マイナビウエディングサロン

イマドキ男女の結婚観
2015年8月12日

旦那さまのランチは外食VS愛妻弁当、どっち派が多い?


既婚男性が奥さまからの愛情を感じるものの代表格といえば、やはり愛妻弁当ではないでしょうか。でも、会社の既婚男性を見ていると、お弁当派(愛妻弁当、市販弁当)と外食派に大きく分かれていますよね。実際のところみんなはランチをどうしているの? 愛妻弁当派はどれくらいなの? マイナビウエディング編集部では「仕事がある日のランチ」について、既婚男性128名にアンケートを行いました。

■愛妻弁当派は4割
Q.仕事がある日のお昼は何を食べていますか?
妻の作ったお弁当(42.2%)
外食(32.8%)
購入したお弁当(23.4%)
自分で作ったお弁当(5.5%)

外食派や市販弁当派を合算すると、ランチを購入する人のほうが多いですが、4割以上が愛妻弁当を食べていることが明らかに。奥さまの愛情を感じますね。

では、そんなみなさんの愛妻弁当にはどんなメニューが入っているのでしょうか? なかなか他人のお弁当を覗き込む機会はないので聞いてみたい! お弁当に入っていてうれしかったのはどんなおかずか、理由と併せて詳しく聞きました。

■味がカスタマイズされた卵焼き
一番多かったのは卵焼きで、「甘い卵焼き。好きだから」(28歳/自動車関連)、「自分好みの味付けにしてくれた卵焼き」(26歳/農林・水産)、「卵焼き。昔から好きだし妻が作ったものはおいしい」(26歳/電機)などの声が上がっています。お弁当の定番メニューですが、味付けの好みは人それぞれ。自分独自の味わいにカスタマイズしてもらうと、喜びを感じる人は多いようです。

■形がユニークなウインナー
「ソーセージは好き」(26歳/金融・証券)、「たこさんウインナー。かわいらしくて癒された」(22歳/情報・IT)など、ウインナーも人気。大人でも「たこ」のように遊び心のある形で出されると思わずうれしくなってしまうよう。

■スタミナがつく唐揚げ
「唐揚げが入っているとテンションが上がる」(30歳/農林・水産)、「鶏のから揚げ。好物だから」(44歳/金属・鉄鋼・化学)など、唐揚げと答える人も多くいました。カロリー高めなのでスタミナがつき、午後からの仕事も頑張れそうなメニューの一つですね。

■エビチリ、ハンバーグ……がっつり系メニュー
唐揚げの他にも、エネルギーチャージできそうなメニューとしては、「鶏のチリソース和え。香ばしさが好きなので」(37歳/印刷・紙パルプ)、「手作りハンバーグ。美味しかったから」(32歳/食品・飲料)、「生姜焼き。好きだから」(39歳/木製品製造)、「しゅうまい。好物だから」(23歳/小売店)「牛肉と玉ねぎの牛丼風の炒めもの。スタミナが付くから」(32歳/ソフトウェア)などがありました。やっぱり男性はいくつになっても、がっつり系メニューを食べたい!?

■おにぎり、炊き込みご飯……主食
「おにぎり」(25歳/建設・土木)、「白飯は腹持ちがいいのでうれしい」(30歳/運輸・倉庫)など、主食に関する意見も寄せられています。普段はおにぎりや普通のごはんでもよいですが、「秋ごろ、栗やマツタケなど、炊き込みご飯が入っていると、季節感があるしおいしいので、なんだかうれしい」(50歳以上/電機)のように、季節を意識したごはんにしてみるのも、変化をつけられてよいかもしれません。

中には「どんなおかずでもうれしい」(24歳/その他)、「妻が作ったものなら何でもうれしい」(29歳/食品・飲料)など、愛妻弁当を心から喜ぶ男性もいました。ここまでありがたがってくれると、作る者冥利に尽きそうです。とはいえ、どのメニューが美味しかったか、また作ってほしいかなど、夫婦の間で会話をしながら、お弁当を通したコミュニケーションも楽しんでみてはいかがでしょうか。


※アンケート対象
調査時期:2015年5月26日~2015年6月1日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数: 20~50代の既婚男性128名
調査方法:インターネットアンケート

(文/池田園子)

< 特定の家事しかできなくても助かります! うちの"主夫"自慢  |  一覧へ戻る  |  話したい? 聞きたくない? 「仕事の"グチ"」に対するパートナーの本音は >