王室やセレブを始めとする世界中の宝石コレクターを魅了し、その地位を不動のものとして確立している「世界5大ジュエラー」。ダイヤモンドのクオリティはもちろん、デザイン性やその他の素材の質まですべてが一流です。そんな世界が認める最高品質は、永遠の愛を誓う婚約指輪の購入にもぴったり。そこで今回は、5大ジュエラーそれぞれの特徴と人気のモデルを紹介します。

「世界5大ジュエラー」と呼ばれる理由

「世界5大ジュエラー」とは、その名の通り世界規模で有名な5つのハイジュエラーの総称です。 ジュエリーにあまり詳しくない人でも一度は耳にしたことがあるであろう“超有名”なジュエラーばかりで、その知名度、歴史、技術、品質、販売実績、店舗数などにおいて他のジュエラーとは一線を画しており、圧倒的な“格”の違いを誇ることから「世界5大ジュエラー」と称されています。

世界中の王侯貴族やセレブリティにも愛されている「世界5大ジュエラー」

「世界5大ジュエラー」は今も昔も変わらず、世界中の王侯貴族やセレブリティに愛され続けています。その理由は「最高品質の宝石」と「高いデザイン性」。ジュエラー独自の厳しい基準と、徹底的な審査のもとから選び抜かれた宝石は一つ一つがどれも間違いなく一級品で、唯一無二の“本物”の美しさこそが、国や世代を超えて多くの人を魅了しています。

加えて、宝石をより美しく見せる技法も超一流。宝石のカットの仕方はもちろん、セッティング方法、装飾の仕方においても独自の路線を築き上げており、一つ一つの宝石をより美しく見せるための熟練された技術、優れたデザイン性でも高く評価されています。

「世界5大ジュエラー」で購入するメリット

一生モノとなる婚約指輪。他のアクセサリーとは異なるジュエリーだからこそ、格式高く、世界的に品質が認められているジュエラーでの購入に憧れる女性は多く存在しています。「世界5大ジュエラー」で指輪を購入するメリットとして、手厚い一流のアフターケアが受けられることはもちろんですが、世代をまたいでも失われない宝石の輝きにこそ、購入の価値があると言えるのではないでしょうか。

夫婦ふたりだけでなく、子の世代、孫の世代へと受け継ぎ、家族とともに歩み続けることができるのが世界5大ジュエラーの宝石です。

さて、そんな「世界5大ジュエラー」と呼ばれるハイジュエラーにはどのような歴史と特徴があるのでしょうか。それぞれのジュエラーについて見ていきましょう。

ハリー・ウィンストン

1932年、ショッピングの街ニューヨークの5番街にサロンを構えて以来、世界中のセレブリティを魅了し続けているハリー・ウィンストン。創設者であるハリー・ウィンストンはダイヤモンドへ情熱的な愛を注ぎ、世界的に有名で貴重なダイヤモンドの3分の1は彼の手を通っていったと言われていることから「キング・オブ・ダイヤモンド」と称されるようになりました。

リングの土台となるプラチナやゴールドをほとんど見えないように設計された独自のデザインは「ウィンストニアン・スタイル」と呼ばれ、まるで肌に直接ダイヤモンドをつけているかのように美しく見えるのが特徴です。


https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/brand/1/

エンゲージメントリングは、最高品質のダイヤモンドを選定することから

唯一無二の個性と、最高の品質を併せ持ったダイヤモンドの選定から始まるのがハリー・ウィンストンのエンゲージメントリング。独自の厳しい基準をクリアしたダイヤモンドは、その美しさをより一層引き立てるようにカット、研磨され、花嫁の手で美しく輝きつづけます。

人気モデル「ベル・バイ・ハリー・ウィンストン・リング」



ハリー・ウィンストンが最高級ジュエラーとしての確固たる地位を築くのにひと役買ったと言われているのが、富豪・故アラベラ・ベル・ハンティントン夫人が所有していた「アラベラ・べル」コレクションの獲得。それに対する敬意と、宝石への愛を表現するために誕生したのがこの「ベル・バイ・ハリー・ウィンストン」。ハリー・ウィンストンを語るには欠かせないモデルとなっています。

カルティエ

1847年、芸術とファッションの都パリで誕生したカルティエ。ヨーロッパを中心とするトレンドに敏感な王侯貴族の支持を得て徐々に名声を高めていき、イギリスの国王エドワード7世からは "王の宝石商であり、宝石商の王である"と称賛されています。

