでラグジュアリーな世界が見事に融合しています。

TASAKI、新広告キャンペーンをスタート(1)―TASAKI(タサキ)

“TASAKI Atelier line / Ore” with Illustration by Kathy Kim ©TASAKI

TASAKIのアイコンジュエリーとして愛され続け、今年で誕生10周年を迎える「balance(バランス)」シリーズの革新的な美の世界とフュージョンするのは、ロンドンを拠点に活躍するRosie McGuiness(ロージー・マクギネス)。ファッション分野での経験を、独特な力強いタッチによるスタイリッシュな人物像に投影し、モードな世界観を描き出す
ロージーの作品は、パールをまとうことでより一層力強く輝きを増す女性の姿をアーティスティックに表現したものです。

TASAKI、新広告キャンペーンをスタート(2)―TASAKI(タサキ)

“TASAKI COLLECTION LINE / balance” with Illustration by Rosie McGuiness ©TASAKI


TASAKIならではのモダンで洗練されたブライダルジュエリーの世界と結びつくのは、ロンドン、ストックホルム、フロリダなどミックスカルチャーの環境で育ち、ニューヨークをベースに活躍するSarah Singh(サラ・シン)。淡くエアリーで優しい魅力に満ちた水彩画が、ブランドを代表するエンゲージメントリングである「PIACERE(ピアチェーレ)」やフレッシュな美を放つティアラと共に、幸福感に満ちた「TASAKI BRIDAL」を盛り上げます。

TASAKI、新広告キャンペーンをスタート(3)―TASAKI(タサキ)

“TASAKI BRIDAL / PIACERE & Sarah” with Illustration by Sarah Singh ©TASAKI


最新の広告キャンペーンを通じて、新たなスタイルで表現されたTASAKIの美の世界をお楽しみください。
 
 
マイナビウエディング プレミアムジュエリーでは、ダイヤモンドとパールの2大エレメントとして進化し続ける「TASAKI」のブランドストーリーや名品、婚約指輪、結婚指輪を公開中です。


  

おすすめ編集コンテンツ