結婚式場探しならマイナビウエディング > ブライダルエステ > 体験レポート【PR】 記事一覧 > 【PR】ホームケア&サロンケアで美肌を目指せる「シーボン.」を徹底リサーチ! 編集部体験レポート

シェア

人気記事ランキング

最新記事

体験レポート【PR】

【PR】ホームケア&サロンケアで美肌を目指せる「シーボン.」を徹底リサーチ! 編集部体験レポート

シーボン_コラム_IMG_3369.jpg ▲六本木駅改札口の正面に広告も

マイナビウエディング ブライダルエステでご紹介しているサロンに編集部が潜入し、その魅力を余すことなくお伝え!
今回は、化粧品メーカーであるシーボン(C’BON)のトライアルプランを、シーボン美癒 六本木本店にて体験してきました。

20代から80代までの顧客が足しげく通いつめるというシーボン.。
水・処方・品質・効果すべてにこだわりを込めた化粧品と、高い技術を持つスキンケアのプロがお手入れしてくれるというシーボン.のシステム。
1500円で受けられるトライアルプランをさっそく体験しに行ってきました

▲六本木駅2番出口を出て徒歩1分。
直進するとすぐに見えてくる外観
シーボン.美癒 六本木本店は、ヘアサロン、ネイルサロン、デンタルオフィス、美容皮膚科医院、加圧トレーニングスタジオが揃う、
まさにトータルビューティを目指した総合美容ビル。その2F・3Fがエステサロンです。

シーボン.のフラッグシップショップのため、早い時間からヘアサロン、ネイルサロンに続々とお客様が来店していました。
受付の方に、予約内容と時間、名前を伝えると、すぐに本日担当してくださるフェイシャリストさんが受付までお迎えに来てくださいました。
サロン内はホワイトとミントグリーンを基調とした清潔感のある明るい空間で、気負わずにお手入れが受けられる雰囲気が印象的です。

▲向かい側に「六本木ヒルズ」が建つ好立地です
シーボン美癒 六本木本店の入るC’BON viewは、ヘアサロン、ネイルサロン、デンタルオフィス、美容皮膚科医院、加圧トレーニングスタジオが揃う、
まさにトータルビューティを目指した総合美容ビル。その2F・3Fがフェイシャリストサロンです。

シーボン.のフラッグシップショップだけあって、営業時間とともにヘアサロン、ネイルサロンに続々とお客様が来店していました。
受付の方に、予約内容と時間、名前を伝えると、すぐに本日担当してくださるフェイシャリストさんが受付までお迎えに来てくださいました。
サロン内はホワイトとミントグリーンを基調とした清潔感のある明るい空間で、気負わずにお手入れが受けられる雰囲気が印象的です。

■まずはじめに、簡単なアンケートへの回答&カウンセリング

オリジナルのドリンク「酵素美人」のもも(ほんのり酸味の効いたドリンク)を飲みながら、トライアルプランに関するDVDを視聴。
ここでは肌に合った化粧品をおすすめしてもらえるなど、トライアルプランを受ける際の注意点を確認します。

その後、簡単なアンケートを記入。
アンケートの内容には、自分の肌で気になっているところや、使っている化粧品、朝夕のお手入れ時に使っているアイテムなどの質問事項が並びます。
本当に簡単なアンケートなので、それほど悩むこともなく短い時間でさらさらと回答。気になる部分がたくさんあることを改めて実感……!

アンケートを書き終わると担当のスタッフの方とのカウンセリングスタート。肌の状態や、普段のお手入れの仕方など、ヒアリングがあり、次はお化粧品の体験へ!

■メイクを落として素肌に。フェイシャリストさんのアドバイスをもらいながらクレンジング&洗顔

お手入れ用のローブに着替えて、ロッカーに荷物を預けたら洗面台の前へ。
クレンジング&洗顔は自分で行います。ヒアリングを元に、選んでくれたのはうるおい成分としてビタミンC誘導体配合のクレンジング。

慣れているはずのクレンジングと洗顔ですが、人前で行うことはないので、やや緊張してぎこちない動きに……。
早速肌に馴染ませていると、「頬は手のひら全体を使って、敏感な目の部分は力が一番入りにくい薬指をつかって落とすといいですよ!」とアドバイスが。
自分では気がつかない癖や、正しいケアを教えてくれるのは実践的で嬉しい!
次に、ふわっふわの泡をたっぷり贅沢に使って洗顔。さらに、その洗顔を落とすのに酵素パウダーを溶かしたお湯で顔をすすぎます。

驚いたのが、フェイシャリストさんではなく、自分でクレンジングと洗顔を行うことでした。
というのも、一般的にはクレンジング&洗顔はエステティシャンの方にしていただくことが多いのでは?と思っていたのですが、
サロンでのお手入れを体験することで、日々の自分のお手入れ方法を見直すいい機会になりそう!

