結婚式場探しならマイナビウエディング > リゾート婚 >国内リゾート結婚式>沖縄の結婚式場一覧 >【沖縄版】結婚式のオシャレな前撮りアイデア&人気のロケーションフォトスポットを一挙紹介♪

【沖縄版】結婚式のオシャレな前撮りアイデア&人気のロケーションフォトスポットを一挙紹介♪

沖縄前撮り
結婚の記念に"ふたりだけのオリジナリティあふれる写真を残したい"という思いは、すべての花嫁さん、花婿さんにとって共通の希望ですよね。そんなニーズの高まりから、挙式会場やその周辺でのロケーションフォトや、家族旅行を兼ねたリゾートウエディングで前撮りをするカップルが増えてきています。また、新婚旅行でフォトウエディングを考えているカップルもせっかくなら、その土地ならではの写真を残したいですよね。

ここでは、沖縄でステキなフォトスポットがある結婚式場をはじめ、前撮りのアイデアや人気のロケーションフォトスポットをご紹介! 絶景はもちろん、開放感あふれるリゾートエリアや、ローカルななごみスポットなどなど、ウエディングドレスが映えることはもちろん、ふたりらしい写真が撮影できる場所ばかりです。沖縄ウエディングの魅力や前撮りについて解説いただくのは、アールイズ・ウエディングのウエディングプランナー、ワタベウェディングのブライダルコンシェルジュという、沖縄での結婚式や前撮りを知り尽くした専門家です。ぜひプロのアドバイスを参考に、沖縄でのオシャレなロケーションフォトや前撮りをかなえて!

【お話をうかがった方】
アールイズ・ウエディング/ウエディングプランナー・辻 真須美さん
ワタベウェディング/ブライダルコンシェルジュ・岩本 真弥さん

結婚式の前撮り 基礎知識をチェック♪






Q.沖縄でのロケーションフォト・前撮りの魅力は?

A.1.海や大自然、街並みなど沖縄ならではの色彩あふれるスポットでの撮影が可能です
海外のビーチリゾートにも引けをとらない沖縄は、比較的移動に時間がかからないため、まとまった休暇が取れない新郎新婦さまや、より多くの家族や友人ゲストを呼びたいふたりにピッタリ! 世界有数とも言われる真っ白な砂浜と透明度の高い海では、沖縄ならではの美しいビーチフォトを残すことができます。また、海だけではなく、南国ならではのフォトジェニックなスポットも盛りだくさん。やんばるの大自然・彩り豊かに咲く花、ノスタルジックな街並など、沖縄ならではの色彩あふれるフォトスポットなど、さまざまなシチュエーションでの撮影が可能です。(アールイズ・ウエディング/ウエディングプランナー・辻 真須美さん)


(画像提供:アールイズ・ウエディング



A.2.結婚式にゲストが参加しやすく、美しいロケーションで撮影ができます
海外リゾートのような楽園の雰囲気を満喫できる沖縄は、結婚式にも家族やゲストが参列いただきやすいことから、当社でお申込みいただくリゾートウエディングでは国内人気№1のエリアです。沖縄での結婚式を挙げるカップルのほとんどが、ロケーションフォトではビーチ撮影を選ばれていますが、海が見えるチャペルをはじめ、島内には多数の美しいフォトスポットが点在しています。沖縄ならではの景観を楽しみたいカップルには「琉球街並みフォトツアー」がオススメ。沖縄独自の文化が感じられ、ふたりの大切な記録を残せると思います。結婚式を兼ねて、観光やレジャー、食事など滞在自体を楽しめるのも沖縄ウエディングの魅力です。(ワタベウェディング/ブライダルコンシェルジュ・岩本真弥さん)

Q.絶景を背景に写真が残せる!沖縄ウエディングのプロが教える「人気のロケーションフォト・前撮りスポット」とは?

