シェア

この記事を書いた人

編集者M

結婚6年目の編集担当。二世帯住宅に、夫・義父母・うさぎの4人+1匹で生活中。結婚式準備をがんばるカップルを応援しています!

人気記事ランキング

最新記事

ブライダルフェア

初めてのブライダルフェアで準備すべきポイントとは?

guide.jpg

結婚が決まり、結婚式を挙げようと思っているカップルは、準備のスタートとしてまずブライダルフェアに参加することがほとんど。そこで、初めてブライダルフェアに参加する人のために、ブライダルフェアとは?から、参加前の確認事項、当日の流れ、ブライダルフェアの探し方など、基本的な情報をご紹介していきます。

ふたりにぴったりの会場を無料でご提案! 結婚が決まったらマイナビウエディングサロンへ

ブライダルフェアとは?

ブライダルフェアとは挙式前に式場に見学に行き、会場の雰囲気や設備などを実際に見ることができるイベントです。挙式当日に出される食事の試食会、実際の挙式を体験できる模擬挙式、ドレスやタキシードを着ることができる試着会など、様々な体験会が催されることも。より具体的な挙式イメージを掴むことができるので、ブライダルフェアに参加することで理想の結婚式に一歩近づくこと間違いなしです!

【今週末はどんなフェアが開催されるの?】さっそくブライダルフェアを探そう

初めてのブライダルフェアで事前に確認すべきポイント

①挙式スタイル
挙式ができる場所として、ホテル・レストラン・ゲストハウス・専門式場があります。それぞれで挙式スタイルが異なりますので、どんな場所で式を挙げたいかを決めておくことも大切です。

②希望の挙式日
細かい日程までは決めなくても、○○年の○月ごろに式を挙げたいという希望を決めておきましょう。式場見学後の相談会では挙式の時期・日程について担当プランナーに確認することもできます。気になる式場があれば希望日時を伝え、空いているかを聞いておくことがおすすめです。

③招待人数・予算
フェア参加前に、パートナーと大まかなゲスト人数と予算を決めておきましょう。予定人数より少し多い人数が入る式場・披露宴会場があるかをチェックすることがおすすめです。また予算も大まかな額を決めておけば、挙式費用の交渉もしやすくなります。

家族・親族のみでの少人数結婚式特集はコチラ

④理想のイメージ
ブライダルフェアに参加する前に、理想の挙式イメージをある程度固めておきましょう。イメージをつかんでいれば、フェア参加時に理想通りの挙式を行えるかどうかの見極めができます。ゆずれないポイントや妥協しても良いポイントを事前に決めておけば、当日プランナーとの話し合いもスムーズに進みます。また、式場には多くの衣装が用意されていますので、希望の衣装をイメージしておくことも大切です。さらに持ち込みや演出に制限がある会場もあるため、当日確認できるように事前にイメージしておきましょう。

⑤ご家族に一度確認
フェア参加前にお互いの家族に挙式についての意見をもらっておきましょう。成約した後に、「呼ばなければいけない人を知らずに参加リストを作ってしまった」「成約した後に日柄が悪いからダメと言われた」とトラブルになることもあります。ご家族と事前に相談をしたうえで、条件をリスト化し、その条件の優先順位について話し合っておきましょう。優先順位が高いものを覚えておけば、式場選びもスムーズに進みます。

さっそくブライダルフェアを探す

ブライダルフェアの内容・当日の流れ

初めてブライダルフェアに参加した際、何が行われるのか知らなくて慌ててしまった……ということにならないよう、どんな内容なのか当日の流れを知っておきましょう。ただし、ブライダルフェアは結婚式場や日程によって内容・流れが異なります。そのため、複数の結婚式場のブライダルフェアに参加する予定があれば、結婚式場ごとにブライダルフェアの詳細を確認しておきましょう。ここでは、初めて参加する方のために、代表的なブライダルフェアの内容・流れをご紹介します。

1)受付
結婚式場の入口で受付を行います。受付を済ませると、アンケートを渡されることも。アンケートはその場で記入する場合や、模擬披露宴や試食会の間に記入したり、相談会の最初に記入するものがあります。

2)結婚式場(挙式会場と披露宴会場)の見学
キリスト教式で使用するチャペルや神前式で使用する神殿などの挙式会場、披露宴会場を見学します。複数の会場を見学することが多いので、それぞれの会場の雰囲気や設備を確認しておきましょう。

3)模擬挙式
模擬挙式は、モデルが実際に式を挙げている様子を見ることができます。参加しているブライダルフェアの結婚式場では、ゲスト席から新郎新婦はどのように見えるのか確認しておきましょう。フラワーシャワーやブーケトスの演出を体験できる場合もあります。

挙式当日を体験&ゲスト目線でチェックできる模擬挙式付きブライダルフェア特集

4)模擬披露宴・試食会
結婚式当日と同じような流れで模擬披露宴が行われることも。会場の雰囲気とともに、演出などを体感できます。料理や飲み物を運ぶスタッフのサービスも確認しておくと安心です。

試食会は模擬披露宴と同時開催が多いですが、模擬披露宴が行われない場合でも、試食のみで料理を楽しむこともできます。試食会の間には、結婚式場の説明や演出などの説明が行われることも。

