毎年5月にカンヌで開催される「カンヌ国際映画祭(Festival de Cannes)」には、女優やモデル、アーティストなど各界のセレブたちが最高のジュエリーをまとって登場。映画だけでなく、その華やかなファッションにもうっとりとしてしまいますよね。2016年のカンヌ国際映画祭に、女性たちが着用したハイブランドジュエリーについて紹介します!

photo:bulgari


■BVLGARI(ブルガリ)
<Naomi Ellen Watts(ナオミ・ワッツ)>
ウディ・アレン監督の「カフェ・ソサエティ」。1930年代の華やかな映画界を舞台にした青年の物語で、2016年のカンヌ国際映画祭はスタート。このセレモニーにナオミ・ワッツは「GIORGIO ARMANI PRIVÉ(ジョルジオ アルマーニ プリヴェ)」のペールパープルのドレスで登場。スパンコールとビーズが刺しゅうされたベアドレスに、カラフルなビジューを並べた「BVLGARI(ブルガリ)」新作ネックレスが完全にマッチ。鮮やかな色彩と、ブルガリならではのボリューム感が美しい肌を際立たせていました。指には同じくブルガリの人気モデル「セルペンティ」のダイヤモンドリングも。

ナオミは翌日の「マネーモンスター」(ジョディ・フォスター監督)のプレミアにも同じくブルガリのリング「ディーヴァ ドリーム」、「セルペンティ」の新作イヤリングとクラッチを身につけて登場。


<Karlie Kloss(カーリー・クロス)>
元「ヴィクトリアズ・シークレット」エンジェルのモデル、カーリー・クロスは「ジュリエッタ」のプレミアでレッドカーペットに。『オール・アバウト・マイ・マザー』で注目を集めたペドロ・アルモドバル監督が、ノーベル文学賞受賞者である作家、アリス・マンローの作品を基にしたヒューマンドラマ。
カーリーもブルガリの「セルペンティ」コレクションを着用。彼女が身につけていたイヤリングと指輪は、美しいダイヤモンドがあしらわれたもの。深いスリットの入った、個性的なルイ・ヴィトンのドレスと共に、思わず見惚れた方も多かったはず。

ジュエリーだけでなく、ブルガリのバッグやウォッチも愛用者が多く、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ハイディ・クルムなど多くのモデルやソーシャライツがレッドカーペットやオフタイムのビーチで着用シーンを目撃されていました。

photo:chopard,boucheron,chaumet


■Chopard(ショパール)
<菅原小春>
2007年にパルム・ドールを受賞しているルーマニアのクリスチャン・ムンギウ監督。父と娘の姿を描き監督賞に輝いた「BACALAUREAT(原題)」プレミアには、世界的ダンサー&振付師で、最近モデルとしても人気上昇中の菅原小春の姿も。ショートヘアを引き立てるChopard(ショパール)のイヤリングに、胸元の印象的なアルマーニのブラックドレスがスタイリッシュ。約8,000万円のダイヤモンドリングと7,000万円のリングを重ねづけして、いつも以上にクールな魅力を引き立てていました。

カンヌのトロフィー制作も手がけるChopard(ショパール)のジュエリーは、他にもマリオン・コティヤール、レア・セドゥ、ジョディ・フォスター監督の「マネーモンスター」で初カンヌとなったジュリア・ロバーツ、ケンダル・ジェンナー、ケイト&ロッティ・モス姉妹など人気者が多数着用。
日本から「ある視点」部門で出品された是枝裕和監督作「海よりもまだ深く」出演の真木よう子もChopard(ショパール)フラワーモチーフイヤリングを着用していました。



■BOUCHERON(ブシュロン)
<Xavier Dolan(グザヴィエ・ドラン)>
劇作家ジャン=リュック・ラガルスの「まさに世界の終わり」をもとにした作品「It's Only The End Of The World(原題)」でグランプリを手にした若き天才監督グザヴィエ・ドラン。彼の手元には(ブシュロン)「キャトル」のブラックリングが。ひと目でブシュロンとわかる重ねづけ風のデザインが、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のチェックスーツにも負けない存在感を発揮していました。
ドランは昨年の「Mommy(マミー)」授賞式でもブシュロンのキャトルピアスと、ヴィンテージの蜂ブローチを身につけており、ブシュロンのジュエリーはお気に入りのよう。


■CHAUMET(ショーメ)
<Rebecca Hall(レベッカ・ホール)>
スティーヴン・スピルバーグ監督がロアルド・ダールの児童文学「オ・ヤサシ巨人BFG」を映画化した「The BFG(原題)」。この作品に出演した英女優のレベッカ・ホールは、サファイアとラピスラズリがブルーのレースのようにきらめく「オルタンシア」のイヤリング&ブレスレットを身につけて登場。フラワー刺繍のドレスにマッチし、ファッショニスタぶりを発揮していました。



カンヌ国際映画祭は70年の歴史を持つ、世界最大の映画祭。ノミネート作品の公開は少し先ですが、レッドカーペットに登場した女優たちのジュエリーやコーディネートを楽しみつつ、日本での上映を待ちましょう!!
(ファナティック)