プラチナによってダイヤモンドをより美しく見せるジュエリーを世界で初めて生み出したのがカルティエで、以降、繊細で芸術的な作品を次から次へと生み出しています。


https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/brand/1/item/161/

二重の鑑定基準から選び抜かれるカルティエダイヤモンド

カルティエが選ぶダイヤモンドは、GIA(アメリカ宝石学会)の認定を受けており、4Cにおいても最高の品質が保証されています。加えて、カルティエ エキスパートによる、輝き、ファセットと光の相互作用、完璧な対称性などのチェックをクリアしたダイヤモンドだけが、カルティエ ジュエリーに採用されています。

人気モデル:バレリーナ エンゲージメント リング


https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/brand/2/item/294/

滑らかで優美な曲線が特徴の「バレリーナ」。ダンスとハーモニーを思い描くバランスのとれたセッティングと、ダイヤモンドの美しさが際立つように計算された繊細なデザインが女性らしく、華やかなイメージを演出します。

ブルガリ

1884年、永遠の都ローマでその歴史をスタートさせ、イタリアを代表するジュエラーとなったブルガリ。イタリアン・ロマンスを根底に持ち、古代ローマの習慣、アート、建築などの要素を取り入れながら、より豊かで洗練されたジュエリーデザインへと独自の路線で進化を続けています。

今やイタリアン・エクセレンスの代名詞とも呼ばれるブルガリのデザインは、グラマラスでダイナミックかつ洗練されていることが特徴的で、その独特の存在感で多くの人を魅了しています。


https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/brand/11/

イタリアン・ロマンス溢れるブライダルコレクション

ブルガリのブライダルコレクションはクラシックからモダンまで多岐にわたり、全てのモデルにおいてブルガリの芸術的でエレガンスなイタリアン・ロマンスが盛り込まれています。

人気モデル:SPIGA(スピガ)


https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/brand/11/item/177/

イタリア語で「麦の穂」を意味する「スピガ」。繁栄をもたらすシンボルとして太古から崇拝されていた「麦の穂」を、現代のデザインで再解釈することで生まれた「スピガ」の模様が表現しているのは無限性。そのアイコニックなデザインには、古きものと良きものいずれをも生み出し、ふたりの愛を永遠に育むというメッセージが込められています。

ティファニー


1837年、ニューヨークのファンシーグッズショップとして始まったティファニー。1886年に発表され、ジュエリー業界の歴史においても重要なイノベーションのひとつとなった「ティファニー セッティング」はあまりにも有名です。

ダイヤモンドをシャンク(腕)の部分から離して爪で支える「ティファニー セッティング」では、あらゆる角度から光が取り込まれ、ダイヤモンドの究極の輝きが引き出されます。この技法により、ティファニーは世界的なダイヤモンドの権威として知られるようになりました。


http://www.tiffany.ru/

独自の品質基準として「PRESENCE(存在感)」を鑑定

ダイヤモンドの鑑定基準である4Cの枠を超え、ティファニーは独自の品質基準として5つめのクオリティである「PRESENCE(存在感)」を鑑定。ダイヤモンドが持つ至高の白い輝き、強いきらめき、そして虹色の光りを確認しています。

人気モデル:ティファニー ハーモニー エンゲージメント リング


https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/brand/7/item/77/

「愛し合うふたりの人生がひとつになり、新しい調和を奏でる」という想いが込められた「ティファニー ハーモニー」。中央に向かって滑らかに絞られていく柔らかな曲線が特徴のデザインで、極めて精巧にハンドカットされたラウンド ブリリアント ダイヤモンドの美しさが際立っています。

ヴァン クリーフ&アーペル


1895年、宝石商の娘であるエステル・アーペルと、ダイヤモンド研磨職人として長い歴史を持つ家系に生まれたアルフレッド・ヴァン クリーフが結婚したことで誕生した「ヴァン クリーフ&アーペル」。宝石を留める際に爪を使用しない「ミステリーセッティング」という技法を生み出し、滑らかで立体的なデザインが特徴的です。


http://www.vancleefarpels.com/

その芸術性の高さから世界中の王侯貴族やセレブリティたちにも愛されており、結婚する際には「愛する人への贈り物」として多くのセレブがヴァン クリーフ&アーペルの指輪を選んできています。

人気モデル:エステル ソリティア


https://wedding.mynavi.jp/ring/premium/brand/10/item/238/

メゾン誕生の礎となったふたりのラブストーリーから、妻エステルの名を冠したリング。連なるビーズが愛らしく、繊細なセッティングが特徴的なヴァン クリーフ&アーペルならではのデザイン性が高いモデルです。

まとめ

遥か昔から、「ふたりの愛の象徴する石」として贈られていたダイヤモンド。現代の婚約指輪においては、気持ちを贈るということが一番大切ではありますが、せっかくならば、婚約指輪は何もかもが最高級レベルの「世界5大ジュエラー」から選んでみてはいかがでしょうか。