結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > マイナビウエディングPRESS > 披露宴 記事一覧 > 【席次例付き】披露宴の席次・席順のマナーとは? ゲストが心地よく過ごせる決め方を紹介

シェア

人気記事ランキング

最新記事

披露宴 結婚式準備

【席次例付き】披露宴の席次・席順のマナーとは? ゲストが心地よく過ごせる決め方を紹介

1007hiroen_sekiji

結婚式の準備で頭を悩ませるもののひとつに披露宴の席次があります。職場の序列をはじめ、親族や友人同士の人間関係など、結婚式では考慮しなければならないことがたくさんあり、途方に暮れてしまうことも……。でも、大切なのはゲストが楽しく過ごせるがどうか。ここでは、披露宴の席次・席順の決め方やマナー、注意したいポイントについてご紹介します。

まずはゲストのグルーピングで席次決めをスムーズに

招待状の返事が戻り、結婚式・披露宴のゲストが確定したら、最初に行っておくといいのがゲストのグルーピングです。新郎側新婦側でそれぞれ、父方の親戚、母方の親戚、仕事関係、大学時代の友人、高校時代の友人、幼なじみ……というように、属性別にゲストをざっと分けておきます。このときポイントとなるのは、互いの面識や親密度。たとえば、同じ会社関係者だとしても、現在一緒に仕事をしている人、かつての部署で一緒だった人、同期の仲間ではそれぞれ親密度が異なり、違うグルーピングをする必要がある場合も。グルーピングができると、どのグループがどれくらいの人数かが分かり、グループごとに何テーブル必要なのか、他のグループと相席する必要があるかなど、おおよその席次・席順の目安がつきます。

【くるくる席次表のデザインアイデア】マイナビウエディングオリジナルテンプレートがダウンロードできる!

結婚式の席次の決め方や基本的なマナー、注意したいポイントは?

実際に結婚式の席次・席順を決めていくうえで、知っておきたいマナーや決めごとがあります。まずはそれをチェックしておきましょう。

【席次マナーのポイント1】上座とは? 主賓や仕事関係者、友人はどこに配置する?
披露宴の席次・席順では新郎新婦が座るメイン席に向かって左に新郎側のゲスト、右側に新婦側のゲストが着席します。メイン席に近い席が上座となり、新郎新婦から一番遠い席が下座となります。一般的には、主賓、仕事関係者、友人、親族の順に上座から座り、下座に家族が座るのがマナー。ただし、会費制ウエディングを行う北海道や東北地方などでは、親族や家族が上座に座るのが一般的です。

【席次マナーのポイント2】上司が何人も出席する場合は? 会社関係者の配置のポイント
会社関係者の席次・席順は気を遣うところですが、役職の順に上座から配置するのが基本的なマナーです。お世話になった度合いや年齢、社歴などを考慮すると混乱しがちなので、結婚式では「役職の順に上座から配置する」という基本ルールに則った方が無難です。なお、役職が同じ人がいる場合は、年齢や社歴などで判断します。

【席次マナーのポイント3】席次・席順はゲストの居心地のよさを考えた配置を
結婚式ではゲストに楽しく過ごしてもらいたいもの。ですから、基本ルールは踏まえつつも、ゲストの居心地のよさを考慮し、席次・席順を考えましょう。たとえば、仲の悪い親戚がいる場合、同じテーブルにするのは避けた方が無難。また、大学時代のサークル仲間が揃ったテーブルに、同じ大学だからといって、まったく雰囲気や嗜好が異なるクラスの友人を1人紛れ込ませるのも考えもの。そんなときは、話の合いそうな同年配の仕事関係者と一緒の席の方が、話が弾む可能性もあります。

席次表の肩書もマナーもカンペキ!結婚式の席次表プロフィールの準備ガイド

テーブルタイプ別! 一般的な席次例

披露宴のテーブルのスタイルによって席次・席順の決め方は異なりますが、結婚式では丸テーブルをバランスよく配する「丸テーブル散らし型」と、長テーブルをつなげた「長テーブルくし型」が一般的です。なお、どちらのテーブルを使用するかは、披露宴会場によってある程度決まっています。テーブル配置や1卓の着席人数も決まっている場合が多いですが、微調整は可能なので、変更を希望する場合は相談してみるといいでしょう。