A.1.備瀬(びせ)のフクギ並木やアメリカナイズされた金武町(きんちょう)、ビーチなど盛りだくさんです
◆オススメロケーションフォトスポット① 備瀬のフクギ並木
沖縄の昔ながらの風景と手付かずの大自然が残っている本部町備瀬のフクギ並木。さんさんと降り注ぐ太陽の木漏れ日がおふたりを優しく包み込みます。やんばるの自然に囲まれて、ゆったりと落ち着いた時間が流れ、ナチュラルなお写真を残せます。




(画像提供:2点ともにアールイズ・ウエディング


◆オススメロケーションフォトスポット② 金武町(新開地)
アメリカンなウォールアートが広がる街、金武町(きんちょう)。ノスタルジックな街並は、お散歩するだけでも楽しいですし、どこを切り取っても圧倒的におしゃれなショットが残せます。沖縄ならではのアメリカ文化を感じられるストリートスナップはぜひオススメです!




(画像提供:2点ともにアールイズ・ウエディング


◆オススメロケーションフォトスポット③ ウフギーの庭(ギノザリゾート内)
オススメフォトスポットのラストはやっぱり色鮮やかな花々! ギノザリゾート内『美らの教会』に隣接するウフギーの庭では、海はもちろん、鮮やかに咲き誇るブーゲンビリアのアーチの下や、広大な敷地の中で海をバックにブランコに乗って撮影も。ビーチにはウッドデッキや可愛いボートもあるので、リゾート内全体がフォトスポットの宝庫といっても過言ではありません。ここでしかかなわないフォトシューティングを楽しんでください。(アールイズ・ウエディング/ウエディングプランナー・辻 真須美さん)






(画像提供:3点ともにアールイズ・ウエディング


A.2.沖縄本島の西側のビーチや『むら咲むら』でのフォトツアー
沖縄本島は残波や読谷など、西側のビーチがとても美しいことはもとより、宿泊するホテルや挙式会場となるチャペルの多くが西側に建ち並んでいます。そんな西側にあるビーチでの撮影なら、明るい時間はもちろんですが、西側の美しいサンセットを背景にした『サンセットフォトツアー』もオススメ。昼間の明るい雰囲気とは異なるロマンティックなショットを残すことができます。また、沖縄らしさを感じていただけるのは『むら咲むら』でのフォトツアーです。琉球王朝時代の街並みを再現されており、赤瓦屋根や琉球石灰岩など、沖縄ならではの風景を感じていただくことができます。(ワタベウェディング/ブライダルコンシェルジュ・岩本真弥さん)




(画像提供:2点ともにワタベウェディング

Q.前撮りやロケーションフォトのダンドリや当日のスケジュール、料金は?

A.1.アールイズ・ウエディングの場合

~美らの教会でのウエディング/モデルスケジュール~
07:45 メイクイン ※専用お庭付きのブライズルームをご用意しております/09:15 ロケーションフォトツアー(金武町) ※専用車で移動します/11:30 ウフギーの庭でフォトシューティング ※ガーデン・ブーゲンビリア・ブランコなど
12:00 挙式/12:50 ニライカナイデッキ&ビーチで撮影 ※ゲストと一緒にカクテルタイムを楽しみながらビーチでお写真を残せます/14:00 パーティ ※ガーデン付きの専用ルームでゆったりとお食事できます/16:00 終了

【金武町ロケーションフォトツアー】
料金:69,000円(税込)/所要時間:120分/30カット 

【やんばるフォトツアー】
料金:79,000円(税込)/所要時間:120分/30カット
 
【ニライカナイフォトツアー(ウフギーの庭・ビーチ)】
美らの教会基本挙式料金に含まれます
※ウエディングブック以上のアルバムのお申込みの方に限ります
アールイズ・ウエディング/ウエディングプランナー・辻 真須美さん)


(画像提供:アールイズ・ウエディング



A.2.ワタベウェディングの場合
ロケーションフォトツアーへは、挙式当日に出かけることがほとんど。ここでは12時~挙式をスタートする場合のモデルスケジュールをご紹介します。

