結婚式場ならマイナビウエディング > マイナビウエディングPRESS > 結婚式準備 記事一覧 > 【花嫁の手紙の例文・文例集】自分らしく感動的な手紙にするポイント

シェア
披露宴 演出 結婚式準備

【花嫁の手紙の例文・文例集】自分らしく感動的な手紙にするポイント

tegami_kakikata_bunrei.jpg

いざ「花嫁の手紙」を書こうと思ったとき、何から書けばいいのかわからなくなった、という花嫁も多いはず。そこでここでは、あなたの記憶を引き出すお手伝いとして、いろいろなシチュエーションの文例をご紹介。これらを参考にしつつ、自分らしい手紙へと仕上げていきましょう。

>>花嫁の手紙の基本の書き方はコチラ

>>新郎の謝辞の文例集はコチラ

花嫁の手紙 書き出し(導入)文例集

ゲストへの断り、親への呼びかけなど「書き出し」(導入)の文例をご紹介します。いきなり親への感謝の手紙に入る前に、そのための時間をもらうことについて、ゲストに断りを入れると、さらにていねいな印象になります。

○ゲストへの断りの文例
・みなさま、本日はお忙しいところ、私たちの結婚へご列席いただきましてありがとうございます。この場をお借りして、私を育ててくれた両親への感謝の手紙を読ませていただくことをお許しください。

・本日は、たくさんの方にお集まりいただき、お祝いしてくださいましたことに感謝申し上げます。ここで私から両親へ、感謝の言葉を申し上げることをお許しください。

○親への呼びかけ文例
・お父さん、お母さん。今日まで○年間、大切に育ててくださいましてありがとうございました。小さかったころを振り返ると、いろいろな思い出が浮かんできます。

・お父さん、お母さん。今日まで○年間、本当にお世話になりました。こうしてたくさんの方々に見守られて結婚式を挙げることができたのも、お父さんとお母さんのおかげです。

花嫁の手紙 エピソード(展開)文例集

幼いころの思い出など「エピソード」(展開)部分にあたる文例をご紹介します。エピソードの内容は人それぞれですが、自分のエピソードを思い出すきっかけにしてくださいね。

○幼いころの思い出の文例
・幼いころ、なかなか寝付けない私のことを、お父さんは毎晩ドライブに連れていってくれました。途中で私が寝たと思って引き返すと、コースが違うと泣き出し、ずいぶん困らせたようですね。

・私がまだ小さかったころ、大好きな絵本を何度も読んでくれたお母さん。新しい絵本を買ってくれても、古いお気に入りの絵本じゃなきゃいや!と、わがままばかり言っていました。

・幼いころは体が弱く、カゼを引いたりして学校を休むことが多かった私に、学校の授業に遅れないようにと、家で教科書やドリルを広げて一緒に勉強してくれたお父さん。小学校は休みがちだったけど、授業にもついていくことができました。

・小学校のころは、家に帰るとすぐ宿題もやらないで外に遊びに行ってしまう私を、叱ろうとする父と母から“子どもは元気なほうがいい”とかばってくれたおじいちゃん。お転婆でずいぶん困らせてしまったけど、おかげで病気などすることなく丈夫で元気に育つことができました。

・走るのが遅く、運動会の徒競走ではいつもビリだった私に、美味しくて豪華なお弁当を持って応援してくれたお母さんのこと、一生忘れません。私もいつか自分の子どもができたら、同じように美味しいお弁当を作って運動会へ応援しに行こうと思います。


○うれしかったエピソードの文例
・単身赴任が長かったお父さんとは、月に2回ほどしか会えませんでしたが、その日が待ち遠しくて、カレンダーに印をつけて、お父さんが帰ってくる日を楽しみにしていました。

・お菓子づくりが得意なお母さんは、私の友達が遊びにくると、いつも手作りのマドレーヌを焼いてくれました。おいしかったし、友達にも羨ましがられるのがうれしかったです。

