シェア

この記事を書いた人

編集者M

結婚6年目の編集担当。二世帯住宅に、夫・義父母・うさぎの4人+1匹で生活中。結婚式準備をがんばるカップルを応援しています!

ブライダルフェア

ブライダルフェアの平均所要時間はどのくらい?

jikan.jpg

ブライダルフェアは、日程や結婚式場によって内容が異なります。一般的なブライダルフェアでは、2~3時間程度でスケジュールが組まれますが、その内容は料理の試食会や衣装の試着会模擬披露宴相談会などさまざまです。また、それぞれで所要時間は異なりますので、内容と併せて確認しておきましょう。

料理の試食会があるブライダルフェアの場合:2~3時間程度

ブライダルフェアでは、試食会を楽しみにする方もいるでしょう。中には、無料で結婚式本番と同じ料理を食べることができるブライダルフェアもあります。なお、試食会の内容は「コース(フルコース・ハーフコース)」または「プレート」などがあります。「コース」であれば数品の料理が出され、メインとしてステーキなど豪華な料理が出ることも。「プレート」の場合は、人気料理または簡単な食事、スイーツなどが出されます。

試食会自体の所要時間は30分~1時間程度ですが、ほとんどの場合簡単な見学や相談会もセットになっているため、【試食会(30分~)+簡単な見学(1時間~)+相談会(1時間~)】程度を目安に。また、コース料理の場合でも、「フルコース」か「ハーフコース」かによっても所要時間は異なりますので、どんな内容の料理が試食できるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

衣装の試着会があるブライダルフェアの場合:2~3時間程度

試着会で試着できる衣装は、ウエディングドレスや和装など結婚式場によって異なります。希望の衣装を試着できるかは、事前に確認しておきましょう。

所要時間の目安は【試着会(30分~)+簡単な見学(1時間~)+相談会(1時間~)】程度。ただし、衣裳を何着試着するのかによっても異なりますので「いろんな衣装をたくさん試着したい」という方は、その分だけ多く時間を見ておくと安心です。なお、一部の試着会では試着数に制限を設けている場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

模擬挙式があるブライダルフェアの場合:2~3時間程度

模擬挙式には、「キリスト教式」「神前式」など色々なスタイルがあります。形式により儀式や意義などが異なりますので、どのスタイルがよいか比較してみましょう。

たとえば、「キリスト教式」はチャペルで行われ、荘厳な雰囲気の中バージンロードを歩いたり、賛美歌の斉唱や牧師による聖書の朗読で神に対する祈りを捧げ、新郎新婦は結婚を誓い合います。また、新郎新婦に加え、牧師や証人が結婚証書にサインを行い、結婚が無事成立したことが招待客に報告されます。式の後には、フラワーシャワーやライスシャワーで、招待客から祝福を受けられます。

「神前式」は日本の伝統的な挙式スタイルで、新郎新婦の両親族がふたりの結婚を機に結びつくとの考え方に則し、新郎新婦、親、両家親族が参加し、神社の本殿で行われます。
神職が結婚を神に報告する「祝詞奏上の儀」や、新郎新婦がお神酒を交互に頂く「三々九度の盃」など、落ち着いた雰囲気の中で慎ましく儀式を執り行うことができます。

所要時間の目安は【模擬挙式(30分~)+簡単な見学(1時間~)+相談会(1時間~)】、さらに試食会などもついている場合は、【模擬挙式(30分~)+試食会(30分~)+簡単な見学(1時間~)+相談会(1時間~)】と3時間~3時間半程度は見ておくとよいでしょう。

模擬披露宴があるブライダルフェアの場合:3~4時間程度

模擬披露宴のあるブライダルフェアは、模擬挙式試食会などがセットになっていることもあります。模擬披露宴は演出体験も行われることが多く、実際の披露宴の雰囲気を感じることができます。試食会と一緒に行うことが多いので、所要時間は【試食会模擬披露宴(1時間~)+簡単な見学(1時間~)+相談会(1時間~)】程度を見ておくとよいでしょう。

相談会の場合:2~3時間程度

ブライダルフェアの中には施設見学のみで、試食会試着会模擬披露宴などを行わない場合もあります。ただし、その場合にも見学後には相談会がある場合がほとんどです。相談会では、具体的な見積もりを見ながら疑問点を質問することができます。また、個別で希望したいオプションやその料金なども相談可能で、プランや日程を相談し、場合によってはその場で予約することもできます。

相談会のみでも、具体的なプランニングに進んだり、疑問点が次々に挙がってくればその分かかる時間も長くなるので、所要時間は2~3時間程度みておくと安心です。もしその後に予定がある場合には、あらかじめプランナーにその旨を伝え、時間を確認しながら相談するとよいでしょう。

見学の場合:2時間程度

ブライダルフェアにどうしても都合がつかず参加できない場合は、挙式会場や披露宴会場の見学のみを行うことも可能です。ブライダルフェアよりも所要時間が短い場合が多いので、時間にしばられず効率よく見学したいカップルにオススメ。
ただし、披露宴会場の見学ではブライダルフェアとは違って食器や装花などのセッティングがされていない場合もあるので、結婚式場のイメージが固まっていないカップルや、結婚式場の雰囲気を知りたい場合、しっかりとテーブルコーディネートを確認したい場合は、ブライダルフェアに参加してみましょう。

見学のみなら平日夜でも予約が可能な結婚式場もあるので、仕事などでなかなか時間が割けないという方は、まずは夜に行われている見学から参加してみてはいかがでしょうか。見学のみなら、所要時間は2時間程度。週末なら、数件の結婚式場を見て回ることもできます。

余裕を持ったスケジュールで動くことが大切

ひと言でブライダルフェアといっても、結婚式場によって内容は大きく異なります。試食会試着会に参加する場合は、予定していたより時間がかかることも考えられるので、あらかじめ余裕を持ったスケジュールで動くことが大切です。また時間を有効に使えるように、情報収集と準備も綿密に行っておきましょう。

≫さっそくブライダルフェアを探そう!


< ブライダルフェアに消極的な彼氏。上手に誘う方法は?  |  一覧へ戻る  |  初めてのブライダルフェア基本ガイド >