~沖縄ウエディング12:00挙式の場合のモデルスケジュール~
9:45 当日お支度入り/10:00 お支度開始/12:00 挙式開式/13:00 挙式後ビーチ撮影/13:30 パーティ開始/15:30 ロケーションフォトツアー開始/16:30 ロケーションフォトツアー終了
ワタベウェディング/ブライダルコンシェルジュ・岩本真弥さん)

また、むら咲むらでのフォトツアーやクルージングでのフォトツアーなどの料金の一例もご紹介します。

【琉球街並みフォトツアー】
料金:65,000円(税込)/所要時間:約60分
撮影概要:むら咲むらでのフォトツアーになります
注意事項:挙式時間によって撮影スケジュールが異なります/撮影対象の挙式会場が限られています

【万座毛クルージングフォトツアー】
料金:89,000円(税込)/所要時間:約45分
撮影概要:万座毛周辺を貸切クルーズ船で周遊しながらフォト撮影
注意事項:挙式時間によって撮影スケジュールが異なります/最終乗船時間がございます。お問い合わせください/船法令点検など運航ができない場合は、代替フォトツアーに変更いたします/撮影対象の挙式会場が限られています

新婚旅行で人気の高い場所はどこ?海外&国内最新ランキング!

Q.オススメの季節や時間帯は?

A.1.海の青さにこだわるのであれば、暑いことは少し覚悟のうえでお昼の時間帯にビーチへ
海の青さにこだわるのであれば、暑いことは少し覚悟のうえで断然、お昼の明るい時間帯にビーチに行くのがオススメ。息をのむような深いブルーに輝く海を楽しめます! 中でも7~8月は陽射しが強い分、海も2倍増しでキレイです。また、お天気のいい時期を狙うなら、3~4月や、6月下旬の梅雨明けのシーズンも快晴が期待できます。どのシーズンも日焼け止めとサングラス、虫除けはマストです。(アールイズ・ウエディング/ウエディングプランナー・辻 真須美さん)

A.2.雨が少なく過ごしやすい4月がオススメ
4月は最高気温が約25度で過ごしやすいうえに、海開きもされています。また、雨の確率が少なく、暑すぎない気温がロケーションフォトを過ごしやすくしてくれます。旅行代金も大型連休や夏休みなどと比較すると、安く収まるのもうれしいポイントです。

また、ロケーションフォトや前撮りの時間帯は、12時に挙式をスタートするパターンがオススメです。というのも、太陽が一番上っている時間帯(12:00)から挙式をすると、ビーチ撮影はその30分後に実施されます。そのため太陽をあまりまぶしく感じず、シャッタータイミングで目を開けていられるので、ステキな表情の写真を撮影することができます。パーティはビーチ撮影のあとの13:30から開催することになるかと思いますが、ちょうどランチの時間帯になるので、ゲストの皆さんにも喜ばれると思います(ワタベウェディング/ブライダルコンシェルジュ・岩本真弥さん)

Q.衣装選びのポイントは?

A.1.動きやすさ・軽さを重視したデザインがオススメです
ロケーションフォトはビーチやガーデン、お花や緑とたくさんの自然に囲まれて屋外で撮影することが多く、移動や風の影響も受けやすくなります。そのため、ドレスはチュールやシフォン系のナチュラル素材を使用したものなど、なるべく動きやすさ・軽さを重視したデザインがオススメです。また、足元はお揃いのスニーカーやビーチサンダルに履き替えたり、デニム素材を組み合わせたり、少しカジュアルダウンしても可愛いです! さまざまなシーンで撮影ができるからこそ、シチュエーションごとにセンスある小物を加えてもオシャレです。(アールイズ・ウエディング/ウエディングプランナー・辻 真須美さん)