試食付きブライダルフェア完全マニュアル! 人気の無料試食会や選び方のポイント

大人気! お肉の試食会付きブライダルフェア

5)試着会
試着会では、ウエディングドレスやカラードレス、タキシード、和装などを実際に試着することができます。「気に入ったデザインがあるかどうか」「自分に似合う衣装はどういうものか」など、事前に確認することができるのでオススメです。

ウエディングドレス・和装の試着ができるブライダルフェア特集

6)相談会
相談会は、ブライダルフェアの最後に行われることがほとんどです。受付時に回答したアンケートや、ブライダルフェア参加前に自身で用意した質問などのチェックリストをもとに、結婚式の希望を相談することができます。希望に合った演出やプラン内容についての見積もりを出してもらえますので、疑問や不明な点があれば確認しましょう。

さっそくブライダルフェアを探す

ブライダルフェア参加時にチェックしておきたいポイント

挙式へのイメージをつかめたら、実際にブライダルフェアに足を運んでみましょう! ここではブライダルフェア参加時にチェックしておきたい6つのポイントを紹介します。

①会場設備
会場の収容人数と希望の招待人数を比較し、会場のキャパシティに多少の余裕があるか確認しましょう。次に、映像を流すモニターの設置場所・大きさや、入場口、照明など設備を確認することで、より当日の雰囲気をイメージできます。また、参加するゲストは長時間椅子に座るため、式場に設置されている椅子の座り心地のチェックもぜひしておきましょう。

②ゲストの控えスペース
充分な広さが確保されているか、ゲストに子ども連れの方がいる場合は、キッズスペースがあるか、子ども用のトイレやおむつの交換台があるか、子どもが自由に動き回れるスペースがあるかなどをチェックしましょう。

子連れでも安心!ウェルカムベビーの結婚式場

③アクセスや周辺環境
来場するゲストが式場まで来やすいかどうかも確認しておきましょう。バスや電車の駅が近くにあるか、式場に送迎車両が用意されているか、駐車場があるか(収容台数は何台か)を見ておきましょう。また喫煙者のゲストのことを考え、結婚式場のどこに喫煙場所が設置されているかを確認しておきましょう。

④スタッフのサービス力
式場のスタッフの礼儀の正しさや対応の良さなど、スタッフのサービス力をチェックしておきましょう。

⑤料理
試食会で実際に味を確かめるのが一番オススメです。ただし試食会はフルコースでない場合も多いので、当日どんな料理が提供されるか、料理の種類や見た目などはチェックしておきましょう。さらに子ども連れのゲストがいる場合は、子ども向けのメニューがあるか、アレルギー対応は可能か等も確認が必要です。

⑥持ち込み料
多くの結婚式場は、衣装や引き出物を持ち込む場合は「持ち込み料
がかかります。どんなアイテムに持ち込み料がかかるのか、発生する料金がどれくらいなのかを担当プランナーに聞いておきましょう。

結婚式に関する疑問を解消! マイナビウエディングサロンで無料相談

ブライダルフェアの探し方

初めてブライダルフェアに参加する場合、そもそもどのようにブライダルフェアを探せばいいのかわからないという人も多いでしょう。まずは、マイナビウエディングで気になる結婚式場を見つけて、その結婚式場がブライダルフェアを開催しているか確認しましょう。または、「ブライダルフェアから探す」という検索を使えば、多くの結婚式場のブライダルフェアの中から、場所や日にち、時間帯などを条件に自分の都合がよいブライダルフェアを探せます。

さっそくブライダルフェアを探す

結婚式場探しは誰に相談する? 友人、親、相談サロンなど相手別のメリット・デメリット

その他、参加にあたり確認しておきたい事項

ブライダルフェア当日はカメラ・メモ帳など記録できるものを大きめのカバンに入れて持って行きましょう。当日の情報や会場の雰囲気をしっかりと記録することで、後々比較する際に役に立ちます。また、ドレスの試着会付きのフェアに参加するのであれば、ストッキング・ヘアゴム・ベアトップブラも持参しましょう。

これだけは持って行こう! ブライダルフェアの持ち物一覧

ブライダルフェアに参加する際の服装は、キレイ目がオススメです。肌の露出が多い服、ダメージジーンズ、ハーフパンツ、サンダルなどはカジュアルすぎて失礼になるため、注意が必要です。

ブライダルフェアで後悔しない服装選びのポイントはこちら



初めてのブライダルフェアを有意義なものにするためには、ある程度事前準備をしておくことが大事です。理想のイメージや結婚式場へのアクセス、収容人数、設備、やりたい演出ができるかなど、自分たちがゆずれない条件や、逆に妥協できる点など、事前にある程度考えてから参加するのがオススメ。とはいえ、ブライダルフェアでは本番の華やかな雰囲気を感じられる場でもあるので、気を張らずに楽しく参加してくださいね。

マイナビウエディングサロンではフェアの予約だけではなく、各式場のお見積りの比較や、代行でキャンセルなども対応可能! 相談は無料なのでフェア当日に聞けなかったことや、その他疑問点を一気に解決しましょう。
マイナビウエディングサロン


マイナビウエディングサロンで相談する

さっそくブライダルフェアを探そう!

この記事を読んだ人にオススメ

< ブライダルフェアの平均所要時間はどのくらい?  |  一覧へ戻る  |  ブライダルフェアに行く回数、みんなは何回?  >