※席次の数字は小さいほど上座になります。なお、会費制ウエディングを行う北海道や東北などでは、上座に家族や親族が座るのが一般的です。

●丸テーブル散らし型
多くの結婚式場、披露宴会場で採用されているレイアウトです。新郎新婦が座るメインテーブルに向かって左が新郎側、右が新婦側になりますが、両家で招待客数に違いがある場合は、相手側のスペースに食い込んでも構いません。このレイアウトは、1テーブルに座る人数やテーブルの数などを調整することにより、比較的幅広い人数に対応できるのが特徴です。円卓で同じテーブルについたゲスト全員の顔が分かるので、テーブル内で話が弾みやすく、テーブル対抗のゲームなどもできますので、楽しい雰囲気の披露宴にしたいという人にオススメです。

●長テーブルくし型
同じ面積の会場なら、「丸テーブル散らし型」よりも多くの人数を収容できるのが、このレイアウト。クラシカルな雰囲気にもなるので、格式高い披露宴にしたいと考えるのなら、このタイプを選んでもよいでしょう。長テーブルなら、連続性のあるダイナミックなテーブル装飾も可能ですので、フォトジェニックな結婚式を、と考える人にもオススメ。ただし、ゲスト同士で少し話しづらいというデメリットがあります。


「丸テーブル散らし型」と「長テーブルくし型」どちらが好み? 披露宴会場から探す

一人で来てくれたゲストやお年寄り、小さな子ども連れ、両家の人数が揃わない場合はどう配置する?

ゲストの席次・席順を考えるとき、基本ルールでは解決できないケースも出てきます。披露宴でありがちないくつかのケースと、その解決法をご紹介します。

●小さな子どもを連れたゲストの場合
小さな子どもを連れたゲストの場合は、すぐに披露宴会場外へ出られる席の方が何かと便利です。ですから、上座下座は考えず出入り口に近い席を用意しましょう。赤ちゃん連れの場合は、可能なら会場側に頼んでベビーベッドなどを用意してあげると喜ばれます。

≫エリアからキッズスペースのある結婚式を探す
北海道 宮城県 関東甲信 東海 関西 福岡県

●お年寄りや体の不自由なゲストの場合
小さな子ども連れゲスト同様、お年寄りや体の不自由なゲストも出入口に近い席がやはり便利です。ただ、出入り口にあまりに近過ぎると、人の出入りが煩わしかったり、快適な室温が保たれなかったりと、かえって負担になってしまうこともあるので、本人や付き添いの人、結婚式場スタッフとも相談し、心地よく過ごせる席を手配しましょう。

●知り合いが誰もいないゲストの場合
知り合いが誰もいないゲストは、年齢が近い、趣味や好みが似ているなど、話が合いそうな人の隣に席を取るようにするといいでしょう。隣の席になる人には事前に、お隣のゲストが一人で参列していることと、どういった人柄なのかを伝え、なるべく話しかけて欲しい旨をお願いしておきます。

知り合いのいない友人を結婚式に呼んでもいい? 新郎新婦ができる配慮5つ

●両家の人数が揃わない場合
メイン席の左側が新郎ゲスト、右側が新婦ゲストというのはあくまでも基本のルールなので、招待客数に開きがある場合は、相手側のスペースにテーブルを配置しても構いません。また、ちょうどよく収まらない場合は、同テーブルに両家のゲストが同席しても問題ありません。その際は、両家のゲスト同士で話が弾みやすいメンバーを選び、テーブルの右側を新婦ゲスト、左側を新郎ゲストにあてるといいでしょう。

●同グループが1テーブルに入りきらない場合
たとえば、高校時代の友人7人を招待するとします。ですが、1テーブルの最大着席人数が6人。こんな時は6人を同じテーブルに、残り1人を違うテーブルに……ということは避けたいもの。3人と4人などというように分けて、他のグループと相席に。同じグループで1人だけ仲間はずれにならないよう気を付けましょう。

まとめ

結婚式の席次を決めるのはなかなか大変な作業となりますが、まずは基本ルールに則って決めていくことをオススメします。基本ルールでは解決できないケースには、「このゲストにとって居心地よく過ごせる席はどこか?」と考えて決めていくことが大切。席次・席順にはくれぐれも気配りし、ゲスト全員が楽しく過ごせる披露宴を目指してください。

この記事を読んだ人にオススメ

< 結婚式・披露宴の進行と流れ&各プログラムの所要時間を解説!  |  一覧へ戻る  |  結婚式当日の親の役割とマナー、挨拶まわりのタイミングは? >