(画像提供:2点ともにアールイズ・ウエディング



A.2.ビーチでの撮影なら軽くて透け感のある素材がオススメ
リゾートウエディングでフォトツアーも行うなら、軽くて動きやすいドレスがオススメです。たとえば、風が吹いたときに、ふわっとなびく透け感のある素材なら、ビーチでの撮影をより美しいものにしてくれます。1着のウエディングドレスでシーンごとにイメージチェンジをするなら、シンプルなデザインのドレスを選び、ビーチ撮影ではカラーのサッシュリボンを巻く、街でのフォトツアー時には、ビスチェタイプのドレスにボレロを羽織るなどしてみては? 一着のドレスでも小物でアレンジすることで、シーンごとに雰囲気の異なる写真を残すことができます。また、カジュアルダウンしたい場合は、ビーチ撮影時にスニーカーやサンダルに履き替えても。カップルでお揃いにして足元を見せて撮影されるのもステキだと思います。(ワタベウェディング/ブライダルコンシェルジュ・岩本真弥さん)




(画像提供:2点ともにワタベウェディング


おそろいのスニーカーで結婚式を♪ ガーデンウエディングや前撮りのオシャレなコーディネートアイデアをチェック

Q.沖縄ウエディングをさらに楽しむためのアドバイスを!

A.1.ゲストへのおもてなしはしっかり、そしてフォトジェニックなスポットで写真を残して
沖縄には、ゲストへのおもてなしを大切にした洗練されたチャペル・会場はもちろんのこと、写真映え間違いなしの絶景フォトスポットが数多くあります。真っ白な砂浜、青い空、深青の海、やんばるの緑、色鮮やかな花、オシャレな街並、満天の星空、どこを切り取ってもフォトジェニック。おふたりの希望をたくさん詰め込んだ挙式をかなえて、ステキな写真をたくさん残しましょう♪(アールイズ・ウエディング/ウエディングプランナー・辻 真須美さん)




(画像提供:2点ともにアールイズ・ウエディング

リゾートウエディングがかなう♪アールイズ・ウエディングの結婚式場を見る

A.2.新郎新婦だけでなくゲストも楽しめる沖縄ではアットホームな挙式がオススメです
沖縄はおふたりだけでなくご家族やご友人も楽しんでいただける魅力がたくさんあります。美しいビーチを望むアットホームな挙式と
ロケーションフォトがおすすめです。沖縄らしい場所での撮影は一生の思い出になると思います。また挙式当日がステキなものになるように、衣装やフォトツアーの場所を選ぶ時間も楽しんでください。(ワタベウェディング/ブライダルコンシェルジュ・岩本真弥さん)
リゾートウエディングがかなう!ワタベウェディングの結婚式場を見る

プロが教える、沖縄ウエディングの費用・ダンドリ・時期をチェック!

沖縄県にある結婚式場のステキなフォトスポットをご紹介


▲眼下に名護湾を見渡せる挙式会場グラステラスは沖縄ならではの開放感あふれるフォトスポット(画像提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄

ここでは、沖縄本島や宮古島などの結婚式場内にあるフォトスポットをはじめ、挙式をするカップルだけが撮影することができるロケーションフォト・前撮りスポットをご紹介します。青い海と空が間近に感じられるガラスのチャペルはもちろん、ホテルや挙式会場からすぐの絶景スポットなど見ているだけで“うっとり”してしまう場所ばかり♪ 親族やゲストを招いたリゾートウエディングや、旅行を兼ねて前撮りをしたり、ふたりだけの挙式+ロケーションフォトなど、さまざまなニーズに対応できる会場ばかりなのでぜひチェックして!

