毎年、豪華スターの衣装に注目が集まるアカデミー賞授賞式。世界のセレブを華々しく輝かせるのが、豪華絢爛なドレスと、はっとするほど美しいハイジュエリーの数々。世界の大舞台で、豪華女優陣はどんなジュエリーとドレスをまとったのでしょうか。中でも第89回アカデミー賞授賞式で注目を集めた5人のセレブのジュエリーとドレスをピックアップしました。

■ハリー・ウィンストン(HARRY WINSTON)のジュエリーを合計119 カラット/ニコール・キッドマン

繊細な刺繍があしらわれたアルマーニ・プリヴェのドレスで登場したのは、これまで4度アカデミー賞にノミネートされ、2003年に主演女優賞に輝いた経歴を持つニコール・キッドマン。中でも注目を集めたのは、ハリー・ウィンストンの計 約13.58ctのペアシェイプ・ダイヤモンドのリング。クラスター・セッティングが施されたリングは、そのゴージャスな煌めきから世界中で話題に。そのほかにも、1963年製の計 約44.03カラットのヴィンテージのブレスレットや、ダイヤモンドとスピネルがあしらわれたイヤリングなど、合計約119カラットを超えるジュエリーをまとい、会場に圧倒的な煌めきを添えました。

Photo Credit:Kevin Mazur/Getty Images


■ティファニー(Tiffany & Co.)のブルー ブック コレクション2017/エマ・ストーン

『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞の主演女優賞に輝いたエマ・ストーンは、足元の揺れるフリンジがアクセントのジバンシィのオートクチュールを着用。今回のベストドレッサーとも報じられる彼女が選んだのは、ティファニーが誇る「ブルー ブック コレクション2017」のジュエリー。特に目を引くのが18Kイエローゴールドにダイヤモンドをあしらったエレガントな輝きを放つピアスです。さらに、3カラットを超えるファンシービビッド イエローダイヤモンドが中央にセットされたリングを着用し、レッドカーペットを華やかに彩りました。

Photo Credit: Getty Images


■フォーエバーマーク(FOREVERMARK)のコレクション/リリー・コリンズ

2歳から女優としてのキャリアを持ち、『白雪姫と鏡の女王』で初主演を務めたリリー・コリンズ。「ヴァニティフェア」誌のアフターパーティーには、胸元が大胆に開いたシースルーのブラックドレスで登場。胸元にはあえてジュエリーをつけず、フォーエバーマークの翼をモチーフとしたイヤカフにリングの重ねづけで、ファッションスキルの高さをうかがわせました。まさにクラシックなハリウッドスタイルといえるコーディネイトで、たくさんの観衆を魅了!

  

■ブルガリ(BVLGARI)のハイジュエリーコレクション/アリシア・ヴィキャンデル

ラッフルが施された総レースのブラックドレスで注目を集めたのは、アリシア・ヴィキャンデル。前回のアカデミー賞で助演女優賞に輝き、瞬く間にその名を世界に広めました。そんな彼女は、自身がブランドアンバサダーも務めるブルガリのハイジュエリーをチョイス。扇モチーフがアイコニックな「ディーヴァ ドリーム」のネックレスと、ダイヤモンドとマザーオブパールをあしらったリングを着用し、美しくも可憐なスタイルで輝かしい舞台に舞い降りました。

Photo credits Getty Images


■胸元にゴージェスなブルガリ(BVLGARI)の輝き/マライヤ・キャリー

女優や音楽プロデューサーとしても活躍する世界の歌姫マライヤ・キャリーも、ブルガリのジュエリーをまとい、「ヴァニティフェア」誌のアフターパーティーに登場。大胆に開いた胸元と深いスリットがグラマラスなドレスに、イエローゴールドにダイヤモンドが煌くブルガリのヘリテージピースを合わせ、注目の的に。その輝きは彼女自身の魅力をさらに引き立てました。

Photo credits Getty Images

■まとめ
ドレスやジェエリーの美しさもさることながら、それぞれのコーディネイトセンスも光った第89回アカデミー賞授賞式。どんなドレスやジュエリーをチョイスするかということも重要ですが、ドレスとジュエリーの「組み合わせ」次第で、何倍にも増して一人ひとりの輝きが際立ちますね。ぜひ皆さんもエンゲージリングやマリッジリングを選ぶ時などの参考にしてみてください!