■腕の内側のキメと頬のキメの状態を比較するために、アップカメラとエピススキャンが登場

▲お手入れ前の肌の状態。大ショック! 
キメを表す「△」がない!!(丸い穴は空気)
右ほほの高い位置のレプリカを採取しています
フェイシャリストさんによるお手入れの前に、肌のキメのレプリカを取ります。それをアップカメラで投影して確認。
まずは理想的なキメといわれている腕の内側をチェック! 続いて頬のキメと向き合うのですが、キメの無さに愕然!
乾燥しているとか、年齢とかあるとはいえ、これほどまでにキメが無いとは……。
ショックでしたが、この後のフェイシャリストさんの本格的なお手入れにより一層期待が高まります!
いまの肌の状態をしっかり確認していただき、私に合った化粧品を選んでもらいました。
事前に日焼け大好きというのもお伝えし、今の私には「フェイシャリストホワイトシリーズ」がおすすめということに。
夏を迎えるにあたり、シミやそばかす、肌のくすみを引き起こす原因にアプローチすることに決定しました!

ここから、いよいよフェイシャルケアのスタート。オールハンドの東洋式フェイシャルケアを体験!

■プロの手により、程よい力加減と心地よい刺激に筋肉もほぐれてきた印象

▲クレンジングクリームのビフォーアフターがこちら
施術用のベッドに横になってお手入れスタート。
まずはスチームをあてて、毛穴を広げます。
おすすめしていただいたホワイトシリーズのクレンジングクリームで、顔とデコルテ、首の裏側、背中も丁寧にハンドでケア。
東洋式フェイシャルケアでは、美肌のポイントをここちよく刺激。
このクレンジングクリームは、肌の汚れを吸い取って黒ずんだクリームになるということで、
施術の後に、どんな色になっているのか、ドキドキです。

毛穴の奥の汚れを取り除きながら、コリコリした部分を中心に丁寧にケア。
ベッドの形状が秀逸で、身体を動かすことなく、背中までケアしてもらえたのが◎。
フェイシャルケアの効果には個人差があると思うのですが、私の場合は強すぎず弱すぎず、程よい刺激が気持ち良かったです!

フェイシャルケアが終わると、そのクレンジングクリームをとり、コットンの上にのせて見せていただきました。
真っ白だったクリームの色が薄っすらとグレーに。フェイシャリストさんのお手入れ前に、自分でクレンジング&洗顔やったよね?と心の声。
「今日はこの色ですが、何度かお手入れを続けると汚れが落ちやすくなり、もっと色が濃くなることもありますよ」と教えてもらいました。

フェイシャルケアによるお手入れを繰り返すことで、毛穴の奥の奥までディープクレンジングできるからだそうです。
このあと、パックをしていただけるとのことで、私へのオススメを聞くと保湿パックとのこと。パック中には、フットケアも。
自分でパックを洗い流して、ケアは一通り終了しました。

この後、お手入れ前後の肌を比較することに。キメがほとんど見えなかったので、肌の変化を見るのが楽しみです。

■お手入れ後の肌の状態を撮影。そして、商品やキャンペーンの説明に

▲お手入れ前とお手入れ後で比較することができます
たった1回のお手入れで、消えかけていたキメを表す「△」が現れました。正直ホッとしました……!
そして自分の顔に触れてみるとふっくらやわらかな実感が!
しかしこのキメは永遠ではないそうです。
肌状態を維持するには手入れを続けることが重要で、
手入れ次第でもっと肌の状態は良くなるとフェイシャリストさんの心強いお言葉をいただきました。
自分の肌の状態をみることで、真面目にホームケアをしようという気持ちが高まります。

化粧品を購入するとその金額に応じてサロンケアが受けられるシステムなので、
継続している方でも、全部化粧品を揃えると金銭面で大変なのでは?と恐る恐る質問したところ、
単品で購入している顧客の方も多いそうです。
金銭面でも色々相談に乗ってもらえそうな気がしました。まずは気軽に相談してみるのが良いと思います。

メイク用品が常備されているので、すっぴんで帰らずにすんだのも◎。
髪の癖直しもできるので、至れり尽くせり。
普段化粧品を持ち歩かないので助かりました。
トライアルプラン体験後、メイクをして髪を整え、六本木ヒルズで彼とデートや友達と食事もいいですね!

気になる所要時間ですが、120分~150分と事前に聞いていた時間内で終了しました!


プロのお手入れ後にアップカメラやエピススキャンで、
肌の状態を記録し、自分の目で確認し一喜一憂。
リアルに目で確かめられるこの説得力は絶大です。
ぜひシーボン.のトライアルプランを体験してみてくださいね。

シーボン.のもっと詳しい情報・店舗情報はこちらから>

この記事を読んだ人にオススメ

< ブライダルエステとは一体? プレ花嫁が知っておきたい基本の「キ」  |  一覧へ戻る  |  卒花嫁もイチ押し! ブライダルエステの大定番「シェービング」の実態調査 >