・子どものころ“引っ込み思案”で、授業参観でも恥ずかしくて手を挙げることができませんでした。そんな私に「自分で話すのが今は苦手でも、それは他人の話をちゃんと聞くことができるということだから、いずれ人前で話すのも恥ずかしくなくなるし上手になるよ」と励ましてくれたお父さん。社会に出てから“聞き上手”とほめられることが多々ありました。


○過去の失敗や後悔を謝る文例
・振り返ると、いつもお父さんには反抗してばかり。門限を守らずに叱られると、こんな家にはもう帰りたくないと友達の家に行き、多くの人に迷惑をかけたこと、反省しています。

・お母さんがしてくれる家事を、当たり前のことのように思っていた私。お父さんと自分の服を一緒に洗わないで!と言いながら、自分では洗濯もせず、いつも困らせていましたね。

・高校生のころダイエットに目覚め、きちんと食事をしなくなった私に、健康的なごはんを作ってくれて、栄養のことを教えてくれたお母さん。あのとき教えてくれたことは私の血となり肉となって、今は△△さん(夫の名前)のために作る食事にとても役立っています。

・裁縫が大嫌いな私は、家庭科の宿題の裁縫をいつもお母さんにやってもらっていました。お母さんは器用だから、すごく上手に仕上げてくれて……。それを学校で提出していたけど、たぶん先生にはバレていたと思います。

○家族みんなに対してのお礼・感謝文例
・私が希望の大学に入学できるようにと、毎朝神社に行って拝んでくれたおばあちゃん。あの日、手に握らせてくれたお守りのおかげで、緊張せずに試験を受け、合格することができました。

・歩くのが遅い私のことを、ときどき立ち止まって待ちながら、いつも一緒に学校に行ってくれたお兄ちゃん。同級生が走って先に行ってしまっても、ずっと私のそばにいてくれてありがとう。

・社会人になって、仕事で帰宅が遅くなった日も家に帰ると温かくて美味しいごはんがあったこと、とても感謝しています。私も仕事で遅くなった△△さん(夫)のために、温かくて美味しくてほっとする食事をいつも用意できる妻になります。


>>親に感謝の気持ちを伝えたいなら、家族でゆったり楽しめる旅行を兼ねたリゾート挙式もオススメ!

花嫁の手紙 結び文例集

最後に、結びの文例をご紹介します。自分の親だけでなく、新郎の親に対して、さらにゲストに対してのメッセージがあると、聞いている人全員に気持ちが伝わりますね。

○新郎の親への感謝・メッセージの文例
・□□さんのお父さん、お母さん。私たちの結婚を認めてくださってありがとうございました。これからはふたりで力を合わせ、明るく幸せな家庭を築いていきたいと思っています。

・□□さんのお父さん、お母さん。今日から新しい家族となれることをうれしく思います。おふたりのように仲のいい夫婦を目指していきますので、これからもよろしくお願いいたします。

○ゲストへの感謝・今後の抱負の文例
・こうして今日の佳き日を迎えることができたのも、ご列席くださったみなさまのおかげです。まだまだ未熟な私たちですが、どうぞ温かく見守ってくださいますようお願い申し上げます。

・私たちの新しい出発を、こんなにも多くの方々に祝福していただき、感謝しています。この気持ちをいつまでも忘れず、助け合っていこうと思います。これからもご指導のほどお願いいたします。


>>ホテルのホスピタリティでゲストをおもてなし。ホテルウエディング特集

>>ゲストを美食でおもてなし! 料理にこだわる会場特集

最後に

さまざまな文例を紹介してきましたが、これらが正解というものではなく、あくまでもヒント。紹介したエピソードと似たような体験や、思い出したエピソードがあれば、その内容を盛り込んだり、言い回しをより自分らしくアレンジしたりと、使い方は自由です。誰もが感動する手紙のために大切なことは、自分の言葉で伝えること。書いたら何度も声に出して読んでみて、より自然に伝わる手紙にブラッシュアップしてくださいね。


>>結婚指輪はもう準備した? ウエディングリングを探す

< 花嫁の手紙で親へ感謝を伝えよう! 感動的な手紙にする書き方  |  一覧へ戻る  |  結婚式の席札の準備の仕方&メッセージ文例 >