▼オーシャンビューの「チャペル セントレジェンダ」は海にいるかのような臨場感を味わえます。ガラス張りのチャペルで、窓の向こうに広がる青い海と空を背景にステキな写真が残せるはず

(画像提供:セントレジェンダOKINAWA/北谷町美浜)


▼海に浮かんでいるように建てられたガラス張りの礼拝堂「クリスティア教会」。前撮りやロケーションフォトでは透明度の高い海を背景にしたガーデンでの撮影がオススメ

(画像提供:ラソールガーデン・アリビラ/クリスティア教会/読谷村)


▼小高い丘の上に建ち、美しい海と空を臨むことができる「チャペル・ダイアモンドオーシャン」。リゾートらしさの中にエレガントな雰囲気を兼ね備えているので、トレーンの長いウエディングドレスも映えるはず

(画像提供:チャペル・ダイアモンドオーシャン (沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ)/恩納村名嘉真ヤーシ原)

▼冨着(ふちゃく)ビーチの岬の庭園に佇む「モントレ・ルメール教会」。クラシカルとモダンが共存した英国風のチャペルは大人花嫁にもオススメ。マーメイドやスレンダーなどのウエディングドレスでノーブルな一枚を残して

(画像提供:モントレ・ルメール教会/恩納村冨着)


▼読谷村(よみたんそん)に位置する宇座(うざ)ビーチは、知る人ぞ知る隠れ家的な存在。そのビーチをひとり占めするかのように佇む「アクアグレイス・チャペル」での挙式や前撮りなら、ひと気の少ない夕暮れ時にふたりきりでの撮影はいかが?

(画像提供:アクアグレイス・チャペル / ワタベウェディング/読谷村字宇座)


▼沖縄本島の西海岸エリアの瀬良垣島(せらがきじま)に2018年8月、オープンしたばかり「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」内に位置する「瀬良垣島教会」。プライベート性の高いビーチでは前撮りやロケーションフォトがオススメ

(画像提供:瀬良垣島教会 ●アールイズ・ウエディング/恩納村瀬良垣)


▼宮古島の雄大な海と自然に囲まれた「アラマンダ チャペル」。手付かずの自然が残るビーチでの前撮りやロケーションフォトなら、カジュアルダウンした装いがオススメ。お揃いのハットやスニーカーなど、小物で遊び心を取り入れてみて

(画像提供:アラマンダ チャペル / ワタベウェディング/宮古島)


沖縄県にある結婚式場の人気ランキングをチェック

前撮りやロケーションフォト、旅行も楽しめる沖縄でウエディングを

おおらかで、そしてゆったりとした時間が流れる沖縄は、ウエディングにおいても“懐の大きさ”が魅力です。たとえば、「県外で結婚式を予定しているけれど、ウェルカムスペースに前撮り写真を飾りたい」「親族・ゲストを招いたリゾートウエディングのパーティまでの時間にロケーションフォトをしたい」「挙式はしないけれど、新婚旅行を兼ねてフォトウエディングをしたい」etc.……といったさまざまなニーズをかなえてくれる温かさがあります。また、どんなチョイスをしても、前撮り・ロケーションフォトなどでステキな写真が撮影できるのもうれしいかぎり。旅行者を魅了してやまない沖縄で、ぜひ感動のウエディングをかなえて!

家族で楽しめる結婚式を! 国内リゾートウエディングをチェック

【結婚式ではステキな写真を♪】結婚式場の有名フォトスポット&東京駅・丸の内の前撮りアイデア

【京都版】前撮りで人気のロケーション&和装もドレスも映える結婚式場のフォトスポットを見る

【神戸版】海や洋館を背景に! 前撮りで人気のロケーション&結婚式場のフォトスポット

【大阪版】結婚式の前撮りで人気のロケーション&クラシカルで歴史あるフォトスポット

【北海道版】ラベンダー畑で前撮りもステキ♪ 結婚式場のフォトスポットやロケーションフォトのアイデアまとめ

国内リゾート婚TOPへ

< 【京都版】前撮りで人気のロケーション&和装もドレスも映える結婚式場のフォトスポット  |  一覧へ戻る  |  【北海道版】ラベンダー畑で前撮りもステキ♪ 結婚式場のフォトスポットやロケーションフォトのアイデアまとめ >