時計技術者として名声を高めたピアジェ家。エマへ贈った美しいギフトは永遠の愛の証

Piaget(ピアジェ)の特徴1
創業者ジョルジュ=エドワール・ピアジェとその妻、エマ。

大胆なデザインと斬新な技術、無限の創造性で絶えず革新を続けるピアジェのはじまりは1874年。創業者ジョルジュ=エドワール・ピアジェが設立した時計工房でした。類まれな才能を持つ、若き時計職人のジュルジュはプロポーズの際、工房にこもって制作した手作りの美しい時計をエマに贈りました。彼女は永遠の愛を誓い、それを片時も離さず、大切に身に着けたそうです。

ピアジェの愛のシンボルは時計からリングへ。最愛の人への生涯変わらぬ想いを込めて

Piaget(ピアジェ)の特徴2
エマに贈った限りなく美しいエレガントな懐中時計

時は流れ、ピアジェの愛のシンボルは、リングへと形を変えてきました。ピアジェのブライダルリングは、時計界のジュエラーならではの動きをテーマにしたリングや、精緻なセッティングが美しいリングばかり。メゾンの職人たちは、エマに結婚を申し込んだときのジョルジュと同じ想いで、リング一つひとつに愛情を込め、おふたりの変わらぬ愛に永遠性を秘めたリングを捧げます。

永遠の想いに、この上ないダイヤモンドのきらめきを添えたブライダルコレクション

Piaget(ピアジェ)の特徴3

稀少で純粋、そして永遠性を秘めたダイヤモンドは、究極の愛のシンボル。ピアジェのダイヤモンドは、メゾンの宝石鑑定士により入念に選びぬかれたものだけを使用。ピアジェは、人生をともに歩む約束を交わした恋人たちに、時代に左右されない洗練されたジュエリーを贈ります。さらに、ロマンティックでゴージャスなデザインコンセプトは、ウエディング・ジュエリーとしても